料理人のうちごはんレシピ「ニース風 豆腐サラダ」をシェフに教えてもらったよ♪

料理人のうちごはんレシピ「ニース風 豆腐サラダ」をシェフに教えてもらったよ♪

こんにちは、ふーぽ編集部です。

毎日おうちごはんを考えるのって大変ですよね。
たまにはいつものレパートリーとは違う一皿を作ってみませんか?

福井県内の料理人たちに、家庭で手軽に作れる一皿を教えてもらう、「料理人のうちごはんレシピ」のコーナーです。

今回は、福井県吉田郡永平寺町にある「La poste(ラ ポスト)」のシェフに、夏にぴったり! 爽やかな「ニース風 豆腐サラダ」の作り方を教えていただきました! 

豆腐に、アンチョビや黒オリーブ、木の芽をあしらって、南フランスのニース風にアレンジ。
ちょっと気取ってナイフとフォークで味わいたくなる一皿です。

\今回教えてくれた料理人/
La poste
近岡 靖二 
さん
越前町のフランス料理店で14年間シェフを務め、2016年8月「La poste」を開店。無農薬野菜を使ったサラダが約12種類並ぶ、ランチタイムの「サラダバイキング」が好評。

 

ニース風 豆腐サラダ

 

材料(2人分)

・絹ごし豆腐 1丁
・ミニトマト 2個
・エンドウ豆 20粒
・黒オリーブ 2個

〈ソース〉
・アンチョビフィレ 20g
・ニンニク 1片
・白ワインビネガー 大さじ1
・エクストラバージンオリーブオイル 大さじ4
・木の芽の葉 5g
・粗びきコショウ 適量

(以下はあれば)
・千切りジャガイモの素揚げ 適量
・飾り用の木の芽 適量

 

作り方

 

絹ごし豆腐は、2時間ほど冷蔵庫に入れ、水気を切っておく。(※1)

 

近岡さん
【POINT】(※1)
水を入れたプラスチック容器など、平らな重石を豆腐の上に置きます。
水気を切ることで崩れにくく、ソースが絡みやすくなります。

 

 

ソースは粗びきコショウ以外の材料をミキサーにかける。(※2)
ペースト状になったら、粗びきコショウで味を調える。

 

近岡さん
【POINT】(※2)
材料がなければ、木の芽はパセリ、白ワインビネガーは酢で代用可。
コショウは、ミキサーをかけ終わった後に入れると、香りが一層引き立ちます。

 

 

ミニトマトと黒オリーブは4等分に切る。エンドウ豆は塩(分量外)を加えて下茹でする。

 

6等分に切った豆腐と③を盛りつけ、②をかける。

 

\完成!/

 

 

【ひと工夫でもう一品!】

中身を掻き出したトマトに一口大に切った豆腐を入れる。②に同量のマヨネーズを混ぜて、上からかける。250℃のオーブンで焼き目がつくまで約3分焼いたら完成。(※3)

 

近岡さん
【POINT】(※3)
トマトとマヨネーズがあればできる、お手軽なアレンジ品もどうぞ。
濃厚なソースとトマトの酸味がちょうどよく、クセになるおいしさです。
 

La poste(ラ ポスト)

福井県吉田郡永平寺町東古市9-35-2
0776-63-1165
【営】ランチ11:00〜13:30、ディナー17:30〜21:00(LO)
【休】月曜、火曜
公式サイト

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

ふーぽ編集部
writer : ふーぽ編集部

ふくいのことならお任せあれ! グルメ、イベント、おでかけスポットなどなどふくいのいろんな情報をお届けします。

LINEにおすすめ情報が届くよ

Twitter

こちらもクリック!情報いろいろ

新着の記事

あわせて読みたい

キーワード検索

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる