【前編】週刊少年ジャンプ編集長は福井県出身!! 創刊50周年で「ふーぽ」が特別インタビューしたよ!

■ヒットするかどうかは、キャラの魅力がすべて。

ふーぽ
新人漫画家による新連載を強力に打ち出すのもジャンプの特徴ですね。
 

中野編集長
それは、1968年の創刊のすぐ後のころからの伝統ですね。

1959年創刊の少年マガジンと少年サンデーよりもかなり後発だった少年ジャンプは、すでにほかの雑誌に描いているような有名な漫画家たちには描いてもらえなかったんです。

しょうがないから、漫画の新人賞を作って、新人を発掘することでどんどん雑誌の人気を伸ばしていきました。

その流れを汲んでいて、今でもジャンプでは新人漫画家の新連載に勝る企画はないですね。
 

ふーぽ
新連載が決まった新人漫画家さんの心境ってどんな感じなんでしょうか?
 

中野編集長
それは、本当にうれしいと思いますよ。

ベテランになってもその喜びをずっと覚えている漫画家も多いです。

だけど、喜びと同時に、本当に大変な日々が始まるんです。

まずは1週間で19ページ描くというハイペースに慣れるのが一番しんどいようですね。担当編集もそこに気をつけて、まずはスケジュールを守るところからみっちり鍛えていきます。

だけどしんどい日々は、人気が出ても連載が続く限りずっと終わりがないのですから、まさにプロの漫画家の大変なところですね。

 

週刊少年ジャンプ編集部の編集長デスクで原稿をチェックする中野編集長

 

ふーぽ
新人漫画家の作品を見て、どこで良し悪しを判断するんでしょうか?
 

中野編集長
最も重要視するのはキャラクターです。

いいキャラこそが漫画を面白くする。これは間違いない。

キャラにちゃんと人格があって自分の言葉でしゃべっているか、自然なセリフになっているか、という点を特にじっくり吟味しますね。
 

ふーぽ
重視するのはストーリーじゃなくて、キャラクターなんですか?
 

中野編集長
というより、キャラクターがすべてだと思っています。

キャラさえ魅力的なら、どんな舞台設定でも漫画は面白くなるし、ストーリーは自然とできていきます。よく言う「キャラが勝手に動く」というやつですね。

ストーリーの作り方は後から鍛えていけるし、担当編集者もアドバイスしたり一緒に考えられる。

だけど、本当にイキイキと魅力的なキャラクターというものは、作り出すノウハウがないんですよ。

それは、漫画家の中にある熱い想いからしか生まれないと思っています。
 

ふーぽ
いわれてみれば確かに!!

大ヒットする漫画は、主人公も周辺のキャラクターもすごく魅力的ですね。

そもそも、ある漫画を頭に思い浮かべるときは、ストーリーじゃなくてキャラが浮かんできます!
 

中野編集長
でしょ!

「DRAGON BALL(ドラゴンボール)」も「ONE PIECE(ワンピース)」も「SLAM DUNK(スラムダンク)」もみんなそうです。

キャラクターが本当に魅力的だからこそ、その漫画は時代を超えて読まれ続けるし、また国境を越えて世界に広がって人気を獲得していくと思っています。


いかがでしたか?

週刊少年ジャンプ編集長のお仕事や、漫画をとりまく現状と未来についてお聞きした
【⇒⇒⇒  後編はこちら】


週刊少年ジャンプに関するもっと詳しい情報は公式HPで、ぜひチェックしてください!

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

ふーぽ編集部
writer : ふーぽ編集部

ふくいのことならお任せあれ! グルメ、イベント、おでかけスポットなどなどふくいのいろんな情報をお届けします。

LINEにおすすめ情報が届くよ

Twitter

こちらもクリック!情報いろいろ

新着の記事

あわせて読みたい

キーワード検索

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる