朝に食べるといいこと尽くめ! 体にやさしくダイエットにも最適な『お粥』の作り方。

朝に食べるといいこと尽くめ! 体にやさしくダイエットにも最適な『お粥』の作り方。

こんにちは、ふーぽ編集部です。

みなさん、“お粥”といったらどんなイメージですか?

体調が優れない時に食べるイメージが強いのではないでしょうか。

 

実はお粥は、ダイエット中の人や美肌を目指す人達にとって、最強の朝食メニューなんです!

 

今回は、「朝粥」の効能をはじめ、永平寺町天龍寺で実際に毎朝食べられている本格『玄米豆がゆ』の作り方、また忙しい人でもスープジャーで簡単に作れるクイックレシピをご紹介します。

いいこといっぱい! お粥の効能

お粥を朝に食べると良い! と言われるポイントはこちら。

■冷え性撃退
血圧や体温が低い朝に温かいお粥を食べることで、おなかの底から身体を温め効率的に体温上昇させることができて一日冷え知らずの体に。

■素早くエネルギーチャージ
糖分が含まれたお粥は、朝から脳と体を元気に働かせるため、一日がイキイキと元気にスタート!

■ダイエット中におすすめ
ダイエット中だととても気になるカロリー。でもお粥なら低カロリー。水分量が多い分、カロリーの割には満腹感があり一石二鳥!

■美肌効果水分をたっぷりと含み、胃腸に負担をかけないため朝に食べることで、整腸作用、代謝を上げる作用で美肌効果が。

 

はぁ~いいことしかない。

 

そして、

 

福井が世界に誇る禅道場、大本山永平寺では毎朝の膳には必ずお粥が出されています。

 

なぜなら、禅の世界では『粥有十利(しゅうゆうじり)という考えがあるのです。

※「粥有十利」とは粥食には10の功徳があるということ。

【お粥の十の効能】
① 体の血つやが良くなり
② 気力を増し
③ 長命となり
④ 食べ過ぎとならず体が楽
⑤ 言葉が清く爽やかになり
⑥ 前に食べたものが残らず胸やけもせず
⑦ 風邪を引かず
⑧ 消化よく栄養となって飢えを消す
⑨ のどの渇きを止め
⑩ 便通も良くなる

 

やっぱり、いいことしかない。

 

なにしろ、炊き立てのおいしさは格別。

朝にお粥を食べることで、お腹はもちろん心までもがしみじみと温まり、一日の始まりにはうってつけです

 

それでは、さっそく作ってみましょう!

 

 

玄米豆がゆの作り方

\教えてくれたのは/
五十嵐好道さん
永平寺の末寺、清涼山天龍寺の典座を務める

【材料】(1人分)

・玄米 0.5合
・水 375㏄(玄米の5倍)
・小豆 大さじ1
・塩 ひとつまみ
・切り餅 適量

 

五十嵐さん
最後にお餅を加えるのがおいしさの秘訣加減の強弱がポイントです。

圧力鍋を使用していますが、土鍋でも作れます

玄米の5倍の水で炊くので、芯が残らず柔らかです。

 

作り方

 

小豆以外にも大豆や黒豆を入れてもおいしい

【1】玄米を洗う

玄米をザルに入れて手でやさしく洗う。

小豆も軽く洗っておく。

玄米はできれば1 時間ほど浸水させておきます。

【2】水を入れて炊く

圧力鍋に洗った玄米と小豆、水と塩を入れ、火にかける。

はじめは強火で20分。

タイマーをかけておくのがおすすめです。

【3】弱火に切り替える

圧力鍋の蓋の上のおもりが音を立てて回りだしたら沸騰の合図。

20分経ったら弱火にして40分待ちます。

【4】餅を入れる

40分経ったら火を消して一度蓋を開け、餅を入れる。

また蓋をして30分程蒸らします。

【5】出来上がり

蒸らし終えたら、底からよくかき混ぜて出来上がり。

食べる際にはゴマ塩をかけて食べると旨味がぐっと引き立ちます。

天龍寺のお粥のおとも

寺で出される食事は基本が肉や魚を使わない精進料理

切干し大根や海藻類、梅干しなどが朝膳の付け合わせに出されます。

明朝からの座禅の合間に出されるのが、梅干しをお湯の中で濾した梅湯

きりりとした酸味と鮮やかな色味に目が覚めます。

 

 

スープジャーでクイックおかゆの作り方

保温機能のあるスープジャー実はお粥も作れるんです。

夜仕込めば朝には出来上がり!

簡単に出来るのでぜひ一度挑戦してみてくださいね。

【1】大さじ一杯分の生米を入れ、水ですすいでさっと研いでおく。

【2】熱湯を上部まで注いだら2~3分置く。

ここで余熱するのが大切!

【3】底に固まっている米を箸などでかき混ぜ、そっとお湯を捨てる。

【4】新たに熱湯を線まで注ぎ、蓋をして軽くジャーを揺らす。

【5】保温途中で何度かジャーを上下に返し、3時間以上置いたら出来上がり!

いかがでしたか?

朝食にお粥を食べると体調が良くなったり、ダイエットになったりといいことずくめですね。

ココロとカラダのために、朝のお粥始めてみませんか。

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

ふーぽ編集部
writer : ふーぽ編集部

ふくいのことならお任せあれ! グルメ、イベント、おでかけスポットなどなどふくいのいろんな情報をお届けします。

LINEにおすすめ情報が届くよ

Twitter

こちらもクリック!情報いろいろ

新着の記事

あわせて読みたい

キーワード検索

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる