◎6月のごちそうレシピ◎「鯖の南蛮漬け 入梅仕立て」

◎6月のごちそうレシピ◎「鯖の南蛮漬け 入梅仕立て」

こんにちは。ふーぽ編集部のMKです。

毎月、旬の食材や季節の行事に合わせたレシピをお届けする「ごちそうレシピ」。

今月のレシピは、鯖の南蛮漬け 入梅仕立てです。


《入梅(にゅうばい)とは季節が変わる目安となる雑節のひとつで、2020年は6月10日。

ちょうど梅の実が熟す頃で、この日から続く長雨を「梅雨」と呼んでいます。


サバの南蛮漬けを煮切ったみりんと酢、梅干しで、さっぱり“入梅仕立て”にすれば、暑い時季にもぴったりのごちそうです。

 

nishoku
みりんを煮詰める「煮切りみりん」のひと手間でとろみがつき、まろやかな味わいに♡
甘味が引き立つので、砂糖の量も減らせますよ。

 

□■材料(4人分)■□


・生サバ(塩サバは塩抜きしてから使う) 8切れ
・片栗粉 大さじ1
・玉ネギ 1個
・アスパラ 3本
・ジャガイモ 中1個
・ニンジン 1/3本
・みりん 500cc
・酢 500cc
・鷹の爪 1個
・梅干し 4個
・塩 小さじ1/2
・砂糖 大さじ2~3

□■作り方■□

1. サバを食べやすい大きさに切り、醤油と酒(各適量・分量外)で下味をつける

2. キッチンペーパーで水分を取り、片栗粉を両面にまぶし、170℃の油で揚げる

3. みりんと鷹の爪、梅干しを火にかけてみりんが半量になったら火を止め、砂糖、塩、酢を加える

4. 千切りしたジャガイモを水にさらして沸騰した湯にさっと通し、千切りしたニンジンと3の甘酢 大さじ4と一緒に袋でもみこみ、なますを作る

5.
 残りの甘酢をバットに流し、塩茹でして斜め切りしたアスパラと薄切りした玉ネギ、揚げたサバを漬け、冷蔵庫で約半日、味をなじませる

 

nishoku
鯖の南蛮漬けをバゲットではさんでサバサンドにしてもおいしいですよ♪

 

 

連載のバックナンバーはこちら

□■レシピ考案・調理■□

nishoku(にしょく)

大野市在住。野菜ソムリエの三嶋香代子とナチュラルフードコーディネータの村上洋子によるフードユニット。「心に美味しく、体を幸せに。」をテーマにレシピを提案。「月刊fu」でレシピ連載中。

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

MK
writer : MK

「おいしいものしか食べたくない」がテーマ。
主に、ふくいの食べもの、飲みもの、うつわ(職人)について書いてます。ときどき、オシャレもしたくなります。
エジプトと古墳時代、ジブリも好きです。県内のアート情報にも目を光らせています。

LINEにおすすめ情報が届くよ

Twitter

こちらもクリック!情報いろいろ

新着の記事

あわせて読みたい

キーワード検索

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる