福井県のそば情報サイト

そばを知る

おいしい福井県産そば使用店 このマークのお店は「おいしい福井県産そば使用店」です。

県外にも広く知られ、休日には県外ナンバーの車が駐車場に並ぶ越前そばの人気店。 なかでもとりそばは、どっさりと盛られた鶏もも肉の旨味がダシにも広がり、最後の一滴まで飲み干したくなるほど。 リピーターから注文の多い名物そばになっています。 そしてもう一品オススメしたいのが、真っ白でふわふわな泡に包まれた見た目がユニークななめこそば。 なめこが潜む泡の下には、こちらも旨味の強い鶏肉が入っており、カボスがその味わいに爽やかな香りをまとわせています。

【おいしい福井県産そば使用店】 県外にもよく知られる店で、その人気ぶりは休日ともなるとツーリングバイクや県外ナンバーの車が駐車場に並ぶほど。 そば単品はもちろん、特に人気なのはおろしそばと武生名物のボルガライスのセットなど、バラエティのあるご当地グルメ。 「高級指向に走らないで、多くの方に食べていただきたい」と話す店主は、本来そばは庶民の食べ物という考え方のもと、越前市産を含む県産そばを自家製粉し、コストパフォーマンスにもこだわった商品を提供しています。 もちろん、そばの専門店としてダシへのこだわりも相当なもので、かつお節だけでなく、昆布と瀬戸内産煮干しをブレンドした合わせダシを使用。 昆布と煮干しを入れることで、まろやかかつふくよかなダシになり、大根おろしとそばとの相性もバッチリ。 毎週木曜日はおろしそばの大盛料金が無料になります。

【おいしい福井県産そば使用店】 店舗はかつて米蔵だった建物をリノベーションしたもので、和風のしっとりした雰囲気の中で越前のそばを味わうことができます。 そば粉は地元越前市で栽培された玄そばの実を自家で毎日挽いており、挽きたて打ちたてならではの香りと味を堪能したいという方にお勧めのお店です。 そばどころ越前の玄そばの香りがしっかり感じられると好評で、そば通をも唸らせるそばが楽しめます。 各テーブルにかつお節が置かれているのも珍しく、しかも、削りたての新鮮な香りを大切にして、自家で毎日かつお節を削っているというこだわりよう。 細かなところまで配慮をする店主の心情も美味しさの秘訣と言えます。

クーポンあり

店内に入ると真っ先に、中央のテーブルに置かれた昔の石臼と、そこに置かれたそばの実が目に入ります。 かつて田舎では自家でそばを挽いていたという歴史に思いを巡らせながら、すするおろしそばは格別。 そば粉とつなぎが9:1の九割そばの強い風味と、この店ならではのダシの旨味が口の中に広がります。 ダシにはうるめ干しも配合しており、店主が選び抜いて京都から仕入れているとのこと。 その深い味わいを最も堪能できるおろしそばが一番人気となっています。 おろしそばと炊き込みご飯や煮物などをセットにした定食950円(税込)も好評です。

【おいしい福井県産そば使用店】 茅葺きの古民家が建ち並ぶ宿泊施設「悠久ロマンの杜」のなかの一棟で、本格的な手打ちのおろしそばが楽しめます。 福井県産そば粉100%を使い、山芋をつなぎにして打つ麺はコシが強く、一口噛むごとにそばの味が強く感じられます。 また、そばつゆはもちろんのこと、そば粉をこねる工程から冷水で締めるまで、全てに山の湧き水を濾過した天然水を使用。 ここの水が美味しいと汲みにくる人もいるという水の良さが、素朴なおろしそばの隠し味にもなっています。 囲炉裏端でそばをすすっても良し、座敷で古民家の景観を眺めながらも良し、日本の原風景とも言える素朴な風情もここならではのごちそうです。

希少性の高い福井県の丸岡産そば粉を100%使用した手打ちの十割そばを提供する専門店。 そば粉は丸岡産の香りと旨味を最大限に引き出せるように、実から仕入れて自家製粉するというこだわりよう。 そこまで追求されたそばの味わいを引き立たせる出汁は、なんと5種類もあるのだそう。 材料の配合を変え、おろしそばやせいろそばなどの食べ方に合わせて使い分けられています。 なかでも一番人気は、小エビと貝柱、玉ねぎの風味も美味しいかきあげおろし。 天ぷらの衣をあえて薄くしていることで、具材とそばの味わいがよく馴染む絶品です。

手打ちのおろしそばはもちろんのこと、こちらを訪れる人の多くが注文するのが「とりそば」。 厳選された鶏肉とダシの旨味のハーモニーが何とも美味しい逸品です。 ところがそれだけではなく、和風のそばで?と驚くようなお勧めの食べ方を店主が勧めてくれます。 それは「とりそば」にコショウを振りかけるという意外な取り合わせ。 和風のダシと鶏肉にコショウが絶妙な風味を醸し出し、一度食べたらやみつきになる一杯です。 武生ICや国道8号線が近い好立地にあることも手伝って、その味を求めて訪れる県外からの常連客も多く、とりそばとおろしそばの両方の注文が9割近いという人気店です。

大野産の蕎麦粉を自家製粉し、メニューは、おろしそば、かけそば、もりそば、手碾きもりそばというこだわりの十割蕎麦4種類のみ。 それぞれ挽き加減や打ち方を変え、太さや粗さも異なる蕎麦が楽しめます。 薬味やつゆも蕎麦の風味をかき消すことなく、「主役は蕎麦」という店主の言葉にも納得です。 毎日石臼で丁寧に手挽きするという「手挽きもりそば」は1日10食限定。 粒が浮き出るほど粗く挽かれた麺で、穀物感に満ちた力強い風味が口中いっぱいにあふれます。