【2021お年玉プレゼント】蒔絵職人・山口明子さんの手仕事、戦国武将ゆかりの文様の蒔絵入りグラスを3名様にプレゼント!

【2021お年玉プレゼント】蒔絵職人・山口明子さんの手仕事、戦国武将ゆかりの文様の蒔絵入りグラスを3名様にプレゼント!

こんにちは、ふーぽ編集部です。

合計43名様に福井のスペシャルな商品をプレゼントする「ふーぽお年玉プレゼント!」

今回はその中から、越前市の蒔絵職人・山口明子さんの手仕事「戦国武将の文様の蒔絵入りグラス」を3名様にプレゼントします!

 

【⇒すべてのお年玉プレゼントをチェックする

蒔絵(まきえ)とは、漆器に金粉や銀粉を使って絵や文字を描く日本古来の技法です。

 

漆器に蒔絵をすることで、見映えがより華やかになり、高級感がグッと増します。

通常の絵柄としては、桜や紅葉などの植物や、蝶や鳥などの動物が多いのだそう。

 

 

福井県越前市に住む蒔絵職人の山口明子さんは、石川県輪島市で長年、輪島塗の蒔絵師としての修業を積み、賞今は福井で職人として活躍しています。

展覧会などの受賞経験もあり、普段は一点ものなど付加価値の高い商品を手がけています。

また、「若い人にも蒔絵をカジュアルに楽しんでほしい」という思いから、天然素材のアクセサリーやガラスなどの素材に蒔絵を描くことも多いようです。

グラスの文様は(左)斎藤道三の「二頭立波紋」、(中)武将・直江兼続が兜の前立に掲げた「愛」、(右)明智家の家紋「桔梗紋」


今回、山口さんが用意していただいたプレゼントは、家紋など戦国武将にちなんだ文様を手作業で描いたグラス3種類です。


蒔絵の技法は、こうして漆器に限らずさまざまに活かされているんですね。

 

描かれている文様の一つは、現在放送中のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」でおなじみ、言わずと知れた明智光秀、明智家の家紋である「桔梗紋」


もう一つは、これも同ドラマの初期の頃に登場していた斎藤道三の「二頭立波(にとうたつなみ)紋」

 

一つは、越後の上杉家に使えた武将、直江兼続が兜の前立に掲げた「愛」の文字。

 

側面だけでなく、グラスの底にも緻密な蒔絵が施されています。
ちなみに、市場価格ではグラス1つで8,000円(税抜)相当とのこと。


こんな豪勢なグラスで日本酒でもいただいたら、戦国武将になった気分で天下布武でも目指したくなりますね。

 

\プレゼントの応募はこちら! /


蒔絵職人・山口明子さんの手仕事
「戦国武将の文様の蒔絵入りグラス」を
3名様にプレゼント!

※どの文様のグラスが届くかはお楽しみ♪



ぜひふるってご応募くださいね♪
《応募締切:2021年1月17日(日)》
応募はこちらから!

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

ふーぽ編集部
writer : ふーぽ編集部

ふくいのことならお任せあれ! グルメ、イベント、おでかけスポットなどなどふくいのいろんな情報をお届けします。

LINEにおすすめ情報が届くよ

Twitter

こちらもクリック!情報いろいろ

新着の記事

あわせて読みたい

キーワード検索

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる