福井駅の「ちさリスのお家」は、“かわいい”だけじゃなく福井の“ホンモノ”に出合える! お土産品はもちろん普段使いにもおすすめ。

福井駅の「ちさリスのお家」は、“かわいい”だけじゃなく福井の“ホンモノ”に出合える! お土産品はもちろん普段使いにもおすすめ。

こんにちは、ふーぽ編集部・卯月です。

新幹線開業で生まれ変わったJR福井駅に隣接するショッピングセンター「くるふ福井駅」

福井を代表する土産物や飲食店が入り、県外客だけでなく県民も楽しめるエキサイトな空間です。

 

その中でずっと気になっていたのが「ちさリスのお家」

福井初出店どころか、全国初というこちらのお店。

どんなお店なのかを探るべく、潜入取材をしてきました!

お店があるのは、「くるふ福井駅」の中央にある、駅の東西を結ぶ自由通路沿い。

福井駅側の建物入ってすぐのところにあり、可愛い内装にガラス越しでもすぐ気が付くはず。

お店の入口ではキュートなリスたちがお出迎え!

可愛いリスたちのコーナーは自由に撮影できるフォトスポットになっています。

店内にはリスの絵をあしらったトートバックやファイルなどのグッズ、そしてお土産にもぴったりな、福井ならではの食べ物がずらりと並びます。

リスの絵を描いているのは、画家でイラストレーターの「藤岡ちさ」さん

都心の有名百貨店で展示会を開けば、絵が完売するほどの人気作家です。

 

ちなみに、藤岡さん、福井とは何の所縁もない方。

「ちさリスのお店? 何で福井にできたんだろう?」

「そもそも多忙な藤岡さんに、オリジナルの絵を描き下ろしさせたのは誰?」

 

と気になりませんか?

実は、そんな人気作家にアプローチした仕掛け人が実はいるんです。

 

それがこの方!

福井郷土料理研究家の佐々木京美さん

佐々木さんは、福井の失われつつある食文化を危惧し、早くからその継承のために活動していました。

藤岡さんの描くほのぼのとしたイラストと、幸福度ナンバー1の福井県がコラボレーションがとってもマッチしているという思いから、今回のプロデュースが実現しました。

 

そんな、こだわりいっぱいの「ちさリス」の商品を一部ですがご紹介していきます!

チロリアンテープのストラップ

お店に入るとすぐに目に飛び込んできたのが、リスがモチーフのお守りやリボン

ストラップを見ると、織り込まれたリスの絵は精巧でかわいさそのまんま。

県内の繊維会社の技術で、藤岡さんのデザインを再現したそうです。

 

卯月
ちょっとしたお土産というより、まずは自分のためにゲットしたい!

 

越前和紙のポストカード

次に目に留まったのが、この「デコ和紙」

普通のポストカードかと思いきや、表面に模様が浮き出ていて本物の油絵のようです。


福井の伝統工芸・越前和紙に、福井が世界に誇る眼鏡フレームの装飾技術で施されたそうで、仕上がりの緻密さだけでなく耐久性も十分の複製画です。

ちなみにクルミ殻のスタンドは、河和田塗りの職人さんが加工したそうで、店内の商品紹介などでも使われています。

 

卯月
いろんなところに福井の技が生きているんですね~!

 

大野市の名菓「けんけら」

お次は食べ物。

恐竜とリスがコラボした、いかにも福井らしいデザインパッケージの中には「けんけら」が入っています。

一般的には「けんけら」といわれますが、健径羅というお坊さんの名前「ケンケーラ」が由来なのだそうで、こちらでは「ケンケーラ」の商品名になっています。

きな粉と水あめ、白ごまで作る昔ながらの菓子。

味は「白ごま」「味噌」「シナモン」の3種類があり、ちょっとしたお礼やばらまき土産にぴったりのサイズです♪

 

卯月
試食すると、素朴なおいしさそのままにちょっとだけ新たなエッセンスが。 昔菓子って体にもやさしいのが嬉しい!
 

羽二重餅

おなじみの「羽二重餅」も、ちさリスのお家のならこんなにかわいい!

しかもこれ、餅の中には砕いたピーナッツを練り込んでいるので、普通の羽二重餅とは一味違う、新食感が楽しめます。

きなことココナッツ、どちらもマジでおいしいです。

 

卯月
これ、県外客のお土産だけにしておくのは勿体ないですよ!

 

そのほかにも、いろいろな商品がありました!

さすが、福井郷土料理研究家がプロデュースしただけあってコンセプトや仕込みも深すぎます。

本来の良さを残しながら今の人たちに食べてもらえるようなアレンジ、そして和紙や眼鏡など福井の技術も一緒にPRしようという視点もすごい。

 

「福井の伝統食や工芸品を、経済活動の中に組み込むことで伝えていければ」と佐々木さん。

 

カワイイだけじゃなく、ホンモノの技もある。

“実はすごい福井”をPRするにはぴったりのモノが目白押しの「ちさリスのお家」に、これからも目が離せません!

埋もれていた「新平太夫」という梅を「黄金の梅」としてブランド化したのが佐々木さん

ちさリスのお家でもジャムやシロップなどの商品を購入できます

ちさリスのお家 くるふ福井駅構内1号店

福井県福井市中央1-1-25

【営】9:00〜20:00
【休】くるふ福井駅に準ずる
【TEL】0776-37-3058

ホームページ

Instagram

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

卯月
writer : 卯月

赤札お惣菜からコスパ買いにハマり、周囲から「コスパの女王」とおだてられいい気になっていたら、体調を崩して膨大な医療費を使う羽目になりました。
これを機会に夜中のテレビ通販の衝動買いもやめて、体も心も健やかな『おばちゃんライター』を目指します!

おすすめ情報が届くよ

ふーぽ公式LINEはこちら

Follow us

ふーぽ公式Instagramはこちら

こちらもクリック!情報いろいろ

新着の記事

あわせて読みたい

キーワード検索

必見!ふーぽイチオシ情報PR

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる