普段とはひと味違う世界のプディングレシピ3選。クリスマスの新しいデザートにも!

普段とはひと味違う世界のプディングレシピ3選。クリスマスの新しいデザートにも!

こんにちは、ふーぽ編集部です。

世界各地で親しまれているプディングは国によって見た目も味もさまざま。

今回は家庭でも気軽に作れるレシピをご紹介します。

 

\教えてくれた人/

岩﨑優子さん
福井市在住。世界の郷土菓子をアレンジしたお菓子を販売する「Voyage Blue(ボヤージュブルー)」主宰

《イベント情報》
「古民家で、世界のプディングtime」
2022年12月3日(土)10時~16時
場所:福井ふるさと茶屋 杵と臼
個性豊かな世界各国のプディング約10種類を食べられ、“プディングで世界旅”を楽しめる。
予約可能、焼き菓子テイクアウトあり

詳しくはInstagram(@voyageblue2022)をチェック

プディングから垣間見える歴史や文化を楽しんで。

プディングは子どもから大人まで世界中で愛されているお菓子。

しかし、イギリスで19世紀頃に誕生したクリスマスプディングは、もともと肉類の保存性を高めるためにプラムやスパイスと一緒に食べるスープのようなものだったそう。

時代が変わり、今ではクリスマスに欠かせないデザートに。

 

家族みんなが一人ひとり願い事をしながら時計回りにかき混ぜる、材料に指輪などのラッキーチャームを入れて翌年の運勢を占うといった風習も受け継がれています。

例えば、気温が高いブラジルでは生クリームよりも扱いやすい練乳がプディングに使われ、トルコではアジアから米やスパイスが渡った歴史が垣間見える、などプディング一つとっても国によってさまざまな背景があります。

 

実際に作りながら、味はもちろん、日本との文化の違いを楽しんでみてください! 

 

クリスマスプディング

クリスマスに食べるイギリスの伝統的なプディング。1カ月以上前から仕込みます。

【材料】(直径15cm程の耐熱ボウルを使用)  

・無塩バター※あれば牛脂 80g
・きび砂糖 50g
・黒砂糖 30g
・卵 2個
・洋酒漬けドライフルーツ 200g
・りんご(細かく刻む) 1/2個
・ローストアーモンド(刻む) 20g
・パン粉 100g
・薄力粉 50g
・シナモン 2g
・ナツメグ 少々
・ラム酒 30cc
・ブランデー 30cc
・牛乳 大さじ1
・レモン汁 大さじ1  

<ブランデーバター>
・無塩バター 50g
・粉糖 50g
・ブランデー 大さじ1

【作り方】

  1. 無塩バター(または細かく刻んだ牛脂)を柔らかくしてきび砂糖と黒砂糖を混ぜる。
  2. パン粉、薄力粉、シナモン、 ナツメグを混ぜ合わせる。
  3. ①のボウルに②と、<ブランデーバター>以外の材料をすべて入れ、時計回りに混ぜる。
    この時指輪などチャームを入れても良い。
  4. バター(分量外)を塗った型に押し付けるように生地を入れ、オーブンシートとアルミホイルをかぶせる。
  5. 布巾を敷いた鍋に④を入れて湯を注ぎ弱火で1時間半~2時間蒸す。
  6. 余熱が取れたら型のまま冷蔵庫の野菜室などで2週間から1カ月ほど熟成。
    食べる当日は型のまま1時間半蒸すか型から出してレンジで温める。柔らかくした無塩バターに粉糖、ブランデーを混ぜたブランデーバターを添え、温かいうちに食べる。
POINT! 

蒸すときは型の高さの半分くらいまで鍋に湯を注ぎます。

湯がなくならないよう気をつけながら弱火でじっくり加熱しましょう。

食べる直前に、温めたブランデーをかけ火をつけるとクリスマスらしい雰囲気に。

火が消えたら切り分けます。

 

プジン ジ レイチ コンデンサード

ブラジルの練乳プリン。どっしりと濃厚で、どこか懐かしい味わい。

【材料】(21cmエンゼル型を使用)

<カラメル>
・グラニュー糖 50g
・湯 25cc

<プリン液>
・練乳 300g
・卵 5個
・牛乳 500cc

【作り方】

  1. 鍋に砂糖を入れて熱し、茶色く色づいたら湯を入れてカラメルを作る。型の側面にも行き渡るようにカラメルを流し込む。
  2. プリン液の材料をよく混ぜてザルや茶こしで濾して、カラメルの上に注ぎ入れる。
  3. 布巾を敷いたバットに②を置き、50℃の湯を型の1/3の高さまで注ぐ。余熱なし150℃のオーブンで40分焼き、しばらく庫内で落ち着かせる。
  4. 冷蔵庫で1~2日冷やし型から抜く。
POINT! 

穴あきの型でなければ焼く時間は10分ほど長めに。

練乳の量を2倍にすると現地の味により近づける。

 

ムハッレビ

米粉で作るトルコのミルクプリン。 チャイと一緒に召し上がれ。

【材料】3~5皿分) 

・砂糖 50g
・米粉 50g
・牛乳 500cc
・バニラエッセンス(あれば) 少々

【作り方】

  1. 鍋に砂糖を入れて米粉を加えてよく混ぜる。ダマを作らないために砂糖と米粉をなじませておく。 
  2. 牛乳とバニラエッセンスを加えよく混ぜて火にかける。とろみがつくまで絶えずヘラでかき混ぜる。 
  3. 器に流し、冷蔵庫で固まるまで冷やす。スパイスやナッツをトッピングして食べる。
POINT! 

トッピングのスパイスはお好みですが、たっぷりのシナモンとナッツをかけて食べるのが本場の食べ方。

 


いかがでしたか? 

世界には独自の文化で誕生した様々なプディングがありました。

 

日本では珍しい海外のプディングを、自宅で再現して味わってみては? 

 

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

ふーぽ編集部
writer : ふーぽ編集部

ふくいのことならお任せあれ! グルメ、イベント、おでかけスポットなどなどふくいのいろんな情報をお届けします。

LINEにおすすめ情報が届くよ

Twitter

こちらもクリック!情報いろいろ

新着の記事

あわせて読みたい

キーワード検索

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる