「泊まれる車」でプチトリップしよう。バンライフ&キャンピングカーレンタルの活用術。家族旅行や女子会にもおすすめ♪

「泊まれる車」でプチトリップしよう。バンライフ&キャンピングカーレンタルの活用術。家族旅行や女子会にもおすすめ♪

こんにちは、ふーぽ編集部です。

年々アウトドア人気も高まり、自分らしいアウトドアライフを楽しむ方も増えてきましたね。

そんな中、マイカーを居心地良くカスタマイズした「バンライフ」を楽しむ方や、キャンピングカーでプチ旅行に出かけたりする人達も増えています。

 

そこで今回は、マイカーを居心地よくカスタマイズし「バンライフ」を楽しむ方のお話と、キャンピングカーレンタルの活用術を紹介します。 

バンライフを楽しもう!

フリーフォトグラファー・竹沢美穂さんの愛車ストーリー


時間が空いたら気の向くままに車の旅へ。

フリーフォトグラファーの竹沢美穂さんが昨年セカンドカーとして迎えたのは、トヨタの「ライトエース」を改造した車、愛称「ホビーエース」です。

「車中泊ができる車を探していたのですが、値が張るので諦めていたところ、鯖江の車屋さんで紹介してもらったんです。中古車ですが、前の所有者が後部を車中泊用に改造していたのが決め手になりましたね」。

バンパーやハシゴは車屋で取り付けてもらい、外装のロゴは親戚が貼ってくれたそう。

真っ赤なレザーシートは自ら専門の業者を訪ねてオーダーしたお気に入りです。

白のパイピングがキュートなレザーシート

トヨタのロゴは黒く塗って統一感を

元々アウトドア派というわけではなく、キャンプはどちらかというと苦手という竹沢さん。

「仕事柄、急にぽっかり時間が空くことがあるんです。そんな時にぱっと遠出して車中泊し、翌日現地をまわって帰ってくる。そんな気軽な旅がしたくて」。

 

旅先でもベースはあくまでも車の中だそう。

小型デスクで仕事をする竹沢さん

夕食の晩酌セット

パソコンを持ち込んで仕事をした後は、スーパーで買った惣菜をつまみに晩酌を楽しむのがいつものスタイルです。

後部席を倒せばベッドスペースに

「花畑を見に行くのが好き」という竹沢さん。道中目に留まった風景を撮影することも

本格的な遠出はまだ出来ていないが、竹沢さんには叶えたい夢があるそう。

「世の中が落ち着いたら、ホビーエースで四国を一周するつもりです」

 

【ホビーエースの情報発信中! 】
Instagram

 

 

レンタカーでお出かけしよう! 

キャンピングカーはレンタルする時代。

必要なグッズを用意すればすぐに旅に出られます。

気軽に身軽にレンタカーでお出かけしてみませんか♪ 

 

\教えてくれた人/

野邑高嗣(のむらたかし)さん
キャンピングカーショップ「SiZENTO」店長。
FC加盟店として「ロードクルーズ福井深谷スポット」も手掛ける

 

キャンピングカーで家族旅行や女子会に。

キャンピングカーはこれまで所有するものというイメージが強かったですが、最近は全国にレンタルショップができ、時間単位でレンタルが可能になりました。

AT限定の普通運転免許で運転でき、比較的コンパクトな車種も出てきているので、女性でも運転しやすいと言われています。

基本的には冷蔵庫や流し台、TVや電子レンジ付きで、家での生活と変わらないスタイルで電気が使用できるそう。

座席はリクライニングで寝台になり、長距離のドライブでも道の駅やSA・PAなどで仮眠をとることができます。

「特に乳幼児がいる家庭は周囲の目を気にせずに移動できるのでおすすめですね」と野村さん。

 

キャンプに慣れていない人でも手軽にアウトドアを楽しめるのが醍醐味。

「近頃は女子会に利用される方もいて、キャンピングカーの楽しみ方の幅が広がっています」

 

 

\今回レンタルしたのは/

REMBV
ベースはトヨタ「ハイエース スーパーロング」。
就寝定員は4人。
利用料金は平日(オフシーズン)利用で1時間1,200円~。

 

 

事前に知っておきたいこと

 

 車高の高さに気をつけて

車高が高いため、パーキング制限に注意! 
ゆっくり安全運転を心がけましょう。

 

車中泊は場所を選ぼう

RVパークやオートキャンプ場では宿泊OK。
道の駅やSA/PAは休憩や仮眠に利用しましょう。


 マナーを守って快適に

アイドリングしない、ゴミは持ち帰るなど、最低限のマナーは遵守を。

 

 

キャンピングカーでできること&あると便利なもの

以下、①~⑦の番号順に紹介します

 

 

 テーブルを立てればカフェ空間に。

 

車内にはテーブルやキッチンが備え付けられているので、ゆったりと食事を楽しめます。

エアコン搭載の車両では、エンジンを切った状態でもエアコンを使用できるので夏場でも快適です。

 

 

 赤ちゃんもハイハイできる広々シート。

 

座席をすべて倒せばベッドに。

いつもの布団やクッションを持ち込んで、快適空間に早変わりします。

赤ちゃんの授乳やオムツ替えも人目を気にせずできるのが嬉しいところ。

 

 

 荷物もたっぷり入る収納スペース

 

後部座席には収納スペースが確保されているので、多くなりがちな荷物もまとめてイン。

隅々までムダなく使える設計で、お土産が増えても安心です。

 

 

 大容量バッテリーでアウトドアをアシスト。

 

バンライフの要になるのが電源の確保。

大容量モバイルバッテリーがあれば長時間の電力供給が叶います。

レンタルもできます。

 

 

 椅子とテーブルで気軽にチェアリング。

 

折り畳み式の椅子とテーブルは必須アイテム。

心地よい場所を見つけたら、「チェアリング」でお酒やコーヒーを楽しみましょう。

Amazonで詳しく見る(チェア)

Amazonで詳しく見る(折り畳みテーブル)

 

 

 ごきげんなBGMはポータブルスピーカーで。

 

ランタン型スピーカー

非日常の空間を盛り上げてくれるのが音楽。

電源が必要ないポータブルスピーカーがあればバンライフをごきげんに彩ってくれます。

Amazonで詳しく見る

 

 

 焚き火でカンタン調理。

 

アウトドア気分が高まるのが焚き火。

ポータブルの焚き火台があれば調理も簡単に。

火の始末には充分気を付けて、グリル料理を味わいましょう。

Amazonで詳しく見る

 

 

\レンタルできるところ/

ロ̶ドクルーズ 福井深谷スポット

福井県福井市深谷町5-5-1 Camping Car Shop SiZENTO 内
☎0120-271-555
ホームページ

 


いかがでしたか? 

キャンピングカーで出かければ、目的地が近場でも非日常な旅を楽しめそうですね♪ 

 

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

ふーぽ編集部
writer : ふーぽ編集部

ふくいのことならお任せあれ! グルメ、イベント、おでかけスポットなどなどふくいのいろんな情報をお届けします。

LINEにおすすめ情報が届くよ

Twitter

こちらもクリック!情報いろいろ

新着の記事

あわせて読みたい

キーワード検索

必見!ふーぽイチオシ情報PR

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる