【料理人にきいた】おうちごはんレシピ ~ドフィノア ポテトグラタン~

こんにちは、ふーぽ編集部です。

福井県内の料理人に、おうちでも簡単にできる本格レシピを聞いて、編集部が作ってみる「おうちごはんレシピ」

いろんなジャンルのレシピを紹介していきます!

もっと美味しくなる仕上がる、料理人ならではのポイントも3つ紹介するので、ぜひポイントを守って楽しく料理してみてくださいね♪

 本日のメニュー

ドフィノア ポテトグラタン

フランスのドフィネ地方で"母の味"として愛されている、薄切りポテトのグラタン。
シンプルだからこそ生クリームの濃厚さを楽しめる一皿に、心まで温まります。

 

 材料【2人分】

・ジャガイモ(メークイン):中3個
※今回は小6個を使いました。
・生クリーム:300cc
・牛乳:150cc
・バター:少々
・ニンニク:少々
・塩コショウ:お好みで

<流し液>
・卵黄:1個
・生クリーム:100cc
・パルメザンチーズ:少々

 

 作り方

1ジャガイモは皮をむいてスライサーで厚さ2mmほどにスライスする。

2中火で熱した鍋に、バターとニンニクを入れる。
  バターが溶け、ニンニクの香りがバターに移ったらニンニクを取り出す。

32に生クリームと牛乳を入れて、沸いたら弱火にし、1を入れる。このときお好みで塩コショウで味を調える。

4とろみがついたら火を止め、グラタン皿に移す。蓋をして、180℃のオーブンで15分加熱する。

5<流し液>の卵黄と生クリームを混ぜ、流し入れる。
  上からパルメザンチーズを振りかけ、焼き色がつくまで再び180℃のオーブンで加熱する。(目安:5分)

 

 料理のコツ・ポイント

ジャガイモは、型崩れしにくいメークインを使います。
うまみを逃がさないために、水にはさらさないこと。そうすることで、とろみも出ます。

蓋をすることで均一に火が通ります。

作り置きしたいときは、大きめの耐熱容器で作り、冷蔵保存しましょう。

流し液の代わりに、ピザ用チーズ(適量)を使うのもアリ。

流し液で仕上げた方が、より本格的な味に近づきます。

 

 本日の料理人

Grand・chef KÛZÊ グラン・シェフ クーゼー
久世 康史 
さん

食を楽しむ「食楽」がコンセプトのフレンチレストラン。
京都のホテルで腕を磨いたシェフが作る「9種類のプレートランチ」が人気。

【Shop Info】
福井県福井市今市町40-1-1 ハーモニーホールふくい敷地内
☎ 0776-38-8833

 

 

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

ふーぽ編集部
writer : ふーぽ編集部

ふくいのことならお任せあれ! グルメ、イベント、おでかけスポットなどなどふくいのいろんな情報をお届けします。

こちらもクリック!情報いろいろ

編集部おすすめ

新着の記事

あわせて読みたい

キーワード検索

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる