現地仕込みの味とレシピが家庭でも再現できる! サヌックさんのタイ料理教室に参加してきました。

現地仕込みの味とレシピが家庭でも再現できる! サヌックさんのタイ料理教室に参加してきました。

こんにちは、お料理ヲタクな時々fuライター、マンボです。

先日、ずーっと気になっていた「タイごはん サヌック Sanook」(福井市)の「おうちでできるタイ料理教室」に参加してきました。

タイ料理をはじめとする東南アジア料理は全くの初心者なのですが、料理本ではわからない本場仕込みの味の秘密をいくつも気づかせてもらえる、おいしくて楽しい講座でした。


お料理は“料理番”のガチ現地仕様!

ランチ時には、たくさんのお客さんで賑わっているサヌックさん。

教室は同店のお料理番、伊藤輝美さんが講師を担当します。
タイ在住歴20年、現地の友人などから教わった完全現地仕様なメニューの数々を、教室では家庭でも再現しやすい調理法や材料にアレンジして教えてくれます。

タイ在住歴20年以上の伊藤さん


参加したのは7回目の教室。

昨秋からの半年で教室は1クールを終え、2クール目の始まりの回だったので、これまでに参加のチャンスを逃していた人も、追いかけて基本のメニューから学び始めることができるのも、ありがたいところ。



参加した日の教室のメニューは?

並んでいる材料を見るだけで気分が上がります。

*ガイ・ヤーン(タイ風焼き鳥)
*ソムタム(青いパパイヤのサラダ)
*カオニャオ(蒸しタイもち米)
*ポ・テーク・タレー(海鮮のスープ)
*サークー・ガティ(タピオカココナッツミルク)

の5品を作っていきます。

現地では定番というガイ・ヤーン+ソムタム+カオニャオのイサーン(東北)地方の3点セットに、スープとデザートもついた豪華版。

最初はガイ・ヤーンの鶏肉の漬け込みダレや、スープづくり、タピオカの戻し方タビオカのゆで・戻し方のこつなどは、伊藤さんのデモを見ながら教わります。

参加者が協力しあって、調理もしました。


ソムタムは、参加者が実際に手を動かして、下ごしらえから調味までを体験します。

次のページでは、
いよいよお料理がスタート!

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

畑 鰻戊
writer : 畑 鰻戊

名前は俳号で「マンボ」と読みます。俳句つくってて、お料理ヲタクで首都圏ラジオヘビーリスナー(主にTBS、時々QRとJ-WAVE)。ここいら周辺の、ちょっとニッチな話題を取り上げます。

こちらもクリック!情報いろいろ

編集部おすすめ

新着の記事

あわせて読みたい

キーワード検索

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる