「第2の人生は、地域とつながるものづくりを。」敦賀市のgarage craft JUNK PUNK・藤長隆司さん【嶺南こんにちは通信】

「第2の人生は、地域とつながるものづくりを。」敦賀市のgarage craft JUNK PUNK・藤長隆司さん【嶺南こんにちは通信】

こんにちは、ふーぽ編集部です。

嶺南在住クリエイターがいま会ってほしいローカルピープル情報をお届けする【嶺南こんにちは通信】

 

今回は、敦賀市のgarage craft JUNK PUNK(ガレージクラフト ジャンクパンク)のオーナー・藤長隆司(ふじながたかし)さんです。

お気に入りの嶺南スポットも教えていただきました。

第2の人生は、地域とつながるものづくりを。

敦賀市の井の口川近く、閑静な住宅街の一角に佇む「ガレージクラフトジャンクパンク」。

クラフトマンの藤長隆司さんは自宅兼工房のガレージ内で、ジャンク品や木、鉄、ガラスなどの異素材を組み合わせたハンドメイドのオーダー家具と雑貨を手がけています。

 

生まれ育った敦賀を離れ、高浜町で単身赴任をしながら会社員として働いていた藤長さんですが、ものづくりを始めたのは約20年前のこと

自宅の新築をきっかけに、家族との暮らしに「あったらいいな」と思うものを作り続け、ついには庭にカフェ風の小屋を建てるまでに。

「いつか敦賀で、ものづくりを生業にしたい。好きなことで人のためになりたい」という思いが強くなり、会社員の傍ら、作品作りに必要なノウハウを独学で身に付けました。

 

38年間勤めた会社を56歳で早期退職し、クラフトマンの道に進むことを決意。第2の人生を歩み始めて1年半が経ちます。

 

現在は、SNSや口コミ、市内外のイベントなどで直接お客さんから注文を受けて製作・販売しています。

「依頼者の要望を形にして、喜ばれることが何よりもうれしく、創作の励みです」と話します。

センスと個性が光る自作の小屋


さらに今、積み上げてきた経験を生かして新しい試みに挑戦しています。

住民有志と、商店街などで廃業した空き店舗を片付けて不用品を回収し、次の持ち主となってくれる人を見つける活動です。

藤長さんが目指すのはサスティナブルなものづくり。

「木の廃材や端材、不用品を、アイデアや工夫を凝らしてよみがえらせたい。捨てられたものに、命を吹き込めたら」と意気込みます。

端材で作った木製カフェトレイ

「一生クラフトマンを続けていくつもり」と日々製作に情熱を傾ける一方、コーヒー好きが高じて、自作したカフェ風小屋で自家焙煎のコーヒー豆の販売も始めました。

二足のわらじを履きながら、セカンドキャリアを歩みます。

「次の夢は山間に、家族と隠れ家的なカフェを開くことかな。まだ種をまき始めたばかりだけど、ワクワクするね」と穏やかに笑います。

ものづくりを通じて、地域に新しい風を吹かすたくらみを着々と構想中。夢が花を咲かせる日が楽しみです。 

garage craft JUNK PUNK(ガレージクラフトジャンクパンク)

福井県敦賀市櫛川95‒7‒8
☎090-9761-7807
【営】9:00~17:00
【休】不定休
Instagram

 

 

お気に入りの“嶺南”スポット

敦賀港の倉庫【敦賀市】
藤長さん

岸壁近くに建ち並ぶ明治、昭和初期の倉庫群と倉庫前の広い道は、港町独特の風情ある雰囲気でとても素敵です。

いつも朝日と潮風を浴び、眺めながらジョギングしています。

夕焼けとのコラボもお気に入り。

フォトジェニックな風景です。

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

ふーぽ編集部
writer : ふーぽ編集部

ふくいのことならお任せあれ! グルメ、イベント、おでかけスポットなどなどふくいのいろんな情報をお届けします。

LINEにおすすめ情報が届くよ

Twitter

こちらもクリック!情報いろいろ

新着の記事

あわせて読みたい

キーワード検索

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる