◎11月のごちそうレシピ◎「味噌と甘酒の発酵鍋」

◎11月のごちそうレシピ◎「味噌と甘酒の発酵鍋」

こんにちは。ふーぽ編集部のMKです。

毎月、旬の食材や季節の行事に合わせたレシピをお届けする「ごちそうレシピ」。

今月のレシピは、味噌と甘酒の発酵鍋です。

味噌と甘酒、豆板醤の発酵調味料を使った「発酵鍋」。

深い味わいのスープに体の芯から温まりますよ。

肉や野菜がしっかりとした旨味とやさしい甘味をまとい、格別の味わいです。

 

nishoku
鍋だしのニンニクとショウガ、豆板醤はあらかじめ炒めて香りを引き出しましょう

 

□■材料(4人分)■□


・豚バラ 200g
・豆腐 1丁
・ネギ 3本
・白菜 1/4個
・モヤシ 1袋
・ニラ 適量
・白ゴマ 適量

〈鍋だし〉
・ニンニク 3片
・ショウガ 1片
・豆板醤 小さじ1
・八丁味噌(他の味噌でも可) 80g
・鶏ガラスープの素 大さじ1
・水 400cc
・甘酒(原液タイプは規定量の水で溶く) 400cc

□■作り方■□

1. ネギ1本を5cm幅に切り、ゴマ油と塩少々(各分量外)を熱したフライパンに入れて焼く。このとき、焼き目を付けるため、あまり動かさない。

2. 土鍋に油(分量外)を引き、みじん切りしたニンニクとショウガを入れて弱火で炒める。

3. 香りが出たら豆板醤を加え、一旦火を止めて味噌を入れてなじませる。水で溶いた鶏ガラスープを注いで中火にかけ、味噌を溶かす。

4. 甘酒を加えて混ぜ合わせ、煮立ったところに豚バラ、食べやすく切った豆腐を入れる。

 POINT  
甘酒は原液を使うと自然な甘味で風味がよく、糀の舌触りも楽しめる


5.
 ブツ切りした白菜、斜め切りしたネギ2本を加え、最後に1の焼きネギと白ゴマを散らす。

6. モヤシと食べやすく切ったニラは混ぜておき、食べる直前に都度、鍋に入れてサッと火を通す。

 

nishoku
シメは粉チーズとオリーブオイルをかけたパスタもおすすめ。

ご家庭ごとのアレンジを楽しんでくださいね♡ 
 
 

 

次回、12月のごちそうは、
寒サバのしゃぶしゃぶ」です。


お楽しみに~!

連載のバックナンバーはこちら

□■レシピ考案・調理■□

nishoku(にしょく)

大野市在住。野菜ソムリエの三嶋香代子とナチュラルフードコーディネータの村上洋子によるフードユニット。「心に美味しく、体を幸せに。」をテーマにレシピを提案。「月刊fu」にて、おべんとうレシピを連載中。

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

MK
writer : MK

「おいしいものしか食べたくない」がテーマ。
主に、ふくいの食べもの、飲みもの、うつわ(職人)について書いてます。ときどき、オシャレもしたくなります。
エジプトと古墳時代、ジブリも好きです。県内のアート情報にも目を光らせています。

LINEにおすすめ情報が届くよ

Twitter

こちらもクリック!情報いろいろ

新着の記事

あわせて読みたい

キーワード検索

必見!ふーぽイチオシ情報PR

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる