ペットの食育のすすめ。犬も猫も食べられる、手作りごはんレシピもご紹介♪

ペットの食育のすすめ。犬も猫も食べられる、手作りごはんレシピもご紹介♪

こんにちは、ふーぽ編集部キノです。

コロナ禍で、新しくペットを家族として迎えたり、ペットとの時間を充実させたいと考える人達が増えているみたいですね。

ところで、ペットの食事をみなさんはどうしていますか?
ペットフードをあげていれば何も問題ナシ!・・・とも言い切れないのです。

今回は、ペットの健康に大きく関わる”食”についてのお勉強です!

\教えてくれた人/
川島みなえさん

鯖江市の「犬の美容室ハッピー」オーナー。ペット食育協会認定指導士。
ペットのための手作りごはん教室などのセミナーを開催。※Instagramで告知。

 

ペットフードばかりは良くない?

ペットフードは総合栄養食として優れているため、決して悪いわけではありません。

ただ、ずっと同じペットフードを与え続けることは、同じ原材料や添加物を食べ続けることになります。
品質や原材料を第一に考えて、ペットフードを選んでみてくださいね。

また、無理のない範囲で、手作りごはんを取り入れてみるのがおすすめです。
「人間の料理をあげちゃダメ」と思い込んでいる人もいますが、そんなことはありません!
※ただし、動物ごとに食べてはいけない食材があるので確認は必須(次項目を参照)。


食材選びからできる手作りごはんは、安心安全でもありますし、ペットの食いつき具合も良くなることが多いです。


ペットも人間と同じで、同じものを食べ続けるより、いろんなものを食べられると喜びます

私たちより寿命が短い分、できる限り”食の喜び”を教えてあげましょう。

 

手作りごはんを作るときの注意点

動物ごとに食べさせてはいけない食材があるので、確認が必要です。

《犬にあげてはいけないもの》
◆ネギ類 ◆チョコ ◆アルコール ◆カフェイン ◆ぶどう・レーズン ◆乳製品 ◆ナッツ ◆レバー ◆ほうれん草 ◆アボカド ◆さくらんぼ など

《猫にあげてはいけないもの》
◆ネギ類 ◆チョコ ◆アルコール ◆カフェイン ◆ぶどう・レーズン ◆乳製品 ◆ナッツ ◆レバー ◆ほうれん草 ◆青魚 ◆イカ・タコ・貝類 ◆香辛料 ◆塩分の強いもの ◆生米 など


ペットごとに体調や年齢、運動量を把握した上でメニューや量を考えることも大切


また、人間と一緒で、ペットも新しい食べ物を口にすると、腸がびっくりしてお腹を下すことがありますが、体が元気ならばそこまで心配する必要もありません。

好き嫌いも出てくるので、少しずつ好みを把握していきましょう。

 

犬も猫も食べられる! 手作りごはんレシピ

意外と知られていませんが、犬も猫も肉食です。

肉などに含まれるタンパク質は、筋肉を維持するため必要なエネルギー源なので、積極的に食べさせましょう。
さらに、野菜炭水化物もプラスすれば、バランスのよいメニューになりますよ。

丸のみしても喉につまらないように、ペットの大きさに合わせて食べやすい大きさに細かく刻むこともポイントです。

 

\犬も猫も食べられる!/

ミニスコッチエッグ

【材料】(6個分)

・合挽き肉…150g
・うずらの卵…6個
・絹ごし豆腐…10g
・小麦粉…適量
・かつお節…お好みで

【作り方】

 うずらの卵でゆで卵をつくる。

 合挽き肉に絹ごし豆腐を入れて白っぽくなるまでよくこねる。

 ②を6等分にして、丸めて平らにして、その上に茹でたうずらの卵をのせて、丸く包み込む。

 冷蔵庫でしばらく寝かせたら、小麦粉を薄くまぶし、油をひいたフライパンで弱火~中火でじっくり焼く。

 仕上げにかつお節をかけたら完成。

 

\犬も猫も食べられる!/

鶏ハム

【材料】

・鶏のむね肉…1枚
・ニンジン…お好みの量

【作り方】

 鶏むね肉の皮を取り除く。

 ニンジンを細かく切ったら、レンジで温めて柔らかくする。

 鶏肉を広げて、ニンジンをパラパラと置く。

 鶏肉をクルクルと丸めてラップに包み、さらにビニール袋に入れて沸騰したお湯に10分入れる。火を止めてお湯が冷めるまでそのままにしておく。

 お湯が冷めたら、鍋から取り出して冷蔵庫に入れて少し休ませる。食べやすく切ったら完成。

 



「犬の美容室ハッピー」のホームページには、ほかにも美味しそうなレシピが掲載されているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。


ペットの健康は、飼い主に委ねられます。
家族の一員として、愛情はもちろん、責任をもってお世話しましょう~!

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

キノ
writer : キノ

どこでも行って、何でも食べる「足も顎も丈夫な女」を目指しています。

インスタ映えしないけど味のあるモノやコトが好き。
社会で日々戦う皆さまと私の心をほっこり癒してくれるような情報を探し出したいと思います。

LINEにおすすめ情報が届くよ

Twitter

こちらもクリック!情報いろいろ

新着の記事

あわせて読みたい

キーワード検索

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる