夏は麺弁当がおすすめ! 手軽につるっと食べられる一週間分のお弁当。

夏は麺弁当がおすすめ! 手軽につるっと食べられる一週間分のお弁当。

こんにちは、ふーぽ編集部です。

夏の暑い時期に作るお弁当は、できるだけ時短でつくれて食べやすいものがいいですよね。

今回は、手軽につるっと食べられる麺弁当を、月~金曜日分作ってみました。

手軽に・美味しく、夏のお弁当を楽しもう♪

\教えてくれた人/

稲木汐瑠さん
福井市出身。
宗近製麺のスタッフとして麺のPRや情報発信を担う。
ホームページ

ちょっとしたコツでひんやり美味しさが続く。

毎朝慌ただしいお弁当づくり。

夏の暑い時は時短ですませたい。

そんな人におすすめしたいのが、手軽な「麺弁当」です。

麺をお弁当に入れる時は、通常より30秒程度茹で時間を短くし、堅めに茹でるのがポイント。

麺がくっつきにくくなるよう、茹でた麺にサラダ油やごま油などを少し絡めるのも忘れずに。

つゆやつけ汁は濃い目に作り、保冷ができる水筒やスープジャーに氷を入れて持っていけば、冷たい状態で食べられます。

個包装のつゆは、そのまま凍らせて持ち運ぶと保冷剤代わりにもなります。

 

「具材を準備するのが面倒な時は麺だけ持参し、コンビニのサラダやサラダチキンをトッピングするだけでOK」と稲木さん。

この夏は毎日、麺弁当を実践中だそう。

うどんやそば、そうめんはもちろん、夏の定番「冷やし中華」もそのまま弁当箱に詰めて、暑い夏を乗り切ろう! 

 

【月曜日】ジャージャー麺

週のはじめはガッツリとパワーをつけるためにピリ辛ジャージャー麺。

中華麺に甘辛い肉味噌とシャキシャキのキュウリ、白髪ネギで彩り鮮やかに。

 

稲木さん
POINT
肉味噌を甘くすると子どもにも喜ばれますよ

 

 

【火曜日】ネバネバ梅うどん

山芋にオクラ、メカブ、納豆など、ネバネバ食材を切って詰めるだけ。

夏バテして食欲がない時も、さっぱり食べられる上に栄養もとれます。

 

稲木さん
POINT
梅を入れることで抗菌効果もプラス!

 

 

【水曜日】おろしそば

みんな大好きな「おろしそば」を弁当に。

そばを一口サイズに巻いて詰めると、食べやすさもアップします。

そうめんに応用するのもおすすめです。

 

稲木さん
POINT
大根おろしはしっかり水分を切って入れてくださいね

 

 

【木曜日】冷やし中華

夏のランチの定番・冷やし中華を弁当に。

ハムを豚や鶏に、きゅうりをニラやキャベツにするなど、いろんな具材のアレンジが楽しめそうです。

 

稲木さん
POINT
つゆを冷凍しておくと保冷剤代わりになります

 

 

【金曜日】トマトツナの和風パスタ風

中華麺に切ったトマトとツナ缶を混ぜて、ごまだれをかけるだけでできあがり。

ジューシーなトマトとツナのコクで、火を使わずに絶品ソースの完成です。

 

稲木さん
POINT
大葉をバジルに変えればイタリアン風に変身♪

 

 

 



いかがでしたか? 

作る人も食べる人も嬉しい麺弁当。

ぜひ挑戦してみてくださいね。

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

ふーぽ編集部
writer : ふーぽ編集部

ふくいのことならお任せあれ! グルメ、イベント、おでかけスポットなどなどふくいのいろんな情報をお届けします。

LINEにおすすめ情報が届くよ

Twitter

こちらもクリック!情報いろいろ

新着の記事

あわせて読みたい

キーワード検索

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる