懐かしのアニメキャラに会える胸アツな展覧会「テレビアニメーション創成期から現在までの50年 エイケン制作アニメーションの世界」は、福井県立美術館で11/8(日)まで開催中!!

懐かしのアニメキャラに会える胸アツな展覧会「テレビアニメーション創成期から現在までの50年 エイケン制作アニメーションの世界」は、福井県立美術館で11/8(日)まで開催中!!

こんにちは、ふーぽ編集部のMKです。
 

2020年10月9日(金)に福井県立美術館で開幕した「テレビアニメーション創成期から現在までの50年 エイケン制作アニメーションの世界」


かつての少年・少女の胸をアツくさせた、あのテレビアニメのキャラクターたちが大集合していると聞き、開幕初日におじゃましてきました。

鉄人28号が迎えてくれます! アニメを見ていなくてもテンションが上がります


【エイケンとは
「サザエさん」をはじめ、「鉄人28号」に「エイトマン」「宇宙少年ソラン」「サスケ」「忍風カムイ外伝」を制作してきたアニメスタジオ。1970年代には「のらくろ」「冒険コロボックル」、90年代には「クッキングパパ」「いじわるばあさん」、2000年代以降は「プレイボール」「ぼのぼの」ほか多数を手掛けている
【⇒公式サイト

「家でテレビを見ているような気持ちで楽しんでほしい」と、会場入り口はおうちの形

「ガラスの仮面」

「クッキングパパ」

「のらくろ」

今展では、1969年に放送開始した「サザエさん」を中心に、エイケン制作のアニメ作品の中から、原画やセル画など約300点(!)が展示されています。

モニターによる動画紹介もあるので、あちこちで見入ってしまいますよ♪

「サザエさん」のオープニング背景。紅葉し始めた三方五湖が美しい~。蘇洞門Ver.もあります



たーっぷりある原画やセル画は会場でのお楽しみにしていただくとして…。

館内のあちこちに絶対写り込みたい《撮影スポット》を発見したので、そのコレクションをどうぞ。

 

言わずと知れた「ガラスの仮面」。瞳の中に宇宙が広がっています

「キャプテン」。50代以上の男性人気高し。汗と涙のスポ根系と推測

「エイトマン」。この疾走感はすばらしいですね、ぜひ前傾姿勢で写り込みを

「サザエさん」。カツオくんに波平さんの雷が落ちてます。何したの…

こちらも「サザエさん」。磯野家の食事風景に混ざれますよー


最後に、ミュージアムグッズが、どれもこれも連れて帰りたい \激アツ/ だったので、ショップに立ち寄ることを強くおすすめします!

今回の展示限定、エイケンアニメキャラ大集合のグッズも

「ガラスの仮面」「ぼのぼの」「のらくろ」など、それぞれのグッズも目白押し

MKは「ガラスの仮面」のクリアファイルと「のらくろ」のチケットファイルをゲットしました~。


そして、ミュージアムショップもグランドオープン。

これまでの土日限定から、開館時は毎日オープンするようになったそう。こちらも県内の作家ものや暮らしになじむ伝統工芸品など、素敵なお品がそろっていますよ。

 

\関連記事はこちら/

福井県立美術館のミュージアムネットショップのリアル店舗が、土日限定で特別プレオープン中!【ちょいネタ】

展示に来たら、ぜひのぞいていってくださいね♪

ここで、お得情報♡

会期中の土日祝に“紫色”の服やスカーフ、ハンカチなどを身に着けて来館すると、当日券200円引き(小中学生は100円引き)になる「ガラスの仮面 紫の薔薇の人」割引(勝手にネーミング)が!!

さらに、会期中の毎日、親子三世代での来館も同様の当日券割引があります。

※どちらも他割引との併用不可

三世代が楽しめる展覧会。

大人も子どもも童心にかえって、はしゃいじゃいましょう~♪

10/13(火)からは、見どころ解説会開催時以外の時間帯に
「エイケン制作アニメーション名作シアター」を上映。


どんな名作が見られるのか、お楽しみに♡


テレビアニメーション創成期から現在までの50年 エイケン制作アニメーションの世界

【日時】
2020年10月9日(金) ~ 2020年11月8(日)
9:00~17:00(入場は16:30まで)

【会場】福井県立美術館
福井県福井市文京3丁目16-1
☎0776-25-0452

【観覧料】
一般    1,200円(団体1,000円)
障がい者等  600円
高校生    800円(団体600円)
小・中生   500円(団体400円)

▼詳細はこちら
https://fupo.jp/event/eiken-anime/

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

MK
writer : MK

「おいしいものしか食べたくない」がテーマ。
主に、ふくいの食べもの、飲みもの、うつわ(職人)について書いてます。ときどき、オシャレもしたくなります。
エジプトと古墳時代、ジブリも好きです。県内のアート情報にも目を光らせています。

LINEにおすすめ情報が届くよ

Twitter

こちらもクリック!情報いろいろ

新着の記事

あわせて読みたい

キーワード検索

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる