覚えておくと絶対便利!おいしい「しおレシピ」はいかが?

覚えておくと絶対便利!おいしい「しおレシピ」はいかが?

こんにちは、ふーぽ編集部のMKです。

月刊fu3月号(2020.2.25発行)で掲載された“しおレシピ”から、基本の「塩豚」と「塩トマト」のつくり方を紹介しちゃいます。

誌面では掲載しきれなかったアレンジレシピもあわせて、たっぷり5品、お届けしますよ!

簡単なのに熟成した旨味が際立つ料理は、定番にしたいメニューばかり♡
“塩”がいい仕事してるんです。

まずは、基本の塩豚から。

写真奥がバラ肉、手前が肩ロース。好みや料理で使い分けて

煮ても焼いても、蒸してもおいしい!
【 塩豚 】

《材料》
・豚バラまたは豚肩ロースブロック 500g
・塩(肉の3%) 大さじ1

《作り方》
① 豚のブロック表面にフォークで穴をあけ、キッチンペーパーで水分を拭き取る
② 塩を肉の表面にまんべんなくすりこみ、ラップをして冷蔵庫で保存して熟成させる
③ 1日に1回、肉から出た水分を拭き取り、都度、密封する
④ 3~5日置いて完成

Point
熟成することで旨味がUP!最低3日は寝かせるのがおすすめ。

 

それでは塩豚をつかって、メイン料理を作っていきます♪

カリっと、じゅわっと甘旨い
【 塩豚のロースト 】

《材料》
・塩豚(バラ) 500g
・好みのサラダ 適量
・コショウ、レモン汁、バルサミコ酢、マスタード すべて適量

《作り方》
① 塩豚を1%程度の薄い塩水に半日つけて塩抜きをする
② 塩豚にコショウをふり、フライパンで油をひかずにカリッと焼く。このときキッチンペーパーなどで肉から出た油を取る
③ レタスやベビーリーフなどサラダとともに盛り付ける。レモン汁やバルサミコ酢、マスタードなどと一緒に食べる

Point
塩抜きは真水だと旨味まで抜けてしまうので注意して。

 

ネギだれと好相性♪
【 蒸し塩豚 】

《材料》

・塩豚 500g
・ネギの青い部分 1本
・ショウガ 1/3片
・好みの野菜 適量
(たれ)
・青ネギ 2本
・ショウガ1/3片
・ニンニク 1/2片
(★)
・酢 大さじ4
・砂糖 小さじ2
・醤油、ゴマ 各大さじ1
・塩 小さじ1/2
・ゴマ油 小さじ1

《作り方》
① 塩豚の表面の水分をキッチンペーパーで拭き取り、蒸し器にキャベツか白菜、ネギの青い部分とショウガのスライスを敷いて15~20分蒸す。この時、レンコンやカボチャなど好みの野菜も一緒に蒸す
②(たれを作る)ネギ、ショウガ、ニンニクをみじん切りし、★と混ぜ合わせる

Point
バラかロースか料理で使い分けを。蒸すならロースの方がさっぱり仕上がります。

 

野菜に旨味がしみっしみ
【 塩豚のポトフ 】

《材料》
・塩豚 500g
・ジャガイモ 中2個
・ニンジン 1本
・玉ネギ 1個
・キャベツ 1/4個
・昆布 10cm
・水 1リットル
・ニンニク 1片
・ローリエ 1枚
・オリーブオイル 大さじ1
・バター 10g
・コショウ 適量

《作り方》
① 昆布は水に浸けておく。塩豚は2cmくらいに切る。野菜は大きめに切っておく(ジャガイモと玉ネギは半分、ニンジンは大きめの乱切り、キャベツはそのまま)
② 鍋につぶしたニンニクとオリーブオイルを熱し、コショウを振った塩豚を焼き目がつくくらいに焼く
③ 昆布水、野菜、ローリエを鍋に入れ、中火で野菜が柔らかくなるまでコトコト煮る
④ 鍋から昆布とローリエを抜き、バターを入れる。塩で味をととのえる
⑤ 好みで粒マスタード、ゆず胡椒、山うになどを添える

Point
塩豚からいい出汁が出るので、コンソメいらずです♡

 

続いて、塩トマトを作ります。

ソースにもスープにも!
【 塩トマト 】


《材料》
・トマト 2個(400g)
・塩 40g
・ハチミツ 大さじ2(40g)
・ニンニク 1片

《作り方》
① トマトは洗って水気を拭き、へたを取って5ミリ角に切って汁ごと保存容器にいれる
② 塩とハチミツ、すりおろしたニンニクを混ぜ合わせ、冷蔵庫で半日以上、熟成させる

Point
「汁だけ」使って肉や魚の下味に、「トマトだけ」でサラダの具に、「汁ごと」使えばスープに万能♪

 

塩トマト料理は2品。

カンタン洋風炊き込みご飯
【 塩トマトピラフ 】

《材料》
・塩トマト(汁ごと) 大さじ4
・米 2合
・コーン 50g
・玉ネギ 1/3個
・ウインナー 4本
・水 適量
・バター 20g

《作り方》
① 炊飯器に洗った米と塩トマトを入れ、2合の目盛りまで水を入れる。コーン、みじん切りした玉ネギ、スライスしたウインナーを加えて混ぜ、炊く
② 炊き上がったらバターを混ぜ合わせる。好みで塩トマト(トマトだけ・分量外)をトッピングする

Point
塩トマトの量は少なめに作って、あとからトッピングで調整しましょう。

 

トマトの甘酸っぱさが決め手
【 塩トマトチキン南蛮 】

《材料》
・塩トマトの汁 大さじ2
・鶏もも肉 1枚
・小麦粉 大さじ1
・卵 1個
・コショウ 適量
(タルタルソース)
・塩トマトの実だけ 大さじ1
・玉ネギ 1/4個
・ゆで卵 1個
・マヨネーズ、コショウ 各適量

《作り方》
① 鶏肉を厚みが均一になるように切り開き、塩トマトの汁をかけて1時間置く
② 肉にコショウをかけ、小麦粉、卵にくぐらせてキツネ色に揚げる
③(タルタルソースを作る)玉ネギは水分が出ないようレンジにかけてからみじん切りし、タルタルソースの材料をすべて混ぜる

Point
塩トマトの汁を肉にかけて時間を置くことで、しっかりと下味がつき、肉が柔らかくなりますよ。

 

◎ レシピ考案 ◎

だしソムリエ

水嶋 昭代
さん
だしソムリエ認定講師、日本昆布協会昆布大使、野菜ソムリエプロ。2020年3月9日開催の「働きママン応援マルシェ」でみそ玉作りのワークショップあり。

 

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

MK
writer : MK

「おいしいものしか食べたくない」がテーマ。
主に、ふくいの食べもの、飲みもの、うつわ(職人)について書いてます。ときどき、オシャレもしたくなります。
エジプトと古墳時代、ジブリも好きです。県内のアート情報にも目を光らせています。

LINEにおすすめ情報が届くよ

Twitter

こちらもクリック!情報いろいろ

新着の記事

あわせて読みたい

キーワード検索

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる