九星気学で知る2022年の運勢。自分のリズムを知り、運を味方につけよう。

九星気学で知る2022年の運勢。自分のリズムを知り、運を味方につけよう。

こんにちは、ふーぽ編集部です。

新しい年の初めに気になるのが「今年の運勢」ですよね。

今回は九星気学に基づいて、2022年の運勢を生まれた年の「本命星」ごとにご紹介します。

ラッキーアイテム情報もあるので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

\教えてくれた人/


小嶋啓予(こじま はるよ)さん
「Haregocoro」代表。九星気学風水鑑定士、講師。(一社)社会運勢学会認定講師。YouTube「Haregocoro CLUB」で毎月の運勢を発信中。
ホームページ

九星気学では生まれた年の「本命星」から基本的な性格と運気を読むことができます。

自分のリズムを知り、運を味方につけてください。

 

「本命星」とは、人が生まれ持つ自然のエネルギー。

その特色が、本人の性格と運に大きく影響を及ぼします。

自分の本命星の特徴その年のリズムを熟知し、特色を生かせば「運がいい」状態になります。

 

自分の本命星の出し方

下記の表から、生まれた年を探してください。

※気学では立春(2/4前後)が1年の始まり。1/1~立春までに生まれた人は、その前年の星になります。(例:1975年1月30日生まれ→八白土星)

 

本命星ごとの2022年の運勢

一白水星(いっぱくすいせい)

分け隔てなく心配りができるコミュニケーションの達人で、努力家の一白水星。

22年はズバリ「決意」の年。

まるで穴の中に入ったように孤独や不安を感じやすい時期ですが、焦らず暗闇の中に光を見つけて。

あきらめたり、ふてくされたりせず、すべての困難を糧にすると決意すると、22年から始まる9年周期の種となり、新たなサイクルが始まります。

今後の方向性を決める、最も重要な一年になりそう。

【ラッキーアイテム】万年筆

 

 

二黒土星(じこくどせい)

人を育て、生かす能力を持ち、実直な働き者の二黒土星。

22年は基盤を作る一年。

スキルを磨いたり、人間関係を構築し、仲間を増やしていくことが運気アップにつながります。

21年の低迷期から抜けるため、スタートダッシュをしたくなるところですが、慌てず焦らず、人の後を歩くイメージでゆっくりと歩みを進めて。

一人で先に行けば迷うことになるので、仲間と連携する意識を持つことがカギになります。

【ラッキーアイテム】古着

 

 

三碧木星(さんぺきもくせい)

好奇心旺盛でポジティブ。何事にも執着がなく、いつも明るい三碧木星。

22年は今まで準備してきたことがいよいよ表に出てくる年。

自分が想像した以上に発展する可能性アリ。

いきなり物事が動き出すので、変化に動じない心構えをしておくことがポイント。

良くも悪くも驚くべきことが2つおきそう。

慎重に判断し、人に必ず相談すること。

普段は一匹狼の三碧だからこそ、22年は独断先行は避けましょう。

【ラッキーアイテム】青いスカーフ

 

 

 四緑木星(しろくもくせい)

人当たりが良く調和を好み、第一印象は九星中ナンバー1の四緑木星。

9年周期の中で最もチャンスを掴みやすい一年に。

数年前までのしんどさや21年の思いがけないトラブルを乗り越え、膿を出してきた人は、良い運気の波に乗れます。

優柔不断な気質があだとなりそうなので、自分が進む道の指導者や第一人者から指示を受けることがポイント。

ネットでの情報をうのみにしたり、独学で判断を誤らないように。

【ラッキーアイテム】お香

 

 

五黄土星(ごおうどうせい)

エネルギーが強く、人への影響力大。困難に立ち向かう強さを持つ五黄土星。

22年は中心に座する一年。

21年までに人のために行動し、世界が広がった人は周囲からの依頼が殺到しそう。

一方、自分のことで頭がいっぱいだった人は、もやもや感や閉塞感を感じやすくなるかも。

いずれにしても、周囲の声に応え、頭を下げることが運気アップにつながります。

充電期ととらえ、足元を固める意識で過ごして。

【ラッキーアイテム】明るい色のファッション

 

 

六白金星(ろっぱくきんせい)

責任感の強い完璧主義者。頭が良く、思いやりのある六白金星。

進みたくても進めなかった21年から一転、大忙しの一年になりそう。

今まで培ってきた力を発揮する時なので、タイムマネジメントを念入りに。

自分の成果を出すことだけでなく、周りの人や立場の弱い人にいかに奉仕できるかがポイント。

元々はボランティアの星である六白。

公明正大さが試される時なので、意識して動いてみましょう。

【ラッキーアイテム】腕時計

 

 

七赤金星(しちせききんせい)

愛嬌があり、人を楽しませることが好きな七赤金星。実は忍耐強く、何度でも立ち上がれる力を持っています。

21年は大変な思いを味わう一年でしたが、22年は完成・達成を実感することができそう。

楽しみなことや喜びごとも増える時だが、七赤らしく周りの人とともに満喫し、喜びを提供していくことが運気をひらくカギに。

表現力を豊かにし、人をどう喜ばせるかを第一に考えれば22年の良い波に乗ることができます。

【ラッキーアイテム】がま口の財布

 

 

八白土星(はっぱくどせい)

面倒見がよく、存在感アリ。何事も着実に成果を出す八白土星。

22年は今までの動きが一旦停止します。

しかし現状を打破し、新しい人生に転換するためのターニングポイントととらえ、この先の人生をどう生きたいのかを本気で考えてみて。

元々人に頼ることを得意としない星ですが、22年は手伝ってほしいと周囲に言えるかがポイント。

秋ごろから一気に動きが出てくるので、それまでにしっかりと現実を見据え、高みを目指す努力を。

【ラッキーアイテム】折りたたみ傘

 

 

九紫火星(きゅうしかせい)

情熱的で頭脳明晰。直感やひらめきに優れた九紫火星。

22年は今までの居場所から飛躍する年になります。

付き合う人が変わってきますが、無限の可能性を信じて前進すること。

自分でも気づいていない、本音の部分のスイッチを入れられるかどうかがポイント。

普段は悩みを見せないことが多いが、22年は隠し事が出来ない時。

周囲への感謝の気持ちを持ちながら、正々堂々と人のために輝くと決意すると、光が当たる一年になります。

【ラッキーアイテム】アクセサリー

 


 

自分の運勢の流れを意識し、ぜひ「運のいい」1年にしてくださいね。

 

\九星気学で見た2022年の運気はこちら/

2022年はどんな年? 九星気学で見る運気の特徴や、吉を呼び込むための傾向と対策を徹底解説。

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

ふーぽ編集部
writer : ふーぽ編集部

ふくいのことならお任せあれ! グルメ、イベント、おでかけスポットなどなどふくいのいろんな情報をお届けします。

LINEにおすすめ情報が届くよ

Twitter

こちらもクリック!情報いろいろ

新着の記事

あわせて読みたい

キーワード検索

必見!ふーぽイチオシ情報PR

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる