◎8月のごちそうレシピ◎「夏のフルーツカリー」

◎8月のごちそうレシピ◎「夏のフルーツカリー」

こんにちは。ふーぽ編集部のMKです。

毎月、旬の食材や季節の行事に合わせたレシピをお届けする「ごちそうレシピ」。


今月のレシピは、夏のフルーツカリーです。


8月に入り、いよいよ夏本番!
暑さを乗り切るために、スパイスとフルーツが効いたカレーで食欲を刺激しませんか。

ほんのりパイナップルの酸味と甘みが香る本格派カレーは辛口でいてマイルド♡

爽やかでカレーとも好相性の「キャロットラペ」の作り方も紹介しますよ。

 

nishoku
パイナップルにはクエン酸が豊富に含まれ、疲労回復や夏バテ防止にもいいと言われています♡

 

 

フルーツカリー

□■材料(4~6人分)■□


・カットパイン(生) 300g
・玉ネギ 3個
・ニンジン 2本
・鶏モモ肉 3枚
・すりおろしショウガ 小さじ1
・すりおろしニンニク 小さじ1
・バター 20g
・スパイス(ターメリック大さじ1、ガラムマサラ・シナモン 各小さじ1/2)
・ローリエ 1枚
・コンソメ顆粒 小さじ1
・無調整豆乳 500cc
・市販のカレールウ辛口 140g
・生クリーム 100cc
・塩コショウ 少々

□■作り方■□
1. カットパイン3個を残し、ミキサーにかけてパイン液をつくる。パイン液から大さじ2を別にし、食べやすく切った鶏モモ肉をつけ冷蔵庫で30分寝かせる。
※残したカットパイン(3個)とパイン液(大さじ2)は次に作るキャロットラペで使用します。

2. 鍋にバター、ショウガ、ニンニクを入れて火にかけ、薄切りした玉ネギ、ニンジンをしんなりするまで炒めたら、スパイスを加える。

3.
 別のフライパンで1の鶏肉の皮目を焼き、焼き目が付いたらパイン液、ローリエ、コンソメと2に加え、フタをして弱火で30分煮込む。

4.
 鍋からローリエと鶏肉を取り出し、ブレンダーにかける。鶏肉を戻し、豆乳、細かく刻んだルウを入れて溶かし、生クリームを入れて塩コショウで味を調える。

 

nishoku
パイン液に鶏肉を漬け込むことで、パイナップルのたんぱく質分解酵素が肉を柔らかくし、くさみを取ってくれます♪

加熱したものや、缶詰では効果がないので、生のパイナップルを使ってくださいね!

 

 

キャロットラペ

□■材料(4~6人分)■□


・カットパイン 3個 ※
・ショウガ 適量
・ニンジン 1本
・パイン液 大さじ2 ※
・塩 少々
※カットパインとパイン液はフルーツカレー作りの際に取りおいていたもの

□■作り方■□

1. カットパインをサイコロ状に切る。ショウガを千切りし、水にさらす。ニンジンを千切りし、塩をまぶしてしんなりさせる

2.
 1を袋に入れ、パイン液と一緒に漬け込み、冷蔵庫で2時間おく

 

□■レシピ考案・調理■□

nishoku(にしょく)

大野市在住。野菜ソムリエの三嶋香代子とナチュラルフードコーディネータの村上洋子によるフードユニット。
「心に美味しく、体を幸せに。」をテーマにレシピを提案。「月刊fu」でレシピ連載中。

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

MK
writer : MK

「おいしいものしか食べたくない」がテーマ。
主に、ふくいの食べもの、飲みもの、うつわ(職人)について書いてます。ときどき、オシャレもしたくなります。
エジプトと古墳時代、ジブリも好きです。県内のアート情報にも目を光らせています。

LINEにおすすめ情報が届くよ

Twitter

こちらもクリック!情報いろいろ

新着の記事

あわせて読みたい

キーワード検索

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる