◎9月のごちそうレシピ◎「秋鮭と生姜の土鍋ごはん」

◎9月のごちそうレシピ◎「秋鮭と生姜の土鍋ごはん」

こんにちは。ふーぽ編集部のMKです。

毎月、旬の食材や季節の行事に合わせたレシピをお届けする「ごちそうレシピ」。

今月のレシピは、秋鮭と生姜の土鍋ごはんです。

そろそろ新米の声が聞こえる季節。9月から11月にかけて川に上る直前の、脂がのった秋鮭を土鍋ごはんで炊き込みます。甘いごはんとホクホクの秋鮭を、ミョウガや大葉などの薬味と一緒に楽しんで。

□■材料(4人分)■□


・米 2合
・生鮭 2切れ
・ショウガ 80g

【調味料】

・醤油 小さじ3
・みりん 大さじ1
・酒 大さじ1
・昆布だし 380cc
・塩 4つまみ

 

□■作り方■□

1. 米は研いで30分浸水させ、鮭は酒大さじ1、塩少々(各・分量外)を振って臭みを取る

2. 土鍋に米を入れ、【調味料】を加える。よく洗って皮のまま千切りしたショウガを敷き詰め、その上に皮と骨を除きキッチンペーパーで水気を取った鮭をのせる

3. 1を弱火にかけ鍋が温まったところで強火にし、沸騰してフタの穴から蒸気が出たら弱火に落とし13分加熱する

4. 火を止めて10分蒸らす。鮭の身をほぐしながらかき混ぜ、器によそう

5.
 好みで大葉やミョウガの千切り、刻みネギ、炒りゴマ、なめ茸(すべて分量外)をトッピングする

 

nishoku
3でごはんを13分加熱したら、最後に15秒だけ強火にして火を止めましょう。
無駄な水分が飛んで食感が良くなり、おこげも楽しめますよ♡

 

 

□■レシピ考案・調理■□ 

nishoku(にしょく)

大野市在住。野菜ソムリエの三嶋香代子とナチュラルフードコーディネータの村上洋子によるフードユニット。
「心に美味しく、体を幸せに。」をテーマにレシピを提案。「月刊fu」でレシピ連載中。

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

MK
writer : MK

「おいしいものしか食べたくない」がテーマ。
主に、ふくいの食べもの、飲みもの、うつわ(職人)について書いてます。ときどき、オシャレもしたくなります。
エジプトと古墳時代、ジブリも好きです。県内のアート情報にも目を光らせています。

こちらもクリック!情報いろいろ

編集部おすすめ

新着の記事

あわせて読みたい

キーワード検索

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる