福井県嶺南地方の“名物もち”を巡る旅。福井県住みます芸人・ 飯めしあがれこにおさんが案内するよ。

福井県嶺南地方の“名物もち”を巡る旅。福井県住みます芸人・ 飯めしあがれこにおさんが案内するよ。

こんにちは、ふーぽ編集部です。

若狭町在住の福井県住みます芸人・飯めしあがれこにおさんが、敦賀市から高浜町まで嶺南六市町の“名物もち”を巡る旅

若狭もちもち道中の始まり始まり〜。

\案内人/

飯めしあがれこにおさん
福井県住みます芸人。
おおい町出身。
2021年、若狭町に移住。
福井街角放送「Dailyよしもとラジオ」(月~金)出演、ふーぽ「福井よしもと芸人日記」連載中。

若狭もち街道マップ

嶺南6市町別“名物もち”

スタートは敦賀市から。いざ、もちもちの旅へ!

 

【敦賀市】銘菓処 笑福堂「求肥昆布」

1箱10枚入り税込648円


「求肥昆布」は北前船と縁が深く、何と江戸時代から伝わるとされる敦賀名物なんだそう。

「笑福堂」では職人が手削りした道南産のおぼろ昆布と地元のもち米を蒸して練り合わせる一子相伝の味を楽しめます。

羽二重餅よりも餅に近いコシのある食感で、表面の砂糖は上品に甘く、噛むほどに昆布の旨味が広がります。

これはクセになりそう〜!

銘菓処 笑福堂

福井県敦賀市昭和町2-21-31
☎0770-22- 4747
【営】11:00~19:00
【休】不定休
ホームページ

 

【美浜町】中西製菓「ひし餅」

1個税込150円(2022年は2/26~3/3販売、要予約)

 

「中西製菓」では約40年前から桃の節句に求肥で作る甘いひし餅を販売。

かつて美浜町では学校給食で出されていて、当時をなつかしむ人からも人気なのだとか。

美しいひし形とは裏腹に、ふわふわ食感!

一枚ずつめくって食べるかガブッといくかはお好みで。

草餅を裏返したような「よもぎあんころもち」は滑らかなこしあんと歯切れのよい餅が絶妙。1個税込125円、3日前まで要予約

 

新感覚の「よもぎあんころもち」など、ありそうでなかった餅菓子に出合えますよー。

 

中西製菓

福井県三方郡美浜町久々子18-11
☎0770-32-0130
【営】8:00~18:00
【休】不定休

 

【若狭町】前豊製菓舗「いが饅頭」

6個税込450円、8個税込600円(前日までに要予約)


三方石観世音の名物として春と秋のお彼岸に食べられてきたという「いが饅頭」を通年販売

朝づきの米粉のだんごでこしあんを包み、色をつけたもち米が華やか。

 


栗のいがを表しているとか、伊賀忍者が暗号に色付けした米を使っていた、など謎めいた由来も面白い!

むちむちのだんごにしっかり甘いこしあん、甘くないもち米が最高です。

 

こにお
何個でもいけちゃいます!

前豊(まえとよ)製菓舗

福井県三方上中郡若狭町北前川50-19
☎0770-45-0070
【営】8:00~18:00(冬季は~17:00)
【休】第3水曜

 

【小浜市】和洋菓子 カレー焼 あかお「みたらしだんご」

4本入り税込380円(イートイン可)


知る人ぞ知る、「あかお」の「みたらしだんご」は約30年来の人気商品

少し大きめの米粉のだんごが2個ずつ刺さった見た目もかわいい♡

甘じょっぱい特製みたらしは、ほんのり甘いだんごと相まって、ずっと食べていたいおいしさです。

ほかにあべかわや赤飯なども魅力的。

小浜のソウルフード「カレー焼」と交互に食べれば無限ループを楽しめます!

 

こにお
食べやすいサイズ感がうれしいな~。

 

和洋菓子 カレー焼 あかお

福井県小浜市駅前町6-38 
☎0770-52-0645
【営】9:00~19:00
【休】火曜

 

【おおい町】季節屋「とちもち」

(左)あんなし3個税込510円~、(右)あん入り3個税込540円~(要予約)

 

僕の地元・おおい町で食べ継がれてきた「とちもち」は、乾燥させたとちの実を10日間水につけ、皮をむいてから灰であく抜きし、自家製のもち米「タンチョウモチ」と一緒に蒸し上げるという手間ひまのかかるもの。

ほろ苦いとちの実と餅本来の味わいを感じられる“あんなし”と、素朴な甘さの“あんいり”

どちらも必食の滋味深い絶品です!

季節屋

福井県大飯郡おおい町名田庄久坂4-36
☎0770-67-2088
【営 】水曜、土曜13:30~18:00、ほか曜日は予約対応
【休】火曜

 

【高浜町】源六餅本舗「源六餅」

1個税込110円、10個箱入り税込1,200円。予約が安心


2年後に創業100年を迎える老舗の餅店。

北海道で江戸献上の和菓子をならった初代から受け継ぐ「源六餅」一本で勝負

良質のもち米を蒸してついた餅は驚くほど滑らかで、口に入れるとすぐになくなってしまうほど。

通は冷蔵庫でかたくして食べる人もいるとか。

珍しいニッキとよもぎ、プレーン(ピンク)の3種。

上品で舌触りのよいこしあんも、さすがです。

 

こにお
ニッキの香りがさわやか~

 

源六餅本舗

福井県大飯郡高浜町三明2-56
☎0770-72-0022
【営】9:00~18:30
【休】1・10・20日


いかがでしたか?

こにおさんが美味しそうに食べる様子を見ていると、食べたくなってしまいました。

もちもちの「餅」を探す嶺南の旅に、出掛けてみてはいかがでしょうか。

 

 

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

ふーぽ編集部
writer : ふーぽ編集部

ふくいのことならお任せあれ! グルメ、イベント、おでかけスポットなどなどふくいのいろんな情報をお届けします。

LINEにおすすめ情報が届くよ

Twitter

こちらもクリック!情報いろいろ

新着の記事

あわせて読みたい

キーワード検索

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる