【メディアポリス】悲報…!「いちほまれ専属」小尾渚沙アナが文化放送を退社へ。

【メディアポリス】悲報…!「いちほまれ専属」小尾渚沙アナが文化放送を退社へ。

新聞やラジオ、テレビ、雑誌などのメディアで取り上げられた福井のトピックを、深追いしたり浅く撫でたりするメディアポリス。

今回は、福井在住でありながら首都圏ラジオヘビーリスナーが、ラジオ内で流れた福井の話題を耳ざとく摘発しちゃいます。


 

こんにちは、福井在住ながら首都圏ラジオヘビーリスナーのマンボです。

朝の時間帯は主に文化放送を聴取しているのですが、今年3月のある朝、福井県民としては聞き捨てならないトピックが流れてきました。

福井が誇る新ブランド米・いちほまれの各種発表会やイベントで司会を務めていた小尾渚沙アナウンサーが、3月一杯で
文化放送を退社しました。

この4月以降は関口宏氏の三桂に所属しフリーとして活動するそうです。

都内のイベントで司会を担当

小尾アナは昨年4月のブランド名発表会や8月のロゴパッケージ発表会、9月のいちほまれ誕生祭などで司会を担当し、東京におけるいちほまれプロモーションではほぼほぼ“いちほまれ専属”アナウンサーとして活躍してくれていました。

twitterでは、いちほまれ公式アカウントが、しばしば小尾アナのついーとをいいねしているので、福井県内の農林水産関係者でもおなじみな人にはおなじみの首都圏ラジオ局アナウンサーでした。

これからは「フリーで頑張ります」

「小尾ちゃん」の愛称でおなじみの小尾アナは3月9日の番組で退社を発表。最後の出演となった“プレミアムフライデー”30日の放送ではサテライトスタジオに集まった大勢のリスナーを前に「番組立ち上げ当初から担当させていただき、一日の始まりの朝を一緒に過ごせて嬉しかったです。フリーアナウンサーとして引き続き頑張ってまいりますので応援よろしくお願いいたします」と涙ながらにあいさつしました。

福井でも「#小尾ールタイム」してね。

Twitterのプロフィル画像では、バタービールの泡のお髭がついた写真を使用し、背景画像が「ナギサビール」、SNSでは「#ビール女子」のハッシュタグを多用するなど、無類のビール好きで知られる小尾アナ。

このいちほまれのご縁を通じて来福していただき、越前がにや秋吉の焼鳥と一緒にビールをあおって、福井から「#小尾ールタイム」の発信をしていただくことも願っていたのですが、いまのところ実現した兆候がないのが、ニューマスリスナーとしての心残りであります。

ニューマスには県内企業も登場してます。

尚、小尾アナが担当していたニューマスでの福井関連トピックといえば、昨年7月「ペーパーグラス」でおなじみの西村プレシジョン(鯖江市)の西村昭宏社長がマスターズインタビューのコーナーに出演されていました。放送内容は番組サイトで読むことができます。

さらに4月からは火曜7時台のニュースマスターを、月刊fuでもおなじみ佐々木俊尚さんが担当しています。

薄さ2㎜の老眼鏡で革命。西村プレシジョン社長・西村昭宏
http://www.joqr.co.jp/nmt/special/2017/07/post-12.php

小尾アナは同期入社の西川文野、八木菜緒の両アナウンサーと共に、アイドルユニット「JOQgiRl」を結成し、2016年にデビュー曲『勤労感謝 to me!』をリリースしています。同メンバーでコスプレアナウンサーとしても知られる八木アナも、3月一杯で退社し、4月からは4月からはBS11に活躍の場を移し、主にアニメ分野でのアナウンサーやイベントの企画などに携わるとのことですよ。

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

お気に入りリストにキープする

キープした読みものはマイページのお気に入りリストでご覧いただけます。
畑 鰻戊
writer : 畑 鰻戊

名前は俳号で「マンボ」と読みます。俳句つくってて、お料理ヲタクで首都圏ラジオヘビーリスナー(主にTBS、時々QRとJ-WAVE)。ここいら周辺の、ちょっとニッチな話題を取り上げます。

こちらもクリック!情報いろいろ

PICKUP 記事

新着の記事

あなたにおすすめの記事

キーワード検索

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキングRanking

ページ上部へ

キーワード検索閉じる

話題のキーワード

メニュー閉じる