お気に入りの布でプチ模様替え! ファブリックパネルの作り方。

お気に入りの布でプチ模様替え! ファブリックパネルの作り方。

こんにちは、ふーぽ編集部です。


みなさん、ファブリックパネルってご存知ですか?

ファブリックパネルとは、壁にかけたり棚に置いて飾れる、北欧発祥のインテリア雑貨のこと。


お部屋や玄関など、家の中にもう少しアクセントが欲しい時や、プチ模様替えをしたい時にオススメです♪

お気に入りの布や道具を用意すれば、自分好みに作ることができますよ。


今回は、木製パネル(ヌードパネル)を使った基本のファブリックパネルの作り方をご紹介します!

準備するもの

<材料>

・ ヌードパネル(今回は25cm×25cmを使用)
 【⇒ネットでの購入はこちら(Amazon)
・ 好きな柄の布(パネルより各辺が最低3~5cm大きいサイズ)
 【⇒かわいい北欧柄いっぱい マリメッコカットクロスを探すならこちら(Amazon)
・ タッカー
 【⇒Amazonタッカー売れ筋ランキングはこちら
・ タッカー用針
・ マチ針
・ 布切りバサミ
・ ラジオペンチ(タッカー針を抜くときに使用)
 【⇒Amazonラジオペンチ売れ筋ランキングはこちら

 

作り方

 パネルの上に布をかぶせて、レイアウトを決める。どの部分を使うか決まったらマチ針で印をつける。

 

 パネルより各辺が3~5cmほど大きくなるようにはさみでカットしたら、布を裏返してパネルを置く。

 

 まずは1辺をタッカーで留めていく。パネルの縁より3~5mm内側に打ち、角から3~5cmの範囲は残して。

 

 次に反対側の辺を留める。布を軽く引っ張りながら、真ん中とその左右の3カ所のみタッカーを打つ。

 

 残りの2辺も、④と同様に3カ所ずつ留める。タッカーを打つ順番は交互に。1カ所留めたら、次は反対側の辺へ。

 

 布にゆがみやたるみがないか確認したら、③と同様に4辺とも角から3~5cmを残して留めていく。

 

 4辺すべて留めたら、角の処理をする。パネルの角部分の布をつまんで、片方の辺のみ角までタッカーを打つ。

 

 つまんだ部分の布を角の対角線になるように斜めに折り曲げて、下にある布にかかるようにタッカーで留める。

 

 余った布を、角に垂直に沿わせるように折り畳んだら手で押さえ、残りの1辺も角までタッカーで留める。

 

 最後に重なる布を全て固定するように、角をタッカーで留める。パネルからはみ出した布はカットして。

 

\ 教えてくれたところ/

マイノリティプラス

福井県福井市上野本町18-14
minority-plus.com

ファブリックパネル作りのワークショップを随時受付。パネルや北欧生地の販売もあり。問い合せはメールで。
info@minorityplus.com

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

ふーぽ編集部
writer : ふーぽ編集部

ふくいのことならお任せあれ! グルメ、イベント、おでかけスポットなどなどふくいのいろんな情報をお届けします。

こちらもクリック!情報いろいろ

キーワード検索

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる