「今日も世界一かわいい」。鯖江市の眼鏡店経営 小棹さんの愛車はフィアット 500L【私とクルマ】

「今日も世界一かわいい」。鯖江市の眼鏡店経営 小棹さんの愛車はフィアット 500L【私とクルマ】

こんにちは!ふーぽ編集部のSです。

お気に入りの1台と、いつもの日々。クルマが欠かせない福井で暮らす人たちの「カーライフ」をのぞいてくる「私とクルマ」

今回は、鯖江市在住の眼鏡店経営、小棹克也さんです。

 
小棹さん
僕にとって、フィアットはただの「移動手段」じゃないんです。

このクルマを走らせるために出かけるほどだから、「楽しみ」と言う方がしっくりきます。
 

そんな小棹さんの愛車はコチラ! 

FIAT 500L(フィアット500L)


「ルパン三世 カリオストロの城」、「グラン・ブルー」などの映画にも登場する4人乗り小型車。

車種名のLは伊語Lusso(豪華)から。1970年式。

 

小棹さん
室内は見た目以上にコンパクト。

運転席に座ったまま助手席の窓に手が届きます。

直角なところが見当たらない、丸っこいデザインにも惚れ込みました。
 

三角窓は手動で開閉

 

小棹さん
三角窓から風が抜けると、エアコンがなくても快適です。

キャンバストップは、走行中の振動を逃がす役割があるそうです。

 

「直列2気筒、空冷式リアエンジン。エンジンルームのフードを半開きに固定して、冷やしながら走ります」

 

小棹さん
21馬力しかないので山道でスピードは出ませんし、交差点で立ち往生したこともあります。

後続のドライバーにご迷惑をかけているのですが、思いのほか温かい眼差しを向けてもらうことが多くて。

50年も前のクルマだからでしょうか。

ありがたいことです。

 

1988年式ミニも所有。オースチンのマークワン仕様に大改造した。室内のロールバーは、コーナーを攻めてもボディがひしゃげない

「給油口が2つある“ダブルタンク”に改造して、忠実に再現しました。実は、一方はフェイクです」

ドアポケットにひっそり、ガソリンの携行缶

 

小棹さん
FIAT 500Lは乗り始めて20年、今日も世界で一番かわいいです。

自然の中が最高に似合うので、岐阜の郡上や越前海岸の方まで、嫁さんとまたドライブしたいですね。

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

S
writer : S

「今日を愉快に」がモットー。
福井でご機嫌にお酒が飲めるところ、雰囲気のいいカフェに、ゆるゆると出没しています。最近はクルマにも興味あり。
今年も、なにか楽しいことが起こりそうなネタを探してきます!

LINEにおすすめ情報が届くよ

Twitter

こちらもクリック!情報いろいろ

新着の記事

あわせて読みたい

キーワード検索

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる