カリスマ鉄道写真家・南正時さん個展は本気で見ごたえアリ! 故郷の越前市で12/26まで。

カリスマ鉄道写真家・南正時さん個展は本気で見ごたえアリ! 故郷の越前市で12/26まで。

こんにちは!
ふーぽ編集部じんです。

鉄道写真家の南正時さん(福井県越前市出身)といえば、全国の「鉄っちゃん」の間ではカリスマ的な存在ですよね。

南さんは1946年生まれ。1970〜80年代に手がけた「鉄道大百科」は、シリーズ20冊以上を数えるロングセラーで、当時の鉄道少年たちはみんなこれをバイブルにしていました。ほかにも写真集やエッセイなど著作は数十冊に上ります。

 

その南さんが現在、故郷である越前市の「ふるさとギャラリー淑羅(しくら)」にて、「南正時ふるさと鉄道写真展」を12月26日まで開催中です。

【⇒会場の場所など詳しい情報はこちら】

早速行ってみたところ、いやはや世界に一枚しかないレベルの貴重な写真ばっかりで本当に見ごたえアリ。

しかも入場無料!! さらに会場内撮影OKだと!!

 

ということで、作品写真を何点か掲載しつつ個展の様子をお知らせします。

わたしが個人的に震えた「奇跡の一枚」もご紹介しますね!

【⇒南正時さんのインタビュー記事はこちら】


※記事内の鉄道写真の著作権はすべて南正時さんに帰属します。無断転載は一切禁止します。

越前市にあるギャラリー淑羅の2階が会場です。こんな感じで写真が並んでいます。

作品は、南さんが20代の頃から約50年以上かけて撮影してきた数々の鉄道写真の中から、福井県内で写したものを中心に70点以上を展示。懐かしい蒸気機関車、往年の特急や寝台列車の名車両、新幹線などが走る姿が紹介されています。

なんというか、南さんの写真は列車そのものだけでなく、その当時の街の様子や乗客の姿なども一緒にとらえているのが特徴で、それがすごく郷愁をそそるんですよね~。

あ、南さんだ!!!

そうなんです。現在は東京にお住まいですが、会期の初め数日は会場にいらっしゃったんです。

南さんの生家は、越前市の「武生駅」近くの線路に近い場所にあり、子ども時代もよく列車が走る姿を目にしていたとか。

「いつか故郷で個展を開きたいと思っていたので感無量です。昔の友人もたくさん見に来てくれてありがたい」

と話しておられました。

福井鉄道福武線で、旧型の「200形」の味のある車両(左)と新型車両「フクラム」が隣り合う瞬間


また南さんは自身の作品について、

「鉄道そのものというよりも、鉄道を通して〝時代の空気〟を写している部分が大きいと思う。みんなが写真を見ながら、それぞれの思い出や、記憶の中にある当時の感情を思い出してくれるとうれしいですね」

と、笑顔で語っておられました。


ちなみに、12月23日(日)には13時30分から南さんのトークショー、14時30分からギャラリートークなどが予定されているので、カリスマに会いたいという人はぜひ参加を。


ということで、次ページからは展示作品のほんの一部をいろいろご紹介しちゃいますよ♪

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

じん
writer : じん

雑食系フィールドワーカーにしてアームチェアディテクティブ。なんつって。

サブからメインまでカルチャー全般、ノンジャンルあれこれを事務所NGなしで書き散らかしますよ。

LINEにおすすめ情報が届くよ

Twitter

こちらもクリック!情報いろいろ

新着の記事

あわせて読みたい

キーワード検索

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる