続報!! スターダスト☆レビュー根本要さんに、ふーぽがロングインタビュー!

続報!! スターダスト☆レビュー根本要さんに、ふーぽがロングインタビュー!

こんにちは!
ふーぽ編集部のともきです。

スタレビファンの方、大変長らくお待たせいたしました!

去る1月中旬にあったスターダスト☆レビュー福井公演の直前、ふーぽ編集部に遊びに来てくれた根本要(ねもと・かなめ)さんのロングインタビューをお届けします。


>根本要さん来社のルポ第一弾はこちら【動画あり】

 

デビューから38年にわたる音楽活動のこと、自身が聴いてきた音楽的ルーツの話、若いミュージシャンたちに伝えたいこと、福井への思いなどをじっくりとお聞きしました。

とくとお楽しみください!!

根本 要(ねもと・かなめ)

1957年、埼玉県生まれ。シンガーソングライター、スターダスト☆レビューのヴォーカル、ギターを担当。
1979年にスターダスト☆レビューを結成し、1981年にメジャーデビュー。
「高い音楽性と低い腰」をモットーにデビュー以来、ライブバンドとしても常にエネルギッシュな音楽活動を展開。
また、ラジオの人気パーソナリティーとしても長く活躍中。

 

ふーぽ編集部
今日はふーぽ編集部にお越しいただきありがとうございます。

そしてニューアルバム「還暦少年」の発売とデビュー38周年、本当におめでとうございます!
 

alt="" width="460" height="307" />
根本さん
ありがとうございます。
自分たちでも長年よくここまでやってきたなぁというのが素直な感想です。

僕自身は、中学2年生の時に初めてバンドを組んだ時にはギタリストになりたかったので、実は正直、歌は二の次だったんですが。
 

ふーぽ編集部
ええ! そうなんですか!
高音が印象的なヴォーカリストとしてのイメージが強いので、とても驚きですね。

これからの季節は空気も乾燥しますが、その高音を支える喉のケアは何かされているのですか?
 

alt="" width="460" height="307" />
根本さん
いや、特にしてないんですよ(笑)

プロとしてもちろん体調管理は必須です。だけど、これは僕の持論なんですが、身体は必要以上にケアすると甘えてくると思っています。

実はデビューして10年くらいは、ライブの前に刺激物を控えていたんですよ。だけど僕はカレーが大好物なので逆にストレスが溜まっちゃって。。。

最近はステージに出る前にピリ辛ラーメン食べたりしていますね。僕の場合は少しのどに刺激を与えた方が、いい声が出るんじゃないかなと思っていたりします(笑)
 

ふーぽ編集部
ライブ前でも、できる限りその日の素のままのコンディションを大事にされているんですね。
 

alt="" width="460" height="307" />
根本さん
そうですね。
自分たちの練習してきたことを、出来るだけそのままお客さんに伝えたいと思っています。だから僕はステージに立つことや歌うことが怖くなったことはないんです。 必要以上に気負うことがないから。

僕の人生の大きな節目として小田和正さんとの出会いがあります。もう20年以上の付き合いですが、今でも「お前はリハーサルはうまいなぁ」と言われますね(笑)
 

ふーぽ編集部
ライブ本番ではなく、リハーサルをほめられるんですか!?
 

alt="" width="460" height="307" />
根本さん
そう。リハーサル(笑)

リハーサルのほうがうまいなんてと言われると、普通は落ち込むかもしれませんが、僕は「ほめてもらえた」と凄く嬉しくなるんですよね(笑)

では、リハーサルみたいにうまく本番で歌うにはどうしたらいいのか? 一時期は悩んだこともありましたが、答えは簡単。

肩の力を抜いて、全力で、適当に、楽しむってこと。

まあ、これも簡単ではないかもしれないけれど、もしかしたらこれって人が生きていく上ですごく必要なことなんじゃないかと思っています。
 

ふーぽ編集部
なるほど。

ある意味、スターダスト☆レビューの哲学みたいなものを聞けた気がします。
 

alt="" width="460" height="307" />
根本さん
僕は、練習は絶対に嘘をつかないと思っています。

練習したことが、いきなり結果には出ないかもしれない。けど、それがある時「おっ!」と繋がる瞬間があるんです。

そういうのが楽しみで日々練習していますし、だから僕らスターダスト☆レビューは日本一練習しているバンドだって自信があります。

僕たちはそもそも演奏が上手なグループではありませんでした。だけど、このメンバーで音楽をやれること自体が楽しくて、この雰囲気を大事にしながら、少しでも上手くなりたいと思って30年以上活動してきました。

そして今、還暦を過ぎたけど、昔よりももっと音楽を楽しめている実感がありますね。

 

■ニューアルバム「還暦少年」について。

 

遊び心あふれるジャケットが印象的なアルバムです

ふーぽ
「還暦を過ぎた」って言われても信じられないぐらい若々しいオーラを感じますが・・・。

2018年6月にリリースした4年ぶりのオリジナルアルバム「還暦少年」への思いを聞かせてください。
 

alt="" width="460" height="307" />
根本さん
まず「還暦少年」というタイトルは、中学時代の友人との同窓会での会話から生まれました。

毎年欠かさず中学の同窓会を開いているのですが、一昨年の会で「俺らも今年でリタイアだな」という話題になりました。そこで、「要はずっと遊んでるみたいで、リタイアもなくていいな」って言われて。

そこでハッとしたんです。「そうか、俺遊んでるのか」って(笑)

僕が中学生時代からバンドを組んで音楽をやっているから、同級生にはそう見えたんですね。

その時、「還暦少年」という言葉が頭に浮かんだんです。
 
ふーぽ
まさに根本さんの生き方を体現するような言葉!
 
alt="" width="460" height="307" />
根本さん
僕は音楽が大好きだから、とにかく上手くなりたいとずっと思ってきました。

この「還暦少年」というアルバムに詰まっているのは、「30年以上音楽をやってきた僕らが、昔よりこんなにうまくなりました」という、ファンの皆さんに伝えたい思いなんですね。

いや、でもここで終わりではなく、もちろんこれからもっと先を目指していきますよ。
 

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

お気に入りリストにキープする

キープした読みものはマイページのお気に入りリストでご覧いただけます。
ともき
writer : ともき

ふくいの食に関することが大好きな、ふーぽ編集部おいしい「食」担当。
ふくいのおいしい情報を中心に、野菜ソムリエとしての視点も活かした記事をお届けしま す。 最近のマイブームは農家さんや漁師さんからの情報収集。ふくいの食は奥が深い!

こちらもクリック!情報いろいろ

編集部おすすめ

新着の記事

キーワード検索

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

キーワード検索

話題のキーワード

メニュー閉じる