【2024年の運勢】新しい一年をポジティブに! 九星気学で紐解く2024年の運のひらきかた。

【2024年の運勢】新しい一年をポジティブに! 九星気学で紐解く2024年の運のひらきかた。

こんにちは、ふーぽ編集部です。

2023年はどんな一年でしたか? また、2024年はどんな一年にしたいですか? 

今回は、九星気学鑑定士の小嶋啓予さんと一緒に、昨年を振り返りながら2024年に向けた運のひらきかたについて教えてもらいました。

新しい一年をポジティブに、自分らしく過ごすため東西さまざまな占いをギュッと詰め込んでお届けします!

※座談会は2023年12月末ごろに開催されました

\星座別の運気はこちら/

2023年星占い~星座別に1年の運勢と幸せを呼ぶヒントをガイド~

 

編集部B
編集部内でも屈指の占い好きで、自ら占うことも。九星気学では三碧木星(さんぺきもくせい)

小嶋啓予(こじまはるよ)さん
九星気学鑑定士講師。(一社)社会運勢学会認定講師。ふーぽで連載中。福井市在住
Instagram
YouTube

編集部A
今年から月刊fu編集部に入った期待の星。九星気学では四緑木星(しろくもくせい)

自らの運を切り拓く九星気学。


 編集部A(以下、A)  今日はよろしくお願いします。いきなり初歩的な質問なのですが、「九星気学」って簡単に言うと何なのでしょうか。

 小嶋(以下、小)  九星気学とは古代中国で生まれた占術で、生まれた年月日によって分けられた九つの星と「干支・陰陽五行理論」を組み合わせたものです。さらに気の流れのタイミングを捉え、自分の思い通りの人生へと開運を図ります。

 編集部B(以下、B)  気の流れについても教えてもらえますか。

 小  気は「天、地、人」の3つに分かれています。「天」は天体やその動き、天候、時間のこと。「地」とは、地球環境や社会、人間世界の変化を表し、「人」は、個人の運勢の傾向を指します。例えば、同じ年に生まれた人はみんな九星が同じですが、だからといって運勢は同じではないですよね。私たちがどの気の流れに乗るかによって運命は変わるので、自分で運を切り拓くことができるんです。

 A  運命や宿命は変えられないものだと思っていました。小古代中国では何千年も前からさまざまなシーンで生かされてきましたし、日本でも九星気学をもとに今後の事業の指針を決める経営者もいるんですよ。

 B  先を見通すことができるんですね。

2023年はいろんな意味で新たな扉が開いた年。


 B  小嶋先生は世の中の動向も読み解くことができるんですよね。

 小  はい。「社会運勢学」というのですが、九星気学の気学や易をもとに、政治・経済・世界情勢・業界動向などの運勢を読み解いています。

 A  先生から見て、ずばり2023年はどんな年だったのでしょうか。

今年の鑑定が書き込まれたノート

 小  2023年は「新しい扉を開く」を表す卯年でした。生成AIをはじめ、新しいものがどんどん誕生し、時代のスピードが一層速くなった一年だったと思います。一方で、新しい扉が開いた先は決して順風満帆ではなく、新たな紛争が起こってしまった地域もありましたよね。九星の星回りで見ると、経営者を表す「六白金星(ろっぱくきんせい)」や、若者やエンターテイメントを表す「三碧木星(さんぺきもくせい)」の方 角が良くなかったので、某アイドル事務所や劇団など芸能関係でも問題が明らかになりました。飛行機や電気自動車などの事故も多い年だったと思います。

 A  本当だ、こうして振り返るといろいろありましたね。」

 小  2023年に出てきたことはそのきっかけにすぎず、2024年はさまざまな事柄がより明らかになってくると思いますよ。

運勢は社会のなかで変化していくもの。


 A  個人的なことを聞いてもいいですか? 私は今年fu編集部に入ったのですが、実はあまり転職に良くない年だったと言われてしまいまして…。

 小  Aさんは「四緑木星(しろくもくせい)」なのね。たしかに九星の方位を表す年盤で見ると、四緑木星は2023年は八方塞がりと捉える見方もあります。でも、生年月日をもとに詳しく鑑定すると、良い転職だったと思いますよ。

 B  わぁ、よかったね!

 小  おそらく入社して最初の方は大変だったんじゃないかしら。でもここからがようやくスタート。今後あなたはもっと忙しくなります。「チャンスの神様はブサイク」っていう言葉があるの、知ってますか?

 A ブサイク(笑)!?

生年月日を見てじっくり鑑定。先生の明るいアドバイスにホッとする編集部A

 小  自分の好みではないということ。つまり、最初は思ったようなかたちはしていないけど、それを拒まず乗っかることで自分の成長につながるという意味なんです。四緑木星はのんびり穏やかな人が多いですが、2024年を生まれ変わりの年だと思って、できるだけ明るく仕事 もプライベートもすべてやり切ってみてください。そうすると飛躍的に伸びるはずですよ。

 B  安心しました、頑張ります!

 小  運勢は良い・悪いで一喜一憂しがちですが、点で見ないことが大切。悪いと言われても必要以上に怖がることはありません。私たちは社会の中で生きているので、人と関わることで成長していきます。2023年の行動の延長線上に翌年の運勢があります。自ら動き縁を広げ、問題や役割の中から人間力を上げていくと必ず幸せになれますよ。

運勢は毎日変わるもの。一喜一憂せず、まずは今できることで動くことが大切

立春までの間に今後の目標を定めて。


 B  たしか、九星気学では一年のはじまりは立春(2月4日頃)からと言われていますよね。2024年の運勢に変わるまでまだ1カ月ほどあると思うのですが、今年のうちにやっておくと良いことはありますか?

 小  ありますよ! 2023年は干支十干(じっかん)という時間を表す区切りでは「癸(みずのと)」の年。“道筋”という意味合いがあり、今後10年に向けて道筋を作る大事な1年でした。運勢が変わる立春までに、3年後・5年後・10年後に自分がどうなっていたいか、ビジョンを思い描いておくと、2024年は素晴らしいスタートが切れますよ。

 A  あと1カ月、急がないと!

2024年は「笑顔で過ごす」がポイント!


来年は三碧木星が中心に来る年。これからの10年を占う大事な1年になりそう

 A  2024年がどんな年になるか気になるところですが……。

 小  干支で言うと甲(きのえ)・辰の年です。甲は甲冑の鎧や兜を連想する文字。種子が厚い皮に守られていたところから一点突破で芽を出すことや、生命・物事の始まり、成長を意味します。辰は「振るう」という文字に由来していて、自然万物が振動し立ち昇る、つまり成長を表す1年になりそうです。一方で、九星の方位でいうと、朝日を届ける星「三碧木星」が中心にくる年。これまで真っ暗だったところに日が差すことによって輪郭が浮かんでくる。先ほども言ったように良いことも悪いことも明らかになっていきます。人間関係のコミュニケーショントラブルや情報漏洩、不倫や詐欺などにも注意するとよさそうです。

 B  明るいニュースばかりではないかもしれませんね。

 小  それを明るくするのが「三碧木星」の役割。暗いニュースが多くてもできるだけ笑顔で過ごすことを心がけると、運気アップにつながるはずです。

「良いこともそうでないことも笑顔で乗り切ることが大切」と小嶋先生

日々の暮らしに吉方位を取り入れる。


 B  九星気学的におすすめの運気アップの方法はありますか?

吉方位がわかるアプリも活用してみよう

 小  九星気学では、文字通り九つの星が順繰りに位置を変えながら9年を一つのサイクルとして運気の流れを作り出しています。例えば節分の時に「今年の恵方は○○」と聞くこともあるかもしれませんが、恵方(吉方位)は一年を通して変わらないので、新たなチャンスを掴みたいときは、自分が住んでいる場所から恵方の方角にある神社仏閣にお参りにいくと良いですね。特に一年のはじまりである立春の時期から1週間くらいの間にお参りに行くと良いとされています。引越しや人生の大きなイベントの時も、恵方を意識してみてください。

 A  普段の行動に取り入れられるものはありますか?

 小  一年で変わる吉方位以外にも、月替わりや日替わりで変化する方位があります。月の方位は海外旅行など、日の方位は通勤通学やデート、おでかけなどの験担ぎになります。通勤前にこっちの方角のコンビニに立ち寄ってみようとか、そんな程度で大丈夫。

 B  あまり神経質になりすぎず、楽しみながら取り入れるのが良いかもしれないですね。

 小  その通り! 日々の行動の積み重ねで運は必ずひらきます。2024年もみなさんにとって良い一年でありますように。

九星気学で運気アップ! 開運のためのアクション

24年の吉方位は「東北東」の少し東側。

「恵方」と呼ばれる吉方位は、年神様である歳徳神(としとくじん)がいる方角。

歳徳神とはその年の福徳を司る神様で、毎年その方角は変わります。

2024年の吉方位は「東北東のさらに少し東側」。

立春や夏至、冬至など季節の変わり目に、自宅から見て吉方位の方角にある神社仏閣など神聖な場所を参拝すると、運気を高めることができます。

参拝は自宅から近すぎると効果が得られないため、最低でも直線距離で750m以上離れた場所を訪れましょう。

方角の割り出しはアプリなどで確認を。

家をパワースポットに変えるアイテムとは?

家の中にも気を呼び込むアイテムを置いて運気アップ!

来年は家の中心から見て東にお酒やハーバリウム、盛り塩など、水や海に関係するものやカレンダー、ドー ナツなど穴が空いたものを置いてみて。

酸っぱい食べ物で運気を引き寄せる。

2024年のラッキーフードは「酸っぱいもの」「弾けるもの」

例えばレモンやグレープフルーツなどの柑橘類と炭酸をあわせたドリンクなどがおすすめです。

※2024年1月中に小嶋先生の鑑定を申し込みの方は、予約の際に「月刊fuを見た!」で鑑定価格を特別割引。詳しくはホームページから。

【2024年1月の運勢】今月の九星気学占い

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

ふーぽ編集部
writer : ふーぽ編集部

ふくいのことならお任せあれ! グルメ、イベント、おでかけスポットなどなどふくいのいろんな情報をお届けします。

おすすめ情報が届くよ

ふーぽ公式LINEはこちら

Follow us

ふーぽ公式Instagramはこちら

こちらもクリック!情報いろいろ

キーワード検索

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる