「いつも見守るように店の空気を作る男女。」福井市の十人十色 diningsにある“米谷清和「Phone-女」「Phone-男」1979年”【福井の或る場所のアート】

「いつも見守るように店の空気を作る男女。」福井市の十人十色 diningsにある“米谷清和「Phone-女」「Phone-男」1979年”【福井の或る場所のアート】

こんにちは、ふーぽライターのcowbellrikoです。

福井の“とある人と場所”のアートを紹介するコーナー【福井の或る場所のアート】。

福井で制作をする美術作家さんのことや、こんなところで見つけたスゴイ作品のことなどすぐそばに、そこに或るアートを探して見つけてお届けします。

今回は、福井市の十人十色 diningsにある米谷清和“「Phone-女」「Phone-男」1979年”です。

十人十色 dinings【福井市】
米谷清和「Phone-女」「Phone-男」1979年

右側の男性像は、ぜひお店で確認してほしい。「母は米谷さんご本人と付き合いがあり、この絵も図録掲載されています」

 

いつも見守るように店の空気を作る男女。

オーナーシェフの吉田さんは、店に自身で購入した作品を飾る予定でしたが「母が大事にしていた絵が合うのでは」と掛けてみたところ、ぴったりフィット。

お母様が生前に「一目見て気に入ってその場で会場の人に欲しいと交渉したのよ」と話していた絵だそうです。

オープンな厨房から向き合う位置に絵があるため「見守られている、って感じかな」とはにかむ吉田さん。

 

公衆電話の色と形が時代を感じさせ、男女のポーズが意味深です。

背景にあるのは北陸の空のようなしっとりとした深めの、決して青空ではない青。

暖かな灯りの下に浮かび上がる2枚の絵を前にお酒をたしなむ夜を、そろそろ楽しみたいものです。

 

米谷清和(よねたにきよかず)

1947~福井市生まれ。多摩美術大学大学院修了。都市に暮らす人間の“何気ない日常に潜むもの”をテーマに日本画で描く。元多摩美術大学教授

十人十色 dinings

福井県福井市順化2-7-16 城戸ビル2F
【営】18:00~22:30(22:00LO)
【休】日曜・不定休
Instagram

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

cowbellriko
writer : cowbellriko

エビとイチゴとワインが好き。
国内外問わず、よく人に道を聞かれます。
世界の美術館を巡ること、あちこちの芸術展を回ること、がライフワークです。
アート系ウエブメディア「芸術専門楽群(略してゲイセン)」の中の人です。

▼芸術専門楽群
https://www.geisen.art/

LINEにおすすめ情報が届くよ

Twitter

こちらもクリック!情報いろいろ

キーワード検索

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる