福井県のそば情報サイト

ふくいそばOnlineは、
ふくいのそばのおいしさと
魅力をお伝えするサイトです。

そば食す越前おろしそばや県産そばを食べられる店をご紹介。

おいしい福井県産そば使用店 このマークのお店は「おいしい福井県産そば使用店」です。

限りなく十割に近い「外一」そば。 丸岡産そばの風味を生かした一杯を求めて遠方からも愛好家が訪れます。 住宅街にあり、営業は昼の3時間だけ。 メニューはシンプルに、おろし、盛り、とろろの3種類のみとなっています。 そば本来の味を存分に堪能できるよう、かつお節や海苔をのせないなど、潔さも魅力の一つです。 そばを待つ間にまずは、そばかりんとうをポリポリ。 美味しいそばを食べた後は、蕎麦湯と一緒に茹でたてのそばだんご。 どちらも自家製で、すべてのメニューについてくる垣市流のおもてなしも喜ばれています。

【おいしい福井県産そば使用店】 地元で長年愛されている喫茶店の名物そば。 地元の契約農家から直に仕入れる丸岡在来種そば粉を、店で手打ちしています。 風味を損なわないように、のど越しの良さも考えた末に、そば粉10に対してつなぎ1(そと1)で使用。 一番人気のおろしそばは、大根おろしの絞り汁を濃いめの出汁で割ってかけてあります。 そば定食は、おかずの一部がおろしそばになっています。 新そばの時期(11月~2月頃)には、100%そばも提供されるとのことで、常連さんも楽しみにしているそう。

【おいしい福井県産そば使用店】 長年日本料理人として腕を振るってきた豊富な経験と知識を持つ店主が手打ちするそばは、大野産の石臼引きのそば粉を使ったコシのある二八。そばの旨みや香り、味わい深い喉越しを堪能できます。 そば粉はもちろん、「素材、出汁が大事」と、厳選した鰹節や醤油等、野菜は全て自家栽培したものを使用。 こだわりの風味豊かな出汁がそばの味を引き立てます。 鮮やかな紫辛味大根と3種のネギ、鰹節で味わう「おろしそば」は、そば本来の味を楽しめます。 人気の「せいろ蒸し」は湯気が立ち上る温かいそばを、卵で絡めて。風味と食感が魅力です。

自然豊かな奥越・勝山市で、大正時代から受け継がれたそばの打ち方、だしの引き方で四代目が味を守っています。 小和清水の石臼で毎日その日の分だけ挽く、挽きたて、打ち立て、茹でたてにこだわるのは、そば本来の香りや味を 楽しんでもらいたいから。 夏に提供する白っぽい「雪室そば」を心待ちにしているファンも多くいます。 たくさんのメニューの中でも店主オススメは、おろしそばが付く「かつ丼セット」。 数種類の醤油をブレンドした自家製タレが自慢の醤油カツは、地元の人にも人気です。

【おいしい福井県産そば使用店】 勝山産の玄蕎麦を低温倉庫で保管し、必要な分だけ自家製粉。 外側の黒い皮を取り除いた「丸抜き」を、ゆっくりと回転する石臼で甘皮まで挽き込むので、そば本来の味と風味が楽しめます。 風味を逃がさない“碾きたて”を食べてもらいたいから、朝打ったそばがなくなれば終了。 白っぽく、ツルツルと喉越しが良い「外二(そとに)」のバランスも抜群です。 だしを吸った薄揚げがたっぷり入った玉子丼とおろしそばのセットは、子ども連れにも喜ばれています。

【おいしい福井県産そば使用店】 昭和3年から地元の人たちの胃袋を支えてきた「大野食堂」。 創業から続く定番のラーメン、カツ丼やオムライスなど食堂の王道メニューはもちろん、そばも人気の一品です。 名水のまちらしく地下水を使って打った香りの良い大野在来種の自家製そばは、ツルツルと喉越しの良さが自慢。 おろしそばを揚げ餅や九頭竜まいたけの天ぷらと一緒に食べれば、食べごたえもじゅうぶんです。 そばをはじめ、米や野菜など地元の食材にこだわった食堂で大野の味覚を味わってみては。

地図見る

閉じる
杉本 達治

福井県知事杉本 達治

福井県知事よりメッセージ

「ふくい そばOnline」へようこそ!

福井県には、冷たいおそばに大根おろしと出汁をかけて食べる「おろしそば」に代表されるそば文化が根付いています。

玄そばの生産においても、地域で大切に受け継いできた在来種を県全域で生産している全国有数のそば産地です。


福井の在来種は、「蕎麦鑑定士が選ぶ日本一おいしいそば産地大賞2020」において、その香りと甘みが高く評価され、グランプリを受賞しました。


このたび、ふくいのそばのすばらしさを多くの方にお伝えするため、fuプロダクション様、福井新聞社様と協力し、「ふくい そばOnline」を制作しました。


在来種の特長や風味を活かす石臼製粉技術、県産そば使用店などを紹介していますので、ぜひ、「在来種そば王国ふくい」の魅力を存分に味わってください。