健康とキレイを手に入れよう! 第1回 今日から始める「美髪」習慣【日々の女子メンテ】

健康とキレイを手に入れよう! 第1回 今日から始める「美髪」習慣【日々の女子メンテ】

こんにちは。ふーぽ編集部のSです。

休日はゆっくり、自分の体と美容のメンテナンスをしませんか。
【日々の女子メンテ】では、女性の健康とキレイにまつわる、役に立つ情報をお届けしていきます。

 

第1回のテーマは「美髪」

肌と違い、髪の毛は一度傷むと自己修復ができないって知っていますか?
美髪は一日にしてならず。日ごろの習慣で美しさを保ちましょう!

(左)健康な髪  (右)キューティクルが開いた髪

美髪の鍵は 「キューティクル」を開かせないこと。

外部刺激から髪を守るキューティクルは、魚のウロコのように重なって髪の表面を覆っています。
熱や摩擦に弱く、簡単に剥がれたり開いたりしてしまうため、乾燥や切れ毛、枝毛の原因に。

艶とハリのある美髪には、「キューティクルを開かせないこと」が重要です。

 

 

美髪習慣その1 「向き」を意識する

キューティクルは、髪の根本から毛先、上から下に向かって重なっています。

髪を洗う時は上から下へ指を動かす、ドライヤーの風は根本から毛先に向けて当てることで、キューティクルの開きを最小限にとどめられます。

 

 

美髪習慣その2 目の粗いブラシを使う

絡んだ髪をブラシで引っ張るようにとかすなど、過度なブラッシングはキューティクルを傷めるだけでなく、頭皮にも無理がかかってしまいます。

髪はデリケート。「目の粗いブラシで優しくとかす」が鉄則です。

 

 

美髪習慣その3 タオルドライが最強

髪がベタベタに濡れた状態でドライヤーをあてると、急激な温度差でキューティクルが傷むことに。
髪をこすらず、タオルで十分に水分をふき取るひと手間が美髪を作ります。

濡れた状態はキューティクルが開いているので、素早く乾かして。自然乾燥はNGです。

 

 



美髪習慣その4 アイロン前にトリートメント

ヘアアイロンを使うと髪にツヤが出ますが、熱によってダメージを受けることもあります。
毎回、洗い流さないトリートメントを付けて、髪をコーティングしてからスタイリングを。

【取材:福井県理容美容専門学校】

 

 

先生、教えて!

健康とキレイの専門家に、日ごろからギモンに思っていたことを聞いてみよう・相談してみようのコーナー。

(敦賀市・20代女性) 
Q ツヤツヤのロングヘア―が目標。キレイに伸ばす方法、教えてください!

A 人の髪は1カ月で約10mm伸び、体温が高い頭頂部付近は、それ以上伸びます。
健康な髪を育てるには、「毛穴」が大事。

最近のシャンプーはすすぎやすく改良されていますが、おおざっぱに流すだけでは、どうしても毛穴にすすぎ残しがでてしまいます。

毛穴が詰まっていると、毛穴のサイズに合わせて損傷しやすい細い髪が生えてくるようになったり、抜け毛が増えることもあります

地肌に指を立てて当てたら、マッサージするように小刻みに動かして、時間をかけてしっかりと洗い流すようにしてください。熱すぎるお湯は髪に良くないので、ぬるめを意識しましょう。

毛穴をクレンジングできるシャンプーを使うのもオススメです。

日々のケアでキューティクルを守りながら、地肌を整えて、美しいロングヘア―を目指しましょう。

答えてくれた人 福井県理容美容専門学校 澤田栄一さん

 

※この連載は、子宮頸がん健診の受診率UPと、女性のキレイと健康を応援する福井新聞社が展開するキャンペーン「ふくいキレイ女子大」の企画です。

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

S
writer : S

「今日を愉快に」がモットー。
福井でご機嫌にお酒が飲めるところ、雰囲気のいいカフェに、ゆるゆると出没しています。最近はクルマにも興味あり。
2019年も、なにか楽しいことが起こりそうなネタを探してきます!

こちらもクリック!情報いろいろ

編集部おすすめ

新着の記事

あわせて読みたい

キーワード検索

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる