笑福亭笑生の「庭の折れた木の中から意外なものが出てきたお話。」【福井よしもと芸人日記】

笑福亭笑生の「庭の折れた木の中から意外なものが出てきたお話。」【福井よしもと芸人日記】

どうも〜! 福井県住みます芸人で落語家の笑福亭笑生です! 

さて、今回は前回と打って変わって大阪では無く福井、しかも僕の住んでる家の庭のお話。

 

いや〜皆さん今年の雪は凄かったですね〜。

最近大分あったかくなってもう忘れてた人もいるんじゃないかと思うのですが、そう今年は大雪の年でした。

毎日毎日雪かきに追われて大変だったと思うのですが、それがどうしたんだと思いますよね? 

今回はこの大雪にまつわる話なんです。

 

僕の家の庭には2羽ニワトリが・・・

ではなく、大きな木が生えているのですが今年の大雪の重みでバキバキと音を立てて折れてしまいました。

しかも折れた時に笑生は丁度真下に居たのですが、偶然にも直ぐ隣りに落ちて無事でした。

いや〜バキバキ音が鳴って一歩後退りして良かった〜! 

ポッキリと折れて今年の雪の凄さ自然の怖さを改めて学んだのですが、先日折れた庭の木を処理しようと見たところ・・・

 

ん? 

折れた木のところに石が乗ってる〜! 

え〜! なんで? どうみても石よね?

なんか木の一部とかにはみえんよね? 

なんで石? どゆこと〜?

と1人騒いでいると隣りに住む叔父から、

 

「鳥が運んでのせたんちゃうか? とりあえず。」

「この石、鳥が取りに来るんちゃうか? 」

 

とダジャレまじりに話かけて来たので無視していたのですが、やっぱり気になるのでカメラでパシャリ。

うーむやはり石だ・・・。

 

謎は解けないまま折れた木の枝を処理する為にチェーンソーを持ち出して切る叔父。

勢いよくチェーンソーは太い枝を切っていきその切る音がガリガリとした音に変わり、そして大きな火花を出して止まった・・・。

大きな火花とその音の異常さに慌てて駆け寄ってみると確かに見た目は木の枝なのだが芯の部分に大量の石が詰まっていた・・・。

なんで? めっちゃホラーなんやけど? 

叔父は何か心当たりがあるみたいで他の部分の枝を切り始める、またガリガリと音を立て火花が出る。

叔父「やっぱりや、これ石じゃないわコンクリートや。」

 

な〜んだコンクリートか〜、ってなるか! 

なんでコンクリートが木の枝にあるんやって。

 

叔父「昔、家の木の中身が腐ってこのままじゃ倒れたりして危ないかもしれんから木の穴の空いた所からコンクリートを流し込んで補強しようって話になってたんや。

でももうあれから何十年も経つし忘れてたわ。

いや〜自然って凄いの〜流し込んだコンクリートの部分がどんどん成長して上に登って今回折れた所まで来てたんや

昔は根本の所に穴が開いてたんやぞ。凄いわ」

それを聞いて僕は、色々な意味でやっぱり自然は人間の思い通りになんかならないのだと再確認しました。

 

叔父「いや〜、でもやっぱり昔の話やし思い違いかもしれんわ〜。」

 

嫌な予感はしたが僕はなんでそう思ったのかと聞き返すと叔父は嬉しそうに、

 

「だって言うやろ? 気のせい(木のせい)って。」

 

 

お後が宜しい様で。

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

福井 住みます芸人
writer : 福井 住みます芸人

福井の住みます芸人たちが、日常のいろんなことを書き綴ります。イベント出演のオファーもお待ちしてます☆

LINEにおすすめ情報が届くよ

Twitter

こちらもクリック!情報いろいろ

新着の記事

あわせて読みたい

キーワード検索

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる