今すぐ簡単! 明るく前向きになれる「チルアウト」のすすめ。日々のストレスを解消して心も体も健康に。

今すぐ簡単! 明るく前向きになれる「チルアウト」のすすめ。日々のストレスを解消して心も体も健康に。

こんにちは、ふーぽ編集部です。

「チル」や「チルアウト」という言葉を聞いたことがありますか?

「チル」とは「くつろぐ」「まったりする」「落ち着く」といった状態を示し、「チルする」とは自分と向き合い、心を開放する時間を持つことを意味しています。

今回はストレスの多い毎日の暮らしの中で、心身を健康に保つ簡単な「チルアウト法」についてご紹介します。

 

\教えてくれた人/

平井 有美さん
仁愛大学大学院人間学研究科の助手として臨床心理学を専攻。
スクールカウンセリングも行う

「チル」って何?


日本で「チル」「チルアウト」という言葉が知られるようになったのは、1990年代頃から。

「くつろぐ」や「まったりしている」という意味で使われることが多いようです。

 

人は強い緊張や不安を感じると、心の状態が不安定になり、物事をマイナスにとらえがち。

その逆の安定した状態がいわゆる「チル」状態です。

 

臨床心理学ではチル状態のことを「リラクゼーション」といいますが、緊張や不安がほぐれることで、ネガティブな思考から放され、身体の力が程よく抜けた状態に。

明るく前向きな気持ちになる・疲労を感じにくくなるなど、さまざまなメリットが生まれます。

 

 

チル状態を作るコツ。

臨床心理学では、日々のストレスを解消し、リラクゼーション状態を作り出すための「ストレスコーピング(対処方法)が数多く研究・開発されています。

なかでも、気持ちに焦点を当てる方法は日常でも気軽に取り入れやすいでしょう。

 

例えば、雰囲気のいいカフェでくつろぐ、海辺でまったりする、好きな音楽を聞いてのんびりする、なども方法の一つ。

ストレスの原因となるものから距離を置き、その人が好きなことをすることで、日々の不安や緊張を和らげるという方法です。

 

程度の差はあれど、ストレスを抱えることの多い現代人には、毎日少しでも「チル」な時間を作ることが心身を健康に保つ秘訣。

自分に合った方法で「チル」を楽しみましょう。

 

 

今すぐカンタン! チルアウト法

忙しくてなかなか気分転換ができない。

そんな方のために、簡単に「チル」状態を作り出す方法をご紹介します。

気持ちを早く落ち着けたい時や眠れない時に。

4・4・8呼吸法

 楽な姿勢で椅子に腰掛け、腹部の動きを意識するために、へその上に軽く手を置く

 腹式呼吸で2~3 回呼吸し、息を吐き切る

 4秒かけて息を吸う

 4秒息を止める

 8秒かけて息を吐く

 を4回くりかえす

 

 

緊張を解いてリラックスしたい時に。

漸進的筋弛緩法(ぜんしんてききんしかんほう)

 両手を10秒間ギュッと握り力を入れ、15~20秒間脱力する

 次に上腕、背中、肩、首、顔、腹部、足の順番で、先ほどと同様にからだの各部分に10秒間力を入れ、15~20秒間脱力する

 最後に全身の筋肉に一度に10秒間力を入れ、ゆっくりと力を抜いて弛緩させる

 力を抜いたときの筋肉のゆるむ感覚や、身体があたたかくなる感覚を意識しながら繰り返すと効果が高まる

 



いかがでしたか?

日々のストレス解消のために、ちょっとした時間を見つけて、自分に合ったチルアウト法を試してみてくださいね。

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

ふーぽ編集部
writer : ふーぽ編集部

ふくいのことならお任せあれ! グルメ、イベント、おでかけスポットなどなどふくいのいろんな情報をお届けします。

LINEにおすすめ情報が届くよ

Twitter

こちらもクリック!情報いろいろ

新着の記事

あわせて読みたい

キーワード検索

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる