ついに発刊! 福井県立図書館の『100万回死んだねこ 覚え違いタイトル集』。面白いのはもちろん、司書さんの検索能力に脱帽したよ。

ついに発刊! 福井県立図書館の『100万回死んだねこ 覚え違いタイトル集』。面白いのはもちろん、司書さんの検索能力に脱帽したよ。

引用元:福井県立図書館

 

こんにちは、ふーぽ編集部のひかりです。

以前から話題の福井県立図書館の覚え違いタイトル集

2021年10月、ついについに書籍化されました!!!

そして早速購入してきました!

 

読めばGoogleよりもすぐれた検索能力をもつ!? 司書さんの検索能力に驚くこと間違いなし。

すでにご存じの方も、ファンの方もいらっしゃると思いますが、ご紹介させていただきます!

福井県立図書館の「覚え違いタイトル集」とは

うろ覚えの本のタイトルや、本の内容の大まかなニュアンス、勘違いした作者名で、県立図書館のカウンターに本を探しに来られた方の“覚え違い”をリストにし、福井県立図書館のホームページ上で公開しているタイトル集です。

 

例えばどんな「覚え違い」があるかと言えば・・・

  • 夏目漱石の『僕ちゃん』
  • 『蚊にピアス』
  • 『おい桐島、お前部活やめるのか?』

ん? あれ? 、なんかちょっと違う??

と、正式名称がどんなタイトルだったか気になりますよね。

 

さらには、もはやタイトルの覚え違いではなく

  • 「昔からあるハムスターみたいな本」
  • 「ウサギのできそこないが2匹でてくる絵本」
  • 「独身男性が若い女の子を妻にしようとしていろいろ失敗した話」

という、ニュアンスでの問い合わせもあるそうです。

(気になった方、答えはすべて本の中にありますよ)

 

今では「覚え違いタイトル集」のファンも多く、何度もSNSなどでバズっている人気コンテンツです。


もともとこの「覚え違いタイトル」をリスト化する目的は、図書館の「レファレンスサービスの向上」だったそう。


レファレンスサービスとは司書が図書館の資料等を用いて利用者のみなさんの調査・研究をお手伝いすることです。

引用:『100万回死んだねこ 覚え間違いタイトル集


利用者にとって「こんなふうに全然間違っていても気軽に聞いていいんだな」とカウンターの相談のハードルを下げることも目的とし、2007年からホームページで更新を続けているそうです。

 

 

司書さんの検索能力に頭が下がる! 秀悦な覚え間違い!

こちらが2021年10月20日発売の「100万回死んだねこ 覚え違いタイトル集」。

\こちらが目次/

 

著作権の関係上、本の中身はお見せできませんが、編集部が読んだ感想としては。。。。

 

くま
ちょっと読んでみるつもりが。。。面白くてページをめくる手が止まらない!

 

お餅
それぞれのタイトルに添えられたイラストがシュールで可愛い~♪

 

ともき
脳トレより脳を鍛えてくれるかも!?

 

タタ
タタ
司書さんのコメントがゆるくてほのぼのしますー。

などなど、デスクで噴き出す人多数!


そして、「司書さんって本当にすごいな~」と司書さんのスキルの高さに、静かな感動が心にじわじわと湧いてくる本です。

 

もちろん、「覚え違いタイトル集」自体は福井県立図書館のホームページでも見れますが、

 

ぜひ!

本で!

見てほしい!!!

 

お近くの書店や、オンライン書店などでぜひ購入してみてくださいね。

⇒Amazonで詳細を見る

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

ひかり
writer : ひかり

小学生女子の子育てに奮闘するママライターです。
子どもと楽しめるお出かけスポット探索や、イベント情報収集はもはやライフワーク。
福井のファミリーに喜んでいただけるような楽しい情報を探して発信していきます。

LINEにおすすめ情報が届くよ

Twitter

こちらもクリック!情報いろいろ

新着の記事

あわせて読みたい

キーワード検索

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる