城下町から里地里山まで、大野盆地を自転車でのんびり「ポタリング」しよう♪ お笑い芸人カリマンタンがおすすめコースを巡ってみたよ。

城下町から里地里山まで、大野盆地を自転車でのんびり「ポタリング」しよう♪ お笑い芸人カリマンタンがおすすめコースを巡ってみたよ。

こんにちは、ふーぽ編集部です。

突然ですが、“ポタリング”ってご存知ですか? 

ポタリングとは自転車で散歩をすること」をいいます。

普段車の便利さに慣れていると、なかなか自転車に乗る機会がないですが、生活が様変わりした今、自転車に乗る人が増えているんです。

その中で、誰かと比べることなく、自分のペースでゆるやかに楽しめる「ポタリング」にも注目が集まっています。


そこで今回は、お笑い芸人カリマンタンの2人が大野市で初めてのポタリングを体験してきた様子を紹介します。

\ガイドしてくれた人/

坂本均さん
大野市「ノーム自然環境教育事務所」代表。
様々な自然教育体験のガイドを務める

 

【参加した人】

吉本興業 カリマンタン
(左)会田勇人(あいたはやと)さん
山形県出身。三度の飯よりラーメンが好き。
自転車に乗るのはいつぶりかわからないくらい久しぶり

(右)高橋むつをさん
通称「む~ちゃん」。
大好きなももクロTシャツを着て参戦。
地元鯖江から加賀まで自転車で4時間走破した経験アリ

『景色を楽しみながらのんびり、ぶらぶら。』

ゆっくりとしたスピードで、時々寄り道しながら走る「ポタリング」。

スポーツというよりも散歩する感覚で気楽に自転車を楽しみます。

今回大野盆地ポタリングツアーに参加したのは、結成11年目を迎えるお笑いコンビ「カリマンタン」の会田勇人さんと高橋むつをさん。

普段自転車に乗ることはまったくないという2人でしたが、ガイドの坂本さんについて自転車を走らせると、途端に笑顔がこぼれました。

 

 

【大野市】ポタリングコース

アップダウンの少ない広大な大野盆地約13㎞の道のりを、あちこち寄り道しながら進みます。

START!

寺町通り

亀寿堂・お清水

春日神社

阿難祖(あどそ)

城下町東広場

GOAL!

 

 

START! 【①寺町通り】自転車の動作確認は念入りに。

集合場所は城下町東広場

 

「モンベル」のクロスバイクとヘルメットをレンタルしたら、ギアやブレーキの動作を確認し、軽く体を伸ばしておきます。

 

\まちなかを慣らしながら、出発! /

寺社が並ぶ静かな寺町通り。石畳の道路が整備され、ペダルの漕ぎ出しも軽い

 

まずは大野市中心部の寺町通りをゆっくりと走り、郊外へ抜けていきます。

ガイドの坂本均さんいわく、「大切なのは頑張らないこと」

時速10km程がポタリングの目安で、それ以上出すとしんどさを感じて、息切れしやすくなるといいます。

また、主要道路はなるべく避けて走ります。

 

 

【②亀寿堂・お清水】地元の見どころは降りてしっかり体験。

大野のまちなかをライド中、和菓子屋さんと「お清水」に寄り道。

芋きんつばも、お清水の湧き水も初めてという2人はテンションだだ上がり。

 

「地域を巡って地元の人や自然と触れ合うことも、楽しみ方の一つなんです」と坂本さん。

おやつを買いに立ち寄った和菓子屋さんで、早くもおかみさんに話し掛ける高橋さん。

「体を動かすと気持ちもオープンになれますね」。

次に立ち寄った「御清水」では、逆に旅人から話し掛けられる一幕も。

ポタリングに水筒は必須。湧き水の出る場所を調べておくのもおすすめ

 

ここで水筒に湧き水を補給しておきます。

高橋「めっちゃ美味しい水!」

会田「じょうごの使い方これでいい?」

 

立ち寄りスポット

亀寿堂(きじゅどう)
福井県大野市元町2-1

お清水(おしょうず)
福井県大野市泉町5-4
詳しくはこちら(えちぜんおおの観光ガイド)

 

 

【③春日神社】広い空の下、一本道をのんびり走る。

城下町から田んぼが広がる村部へと、順調に自転車を走らせる3人。

右折するときは右手を水平に上げる自転車ルールも、板についてきました。

山沿いの春日神社に着くと、自転車を停めて、一旦休憩。

木々に囲まれた深井地区にある春日神社で一服。自然ガイドの達人、坂本さんに動物の鳴き真似を教わる

 

「途中で積極的に休むことがポイントですね。ヘルメットを取って、頭の熱を逃がしてください」と坂本さん。

近くで聞こえる鳥の鳴き声を坂本さんが真似ると、それに続くカリマンタンの2人。

「こんな時間、パチンコより楽しいかも」と高橋さんは汗を拭きながら嬉しそうに笑います。

「この場所や楽しみ方って、ガイドブックに載ってませんね」と会田さんもぽつり。

大野市南西部、のんびりスピードで進むポタリング中盤コース

 

主要道路を避けるため、山沿いの農道がポタリングロードに。

人も車もまばらなため、すいすいと快走できます。

 

立ち寄りスポット

春日神社
福井県大野市春日1丁目2-5

 

 

GOAL! 【④阿難祖(あどそ)】ポタリングの後半はカフェタイム。

再び自転車に乗り込むと、目指すは湧水地のある、阿難祖(あどそ)地区。

田んぼ道を進む道すがら、等間隔を空けて走る3人の姿は、雄大な田園風景に完全に溶け込んでいます。

スピードを出し過ぎない、等間隔を空ける、などポタリングのルールを守って走行。途中、止まれの合図でインスタ用の撮影会をするシーンも

 

出発から約50分。

阿難祖・地頭地区の湧水地に着くと、2回目の休憩タイムに。

古き良き日本の原風景が広がる場所に「トトロが出てきそう! 」と驚く2人。

湧き水の冷たさに悲鳴を上げるカリマンタンの2人。「足が痺れる~!」

 

山から湧き出る水に足を浸して涼をとり、途中で買ったおやつとコーヒーでひと息。

坂本さんがドリップしたコーヒーをおやつのおともに

 

「自転車に乗って走り回っていた小学生の頃に戻ったみたいです」と会田さん。

「全然疲れないし、むしろ元気になってます」と高橋さんもご満悦の様子。

「自転車だから来られた場所だね」と坂本さんはにっこり。

自然に囲まれて一服。寄り道もポタリングの醍醐味

 

まだまだ乗っていたい気持ちを抱きつつ、のんびりと帰路に着きました。

 

大野盆地ポタリングツアー
大野市内を自転車で約2時間半かけて走行する。
コースは要望に応じてセレクト可能。ガイド付き。

【料金】大人(中学生以上)4,500円、子ども(小学生)、4,000円
※自転車レンタル料・保険料込み
【問合せ】☎0779-67-1117(奥越前まんまるサイト)
奥越前まんまるサイト公式HP

 

 

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

ふーぽ編集部
writer : ふーぽ編集部

ふくいのことならお任せあれ! グルメ、イベント、おでかけスポットなどなどふくいのいろんな情報をお届けします。

LINEにおすすめ情報が届くよ

Twitter

こちらもクリック!情報いろいろ

新着の記事

あわせて読みたい

キーワード検索

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる