「ギャップにやられました」。福井市の教員 牧野さんの愛車はベンツ280SL【私とクルマ】

「ギャップにやられました」。福井市の教員 牧野さんの愛車はベンツ280SL【私とクルマ】

こんにちは!ふーぽ編集部のSです。

お気に入りの1台と、いつもの日々。クルマが欠かせない福井で暮らす人たちの「カーライフ」をのぞいてくる「私とクルマ」

今回は、福井市在住の教員、牧野主典さんです。

 

牧野さん

仕事が落ち着いて、子どもの手も離れて、今やっと好きなクルマを存分に走らせる時間が持てるようになりました。休みには妻と三国から永平寺町まで、海山川を巡っています。


そんな牧野さんの愛車はコチラ!

メルセデス・ベンツ 280SL。通りがかりの男性が撮影を手伝ってくれました。

1968年式、「タテ目」のヘッドライトとルーフラインが特長。ハードトップは着脱自由で、オープンカーにもなります。

屋根の真ん中がへこんでいるパゴダルーフ

 
牧野さん

本当は僕と同い年の1955年式に乗りたかったけど、なかなか高額で手が出なくて。このクルマはベンツがフェラーリやポルシェとタイムを競い合って作ったスポーツカーですから、排気量の割にスピードが出るんですよ。

佇まいは品が良くエレガントなのに、耐久性のあるエンジンで、坂道を攻めるパワフルさがある。このギャップにやられました。

 

パネル周りのデザインがお気に入り。「細くて白いハンドルは純正。シフトレバーも白でカッコイイんですよ」

 

牧野さん

福井の街なかで、1965年式の230SLとすれ違ったことがあるんです。その時、向こうのオーナーが手を振ってくれて。今では部品の情報を交換したり、信頼しているメカニックの人を紹介する仲です。

長く乗り続けるために、できるだけ手をかけてやりたい。旧車好きって、そんな人ばかりなんですよ。

 

「クルマの写真を撮らせて」と、街で声を掛けられることもよくあるそう。後ろ姿も様になりますね

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

S
writer : S

「今日を愉快に」がモットー。
福井でご機嫌にお酒が飲めるところ、雰囲気のいいカフェに、ゆるゆると出没しています。最近はクルマにも興味あり。
2019年も、なにか楽しいことが起こりそうなネタを探してきます!

こちらもクリック!情報いろいろ

編集部おすすめ

新着の記事

あわせて読みたい

キーワード検索

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる