◎1月のごちそうレシピ◎「芋栗豆の松風焼き」

◎1月のごちそうレシピ◎「芋栗豆の松風焼き」

あけましておめでとうございます。
ふーぽ編集部のMKです。

毎月、旬の食材や季節の行事に合わせたレシピをお届けする「ごちそうレシピ」。

お正月のレシピは、芋栗豆の松風焼きです。

おせち料理でもある「松風焼き」は、肉のすり身や挽き肉の生地を型で焼いた、和風ミートローフのような料理。

まめに働き達者で生きる「黒豆」、“勝ち栗”の「栗」、子孫繁栄を願う「里芋」で縁起を上乗せします。

 

nishoku
おせち料理で余った栗の甘露煮や黒豆、煮物などをのせると豪華♡

ほかにウインナーなど好みの具をのせて、お弁当にもおすすめです♪

□■材料(4人分)■□


・鶏ひき肉(ムネとモモを合わせて) 350g
・塩 小さじ1/3
・木綿豆腐 100g
・卵 1/2個
・ネギ 1/2本

【★】

・酒 大さじ1/2
・塩麹(酒と塩少々で代用可) 大さじ1
・醤油 大さじ1
・みりん 大さじ1
・白みそ 大さじ2/3

・里芋の煮っころがし 適量
・栗の甘露煮 適量
・黒豆 適量

 

□■作り方■□

1. アルミホイルで15cm角の型を作り、底にクッキングシートを敷いておく

2. 鶏ひき肉を入れ、粘りが出るまでしっかり練ったら、1時間以上水切りした豆腐、卵、粗みじん切りしたネギと【★】を入れ、合わせる

3. 1の枠に2を敷き詰め、上に里芋の煮っころがしと黒豆、栗の甘露煮を並べる。ほかにインゲンやゴマ、けしの実などでもOK

4. 200℃に予熱したオーブンで20分焼く

5.
 粗熱が取れたら、食べやすい大きさに切り、好みですだちや柚子の皮(分量外)を添える

 

nishoku
挽き肉は塩と一緒に練ることでくさみが取れて下味がつき、食感も良くなります。

鶏ひき肉をモモ肉のみにすれば柔らかくジューシーに仕上がりますよ♪

 

 

□■レシピ考案・調理■□ 

nishoku(にしょく)

大野市在住。野菜ソムリエの三嶋香代子とナチュラルフードコーディネータの村上洋子によるフードユニット。「心に美味しく、体を幸せに。」をテーマにレシピを提案。「月刊fu」でレシピ連載中。

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

MK
writer : MK

「おいしいものしか食べたくない」がテーマ。
主に、ふくいの食べもの、飲みもの、うつわ(職人)について書いてます。ときどき、オシャレもしたくなります。
エジプトと古墳時代、ジブリも好きです。県内のアート情報にも目を光らせています。

LINEにおすすめ情報が届くよ

Twitter

こちらもクリック!情報いろいろ

新着の記事

あわせて読みたい

キーワード検索

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる