野菜たっぷり、作りたてのお惣菜がずらり。越前市にオープンした「京町ごはん」で今夜の一品、いかがですか?

野菜たっぷり、作りたてのお惣菜がずらり。越前市にオープンした「京町ごはん」で今夜の一品、いかがですか?

こんにちは、ふーぽ編集部の雪森です。

神社仏閣や町家、昭和レトロなビルや商店が立ち並ぶ越前市のまちなかは昔ながらの情趣が残る、ふくい随一のノスタルジックエリア

なかでも「総社大神宮」の北側、石畳の道が続く寺町通り付近は近年町家をリノベーションした美容院やカフェ、おそばやさんなどが次々とオープンし、じわじわと活気づいています。


そんなエリアにまた一つ、素敵なお店がオープンしました。

その名も京町ごはん

女性二人で切り盛りするお惣菜屋さんと聞き、さっそく伺いました。

すっきり端正な木壁と、大きなロゴ入り暖簾のかかった外観が目印です。

「いらっしゃいませ!」と笑顔で迎えてくれたのはオーナーの野呂田昭子さん(左)と、川﨑仁美さん(右)。栄養管理士の川﨑さんは、いつも着物に割烹着で調理されているとのこと。

割烹着と頭に手ぬぐいを巻いたお揃いスタイルがキュートです。

店内はあちらこちらに木材が使われていて、ほっとやすらぐ雰囲気

ブルーグレーの壁やコンクリートの床、照明やタイルの張られた壁などが日本家屋にしっくりとなじみ、外国のデリのようなスタイリッシュさも漂っています。

カウンターやガラスケースの中には、おいしそうなお惣菜がずらりと並んでいました!

ラインナップは常時約17~18種類
旬の野菜を使った品々が並びます

食材は国産のものを使用。福井県産の野菜も使用しています。
また、化学調味料は一切使用せず、味つけは薄めに
だしは毎日昆布とカツオでひいています。

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

雪森
writer : 雪森

神出鬼没に福井の「あら、すてき」「これ、いいんじゃない?」スポットをすり抜けます。過敏なジャンルはファッション、バブリーな人やモノ、昭和の残り香、フランス、からだによいこと系。
いつか、ふーぽ海外取材をしたいともくろんでいます。

こちらもクリック!情報いろいろ

編集部おすすめ

新着の記事

あわせて読みたい

キーワード検索

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる