初夏のお弁当にぴったり♪ 夏野菜を使ったさっぱり副菜レシピ。彩り豊かなピクルスや漬物など。

初夏のお弁当にぴったり♪ 夏野菜を使ったさっぱり副菜レシピ。彩り豊かなピクルスや漬物など。

こんにちは、ふーぽ編集部です。

初夏のお弁当には、さっぱりとした夏野菜の副菜が入っていると嬉しいですよね。

ビタミンカラーのお野菜はお弁当に彩りを添え、さっぱりとした味わいは箸休めにも。

今回は、夏の弁当にぴったりの
夏野菜を使ったピクルスや漬物などの副菜のレシピを紹介します。

\教えてくれた人/

水嶋 昭代さん
野菜ソムリエプロ、だしソムリエ認定講師、日本昆布協会昆布大使。
越前町在住

 

\ポイント/
お弁当に入れるときはしっかり水気を切って。2、3日で食べきれる量を作りましょう。

 

シャキシャキお野菜とほんのり甘い塩麹の香り。

ゴーヤとセロリの塩麹漬け

 

◆ゴーヤの塩麹漬け

材料

・ゴーヤ 1/2本
・塩麹 大さじ1
・塩昆布 適量

 

作り方

ゴーヤのわたを取ってスライスする。

塩麹と塩昆布と一緒にジッパー容器に入れて揉み込み、一晩漬ける。

 

◆セロリの塩麹漬け

材料

・セロリ 1本
・塩麹 大さじ1
・酢 小さじ1
・ごま油 小さじ1
・ニンニク(チューブ) 1cm

 

作り方

セロリの筋を取って短冊切りする。

 ジッパー容器で調味料と合わせ、半日漬ける。

 

つるり滑らかな舌触りとつぶつぶ食感にごはんが進む。

山形「だし」

材料

・ナス 1本
・キュウリ 1本
・ミョウガ 3個
・オクラ 3個
・ショウガ 1片
・長芋 5cm
・納豆昆布(がごめ昆布) 適量
・白だし 大さじ3

 

作り方

オクラはさっと湯がいておく。

ショウガはみじん切りし、野菜は7~8mmの角切りにし、ナスは水につけてアク抜きする。

消毒した容器にと昆布、白だしを入れて2~3時間おく。

 

\  お弁当アレンジ  /


スープジャーにうどんを入れ、別容器のだしと凍らせた麺つゆを合わせ「冷やしだしうどん」に! 

 

マイルドな酸味と心地よい塩味の名脇役。

新生姜の梅酢漬け

材料

・新ショウガ 100g
・塩 3g
・赤梅酢 50ml(ショウガが浸るくらい)

 

作り方

ショウガは皮をむいて千切りまたはスライスする。

塩を振り、重石をして2時間くらいおき、水気を絞る。

消毒した瓶にショウガを詰めて、浸るくらいに赤梅酢を注ぎ、半日おけば完成。

 

\  お弁当アレンジ  /


新生姜の梅酢漬けを細かく刻んで、青のりと一緒に玉子焼きに。調味は梅酢漬けだけでOK! 

 

さわやかだけどスパイシー、ひと味違うピクルス。

カレーピクルス

材料

・うずら卵 8個
・マッシュルーム 5、6個
・玉ネギ 1/4個
・パプリカ(赤・黄) 各1/4個


・酢 80ml
・水 100ml
・砂糖 大さじ2
・カレー粉 大さじ1
・塩 小さじ1
・白だし 小さじ1

 

作り方

玉ネギは薄切り、パプリカは食べやすい大きさに切り、マッシュルームはラップをしてレンジで1分半加熱する。

を合わせてレンジで1分加熱する。

を合わせ、一晩なじませる。

 

 

粒マスタードがニンジンの甘さを引き締める。

キャロットラペ

材料

・ニンジン 1本
・塩 小さじ1/3


・オリーブオイル 小さじ2
・酢 小さじ2
・粒マスタード 大さじ1
・ハチミツ 小さじ1/2
・粒コショウ 少々

 

作り方

ニンジンを千切りし、塩でもんでしんなりさせて、水気を絞る。

と合わせ、2~3時間なじませる。


いかがでしたか? 

どれも簡単で美味しい副菜ばかり♪ 

ぜひ参考にして旬な夏野菜でお弁当に彩りを添えてみてくださいね。

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

ふーぽ編集部
writer : ふーぽ編集部

ふくいのことならお任せあれ! グルメ、イベント、おでかけスポットなどなどふくいのいろんな情報をお届けします。

LINEにおすすめ情報が届くよ

Twitter

こちらもクリック!情報いろいろ

新着の記事

あわせて読みたい

キーワード検索

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる