ちょうど“いい湯加減な”ガイドの秘訣。【生活芸人・田中佑典のふくい微事記~あわら市編~】

ちょうど“いい湯加減な”ガイドの秘訣。【生活芸人・田中佑典のふくい微事記~あわら市編~】

こんにちは、生活芸人の田中佑典です。

往復約900km。福井県を徒歩で横断する「微遍路(びへんろ)を終え、歩んだ道のりをもとに「微住街道」をマッピング。

街道の途中で出合った出来事を「微事記」として記し紹介します。

今回は【あわら市編】です。

【⇒過去の記事一覧はこちらから


田中 佑典
さん

台湾と日本をつなぐプロデューサー。
一定期間地域に滞在し、“ゆるさと”づくりをする旅『微住』の提唱人。
2021年東京から福井市にUターン。
ホームページ
Twitter

ちょうど“いい湯加減な”ガイドの秘訣。

筋金入りの福井弁と話好きの愛されキャラ。

“淳子姉さんこと平林淳子さんは、ショッキングピンクの法被(はっぴ)に温泉桶や越前がになど、ご当地のかぶり物をしたスタイルであわら市や三国町を中心に活動する名物ガイドだ。

往路時に三国町で偶然出会い、復路編ではあわら温泉で再会した。

一緒に足湯に浸かりながらいろんな話をし、彼女の地域の魅力発信の考え方やガイドマインドを聞かせてもらい、深く共感することが多かった。

往路編の道中、三国でバッタリ。オリジナルのカニのかぶり物で2ショット


元々は地域のおすすめ情報をSNSで発信したり、周りの友人たちからのリクエストでお店を案内したりしていたが、「案内が上手で、話が面白い」と評判になり、イベント出演やまちのガイドを頼まれることになった。

その後ガイド養成講座を学び、「あわら温泉まちなかガイド」として本格的に活動をスタートした。

現在は「淳子姉さんと行く〇〇巡り」と名の付くツアーやイベントが定期開催され、県内外から「淳子姉さんに会いに来た」という参加者も多い。

復路編はあわら温泉の「芦湯」でゆったりおしゃべり


ガイド以外にも「アーバンデザインセンター坂井」のディレクターや交通指導員に就任。

まちづくり協議会の活動や防災活動にも積極的に参加し、かぶり物を変えるようにキャラクターを七変化させて地域に貢献している。

「地域の魅力は観光スポットだけではありません。住んでいると見えづらい“当たり前の素晴らしさに気づいてもらうことこそガイドの役目。大事なのは、一方的に地域の魅力を話すのではなく、会話の中から相手が何に関心があるかを瞬時に察知することですね」と淳子さんは話す。

最新作のかぶり物は三国名物酒饅頭のベレー帽


普段車に乗っていると通り過ぎてしまうグラデーションの風景の中に、地域の旨味を見つけ出す。

ツアー参加者にとって“いい湯加減を作り、心地よく伝えることこそが、彼女が考えるガイドの秘訣なのだ。

交通指導員の淳子姉さん。何を着てもサマになる


淳子さんとは会うたびにいつま でも楽しく話が弾む。

そのひとときもまた“いい湯加減なのだった。

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

ふーぽ編集部
writer : ふーぽ編集部

ふくいのことならお任せあれ! グルメ、イベント、おでかけスポットなどなどふくいのいろんな情報をお届けします。

LINEにおすすめ情報が届くよ

Twitter

こちらもクリック!情報いろいろ

新着の記事

あわせて読みたい

キーワード検索

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる