金津創作の森美術館で 9/26(日)まで開催中の「写真展 岩合光昭の世界ネコ歩き2」をレポート! にゃんこまみれの旅へご案内します♡

金津創作の森美術館で 9/26(日)まで開催中の「写真展 岩合光昭の世界ネコ歩き2」をレポート! にゃんこまみれの旅へご案内します♡

こんにちは!

夜な夜なSNSでネコ写真を愛でる、ふーぽ編集部のMKです。


2021年夏、あわら市の金津創作の森美術館で9月26日(日)まで開催中

「写真展 岩合光昭の世界ネコ歩き2」で、

ネコ補給&海外旅行気分を味わってきました!

岩合さんが思わず「君、ネコだよね?」と聞いたという、圧巻の一枚がメインビジュアル


岩合光昭さんといえば、動物写真の第一人者。

特に“ネコ写真”が有名ですよね。

動物写真家

岩合 光昭

いわごう・みつあき。1950年東京生まれ。ライフワークとして半世紀以上、ネコを撮り続ける。NHK BS プレミアム「岩合光昭の世界ネコ歩き」で人気に火が付き、著書は『ねこ』『ふるさとのねこ』『ねこ科』『岩合光昭の世界ネコ歩き2』『こねこ』『パンタナール』など多数。2021年1月公開の「劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き あるがままに、水と大地のネコ家族」では映画監督をつとめた。

美術館内のフォトスポット。岩合さんに撮影されるネコの気持ちを味わえます


今展は、NHK BSプレミアムの番組「岩合光昭の世界ネコ歩き」の写真展。

世界60カ所以上の撮影地からセレクトした

16カ国で暮らすネコたちの写真が、

計163点(!)も飾られています。

ニューヨークやリオデジャネイロ、ペルーにスコットランド、モルドバ、スリランカにアラブ首長国連邦、オーストラリアまで。

世界五大陸に暮らすネコたちに出合えます。

牧場やワイナリーに市場、寺院など、各国の日常を感じさせる風景と、そこに溶け込む表情豊かなネコたち

岩合さんは、撮影するときにいい子だね」とネコにやさしく声をかけるそう。

展示作品に添えられる、ネコたちの名前や暮らしぶりを伝える岩合さんのコメントにも愛があふれます。

ブラジルのコパカバーナビーチの人気者「シキンニョ」

チェコからは、モルダウ川沿いの「ミケ」

アラブ首長国連邦の砂漠をゆく「ミンナーク」

ゆっくり見ていると、何だか、自分がかつてそこに行って、出合ったネコたちや旅の記憶を追体験しているような気がしてきます。

そして、世界旅行の締めくくりは、瀬戸内海。

島に生きるたくさんのにゃんこにまみれられますよ。

また、金津創作の森美術館の野外の森では

《野外写真展「ねこ科」 ―身近なイエネコからライオンまで―》

が、同時開催中。

身近に暮らすイエネコをはじめ、ライオンやサーバル、ベンガルトラにチーターなど、大自然で生きる"ネコ科”の野生動物たちの一瞬を切り取った40点の作品が、緑あふれる森のなかに展示されています。

コアラじゃないよ、ネコだよ

作品の木と森の木が一体化!

そしてそして、鑑賞のあとは、お楽しみのミュージアムグッズ!

マスキングテープやうちわ、ふせん、クッション、岩合さんのイラストをデザインしたトートバッグなど、約30種200点もあります♡

実際に送れるダイカットのポストカードやキーホルダーにうちわがズラリ

マグカップやポーチ、エコバッグに混じって、顔クッション! 人気のためお早目に

会場限定で、作品のオリジナルプリントの特別販売もあるので、お見逃しなく。



岩合さんのサイン入りですよ!


ちなみにMKは、ふてぶてしさに心奪われたクリアファイルと、「連れて帰って」と言われた(ように見えた)うちわをゲットしました。



さぁ、これで暑い夏も仕事頑張れる…かな…っ!

みなさんも、お気に入りのにゃんこをぜひ連れて帰ってくださいね。

さらに、金津創作の森美術館の工房では

《創作体験”ねこ”まつり》 をやっています。

陶器やガラスに絵付けし、オリジナルのネコが作れますよ♪

※予定数に達し次第終了。各工房への事前予約が必要です。


いかがでしたか?

「写真展 岩合光昭の世界ネコ歩き2」

ネコ補給がしたい方、旅に出たい方、写真が好きな方、自然と触れ合いたい方。

いろんな楽しみが満載です♡

 

▢来場前の予約がおすすめです▢
新型コロナウイルス感染症対策のため、「日時指定入場予約制」となっています。
予約がなくても入場できますが、入場者数を制限しての開館になるため、混雑状況によっては入場をお待ちいただく場合があります。お出かけの際には、金津創作の森美術館ホームページから事前予約がおすすめです。
【⇒予約についての詳しい説明はこちらから】

写真展 岩合光昭の世界ネコ歩き2

【日時】2021年7月17日(土)~ 9月26日(日)
10:00~17:00(最終入場16:30)
【会場】金津創作の森美術館 アートコア・野外
福井県あわら市宮谷57-2-19
☎0776-73-7800
【休館日】月曜(祝日の場合は開館、翌平日休館)
【観覧料】一般800円(600円)、中学・高校生500円(400円)、65歳以上・障がい者 各半額、障がい者の介護者(当該障がい者1人につき1人)・小学生以下無料 ※( )は20名以上の団体料金
《野外写真展「ねこ科」》は観覧無料

金津創作の森美術館公式HP

▼詳細はこちら
https://fupo.jp/event/nekoaruki_fukui/

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

MK
writer : MK

「おいしいものしか食べたくない」がテーマ。
主に、ふくいの食べもの、飲みもの、うつわ(職人)について書いてます。ときどき、オシャレもしたくなります。
エジプトと古墳時代、ジブリも好きです。県内のアート情報にも目を光らせています。

LINEにおすすめ情報が届くよ

Twitter

こちらもクリック!情報いろいろ

新着の記事

あわせて読みたい

キーワード検索

必見!ふーぽイチオシ情報PR

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる