福井の庭園カフェ6選。日本庭園やガーデンを眺めながら、至福のティータイムとランチを。

福井の庭園カフェ6選。日本庭園やガーデンを眺めながら、至福のティータイムとランチを。

こんにちは、ふーぽ編集部です。


自然豊かで、季節の移ろいを感じられる、福井県内の「庭園カフェ」を6店紹介します。


歴史ある日本庭園から、季節の花が咲き誇るイングリッシュガーデンまで、魅力的な庭が満載です。


おいしいものとともに、心癒されるひとときを過ごしませんか。

※価格はすべて税込み表記です。


\こちらの記事もおすすめ/
【⇒福井県内の美しい庭のあるお寺4選】
【⇒福井県内のおすすめ庭園5選】

ガーデンを見下ろして、体が潤うランチを。

花番地(はなばんち)【高浜町】

食べるほどに体が潤う「野菜たっぷりランチセット(デザートとドリンク付き)」1,500円

 

青葉山のふもとにあるカフェ「花番地」の庭は、まるで小さな森。
ガーデンアーチをくぐり、緑の合間を縫って進んでいくと、ログハウスが現れます。

 

「席に座った時の視界や目線の高さに合わせて、植える花のレイアウトを考えています」とオーナーは言います。

秋はキバナコスモスやセージ、シュウメイギクなどが花を咲かせ、緑の中に彩りを添えます。

「野菜たっぷりランチセット」のデザートとドリンク

 

自家製野菜をふんだんに使用するランチには、季節ごとに“食べられる花”が添えられることもあります。


生命力みなぎる植物を眺めながらいただく丁寧な味わいに、気持ちはどんどん開放されていくようで、自然と笑顔になっていきます。

庭を散策すれば、アンティーク雑貨とともに花が飾られる光景も

 

今後は、ガーデン雑貨をはじめ、珍しい花苗や野菜苗も販売予定。


庭づくりのヒントや楽しさも教えてくれるカフェです。

花番地(はなばんち)

福井県大飯郡高浜町小和田34-4
0770-72-1369
【営】ランチは金・土曜のみ11:30~15:00(前日15時までに要予約・10食限定)、ガーデン雑貨等の販売は水~土曜の11:30~15:00

 
 
和の粋を感じながら、山を愛でて一服。

愛山荘(あいざんそう)【越前市】

池を中心に据え 青た庭園は、回遊しながらの鑑賞も。飲み物は抹茶や珈琲から選べる

 

地元名士の別荘として、1916(大正5)年に建てられた邸宅「愛山荘」

 

国登録の有形文化財に指定される1700坪の広大な敷地には、数奇屋造の主屋と離れ、そして蔵座敷や茶室が配置されています。

屋久杉を贅沢に使用した天井や、鳥や松の彫刻が施された欄間などの意匠も見どころです。

 

邸宅から眺める庭園は、四季折々の緑や花で季節を感じとることができ、秋になるとキンモクセイが香り、鮮やかな紅葉に染まります。

 

館内で手打ちする蕎麦の美味しさも評判

 

木々の間に見える越前富士「日野山」も庭園と見事に調和し、「山を愛でる時間を過ごしてほしい」という、主人の想いを感じながらのティータイムが楽しめます。

庭園のなかに閑静な茶室が佇む。茶室内も見学出来る

 

まちなかにありながら、豊かで奥深い大自然と空の広さに気付かせてくれます。

愛山荘(あいざんそう)

福井県越前市若竹町6-27
0778-23-5011
【営】10:00~16:00(2日前までに要予約)
【休】不定休
【料】入館料1,100円(ケーキ・飲み物付き)、1,600円(蕎麦・ケーキ・飲み物付き)
公式サイト

 
 
秋のバラは色も香りも、ひときわ鮮やか。

Rose Cafe 風のガーデン【越前市】

お茶のお供には「シャインマスカットパイ」580円など焼き立てのフルーツパイを

 

静かな住宅街の中に姿を現すイングリッシュローズガーデン

 

70種類のバラや季節の花々が植えられ、10月には秋バラが見ごろになります。

秋のバラは春に比べて花数は少ないものの、花持ちもよく、色の鮮やかさや香り高さが優れるそう。

 

爽やかな風と、花や緑の香りを感じられるテラス席が、秋の特等席です。

オーナーが丹精こめて育てたバラが咲き誇る

 

ここでいただけるメニューも「ローズティー」520円をはじめ、バラが香るものが揃います。

 

2020年10月20日(火)からは「秋バラフェア」が始まり、メニューの割引などのサービスもあるそうです。

 

華やかな香りの「薔薇サンデー」550円

 

可憐なバラに身も心も癒されて、時が経つのを忘れる心地よさだ。

Rose Cafe 風のガーデン

福井県越前市芝原5-14-54
0778-67-8883
【営】8:00~18:00(モーニング8:00~10:30、ランチ11:00~14:30)
【休】月曜、第1・3日曜
公式サイト

 
 
季節が深まるなかの、珈琲時間を。

茶房 樹の音(きのおと)【鯖江市】

庭の向こうにも樹木が茂り、森の中にたたずんでいるような気分

 

邸宅を改装した喫茶店の庭は約200坪の広さ。

一面に苔が広がり、サクラなどの木々や草花が季節ごとの色を織りなすのが楽しめます。

 

秋にかけてはススキやキンモクセイ、そしてモミジの紅葉が見ごろを迎えます。

現在は真冬と真夏を避けて、屋外席の「庭カフェ」のみ営業しています。

 

「ウインナーコーヒー」は520円。飲み物に+300円でケーキが付く

 

秋の風を感じながら味わうコーヒーのお供には、「焼きチーズケーキ」が定番。

 

ふんわりとした口当たりと濃厚な味わいに加え、焼き色が香ばしく美味しい一品です。

駐車場横にある庭への入り口。店内での飲食は休業中で、大人数での来店も控えてほしいとのこと

 

 

風に揺れる木々の葉音とともに安らかな時間に誘ってくれます。

茶房 樹の音(きのおと)

福井県鯖江市三六町1-17-14
0778-51-6193
【営】12:30~17:00頃
【休】月~水曜(雨天時は休業、祝日は不定期営業)
公式Facebook

 
 
ガラス越しに、揺れる緑を眺めて。

KUWON Cafe(クウォンカフェ)【若狭町】

店内には昔の調度品が置かれ、歴史の重みがそこかしこに

 

築300余年を数える、大きな茅葺屋根の一軒家を改装したカフェ

庭好きだったという店主の祖父がつくった庭を、今は店主夫妻が手入れしながら大切に受け継いでいます。

 

庭に面した窓にはまるのは、今では貴重な「大正ガラス」。

陽の光で揺らめいて見える微妙なゆがみが美しく、庭の趣を際立たせています。

ミントティーゼリーが爽やかな「バナナの甘酒スムージー」500円と、甘さ控えめの「プリンケーキ」350円

 

大豆ミートと野菜中心のランチや、手作りの甘酒や塩麹を使用したスイーツなど。

 

丁寧な味わいを堪能しつつ、刻まれた歴史といにしえの美しさを感じてみて。

庭に植えられた大きなヒマラヤスギは、遠くからでも目印に

KUWON Cafe(クウォンカフェ)

福井県三方上中郡若狭町北前川39-1
0770-45-0232
【営】11:00~17:00※要予約
【休】月・火・水曜

 
 
テラスでも、お皿の上でも、庭の自然を満喫。

白山亭(はくさんてい)【勝山市】

しっとりした抹茶のケーキがまるで本物のコケのような「苔ティラミス」700円。チョコレートで岩が表現される

 

平泉寺白山神社参道脇のカフェの看板メニューが「苔ティラミス」

美しいコケで知られる境内をイメージした緑の“庭園”が皿の上に広がります。

 

甘酒と白みそを使ったティラミスに抹茶を振りかけ、砂糖の枯山水を挟んで、ほぐした米粉のケーキでモコモコのコケ庭を演出。

抹茶の風味がふわっと広がる“コケ”の味わいに心がほどけていきます。

 

花や植物を身近に感じるテラス席

 

この一皿を楽しむなら、テラス席がおすすめ。
自然豊かな地域一帯が大きな庭のよう。

 

店内も周辺で摘んだモミジなどの植物で彩られています。

季節のフルーツ酵素を使った「豆乳のスムージー」や「甘酒のジンジャーエール」各680円。

白山亭(はくさんてい)

福井県勝山市平泉寺町平泉寺65-1
0779-87-0307
【営】10:00~16:00(ラストオーダー15:30、水曜はランチ休み)
【休】火曜(冬季休業)
ふーぽで詳しく紹介した記事はこちら

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

ふーぽ編集部
writer : ふーぽ編集部

ふくいのことならお任せあれ! グルメ、イベント、おでかけスポットなどなどふくいのいろんな情報をお届けします。

LINEにおすすめ情報が届くよ

Twitter

こちらもクリック!情報いろいろ

新着の記事

あわせて読みたい

キーワード検索

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる