大野市三番通り「大亀屋」で揚げたてフライをテイクアウト。魚屋さんの軒先で揚げたてを味わう。

大野市三番通り「大亀屋」で揚げたてフライをテイクアウト。魚屋さんの軒先で揚げたてを味わう。

こんにちは、ふーぽ編集部です。

今回は大野市三番通り「大亀屋」の揚げたてフライをご紹介。

魚屋さんこだわりの珠玉の一品はファンも多く、近隣からも足を運ぶファンがいるそう。

その細やかな工夫を伺いました。

明治時代に創業。半夏生の丸焼き鯖でも有名な「大亀屋」。縁起の良い看板に彩られた、風格ある店構え

“魚屋さん”の軒先で揚げたてを求めて。

古くから多くの店が軒を連ねる大野市三番通り。

なかでもひと際目を引くのが「逆さ鯛」の看板が目印の「大亀屋」です。

昔ながらの町家造りの店先にはガラスのショーケースが置かれ、中には大皿に盛られた揚げたてのフライが並んでいます。

「いつもだいたい3種類。今日はホキとエビ、鶏と玉ねぎの串カツですね」と五代目は話します。

11時に売り出すやいなや、一人、また一人とフライを求めて客がやってきます。

対面形式で販売。それぞれ約50個を揚げ、パックに入れて受け渡し。各税込250円

もともとは宴会や法事の仕出しや弁当を中心に営んでいましたが、コロナ禍で売上が激減。

対策として始めたのがフライの販売でした。

 

素材の旨味を引き出すため、衣は赤パン粉を使用し、中華鍋で一つ一つ丁寧に揚げます

油はこまめに取り替え、軽くあっさりとした食感に仕上げています。

 

「昼前に売り切れる日もあればそうでない日も。売れゆきはまったく読めないんですよ(笑)」とのこと。

時折、午後に車で行商に出かけることもあります。

「お客さんとの会話が、また楽しいんです」

十数個まとめ買いする客も多い。現金払いのみ

地元だけでなく、隣の勝山や鯖江から足を運ぶ常連客も多いです。

「材料の原価が上がり、現状は厳しい。でも喜んでくれるお客さんがいる限り、続けていきたいですね」

店前の路上に置かれた手書きの看板にほっこり

大亀屋(おおかめや)

福井県大野市本町6-17
☎0779-66-2157
【営】7:00~19:00※フライの販売は11:00頃から(なくなり次第終了)
【休】年末年始

 


 

いかがでしたか? 

揚げたてを求めて、ぜひ一度足を運んでみてくださいね♪

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

ふーぽ編集部
writer : ふーぽ編集部

ふくいのことならお任せあれ! グルメ、イベント、おでかけスポットなどなどふくいのいろんな情報をお届けします。

おすすめ情報が届くよ

ふーぽ公式LINEはこちら

Follow us

ふーぽ公式Instagramはこちら

こちらもクリック!情報いろいろ

キーワード検索

必見!ふーぽイチオシ情報PR

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる