若狭町の「福井県 年縞 博物館」で「世界一」を間近で目撃したよ!!

若狭町の「福井県 年縞 博物館」で「世界一」を間近で目撃したよ!!

こんにちは! ふーぽ編集部のSです。

福井県若狭町の縄文ロマンパークに、新しい博物館ができたと聞きつけて、さっそく行ってきました。

その名も、福井県 年縞博物館!!

この9月15日(土)にオープンしたばかりです。

「ねんこう」と読みます。正直言って、読み方を知りませんでした(汗)

そもそも「年縞」って何か、ご存知でしょうか?

広辞苑には、2018年の改訂で初掲載

年縞とは、湖や沼の底にプランクトンや土、花粉、火山灰などが積もってできる「泥の地層」のこと。

「明暗一対の縞」が1年かけて積もるので、「シマシマ」に見えます。

バウムクーヘンに似てるな…

美浜町と若狭町にまたがる5つの湖「三方五湖」の一つ「水月湖」では、世界一長い45mに及ぶ「シマシマ」が見つかりました。

積もりに積もって、なんと7万年分です!

年縞の積もり方や堆積物からは、とてつもない量の情報を読み取ることができるんです。

これを解析することで、地球の気候変動や自然災害の履歴について年単位の正確なデータが得られたり、それによって世界中の化石や土器の年代を測定する精度が大幅に向上したりしています。

地球の歴史をはかるための「世界標準のものさし」が、我らが福井にあるなんて。なんだか誇らしいです。

年縞について詳しく知りたい人は、以前アップされたふーぽの記事をご覧ください。

三方五湖。ちなみに水月湖は、地質学界隈の世界中の人たちから「Lake Suigetsu」と呼ばれ超有名だとか。

年縞を知らなくても、ご安心を。

館内を順番通りに観るだけで、「年縞マスター」になれること間違いなしです。

まずはここから。キレイな映像で年縞を学べます

階段を上がった先が、一番の見どころ【水月湖年縞7万年ギャラリー】!!

窓からは、三方湖を一望できる

水月湖の底にひっそりとあった世界一長い年縞が、横に寝かせて展示してあります。

しかもステンドグラスになっていて、めちゃくちゃキレイ!!

元々は泥の地層ですよ。なんだかロマンチック♡

撮影用に、反射しにくいパネルの用意まで・・・ありがとうございます

館内はほかに水中ドローンで撮影した湖の底の景色が見られたり、人類と環境を年表でたどって学べたりします。

日本で唯一、古気候学の研究に特化した、立命館大学の研究施設も併設しています。

スマホに似た道具で、出土した化石などの年代測定体験ができるコーナー

年縞の研究用道具が、やたらキュート

年縞ネクタイ!! 施設1Fのミュージアムショップでお買い求めを

年縞定規、買えばよかった

入口には博物館のキャラクター「にゃんこう先生」の顔ハメが


博物館の2Fにはカフェもありました。

cafe 縞。眺め良し。テイクアウトもおススメ

縄文ロマンパークから直接カフェに入れるので、お茶だけしたい日にも。

コーヒー豆は、敦賀市の新田珈琲と福井市のカメイ珈琲店のもの。飲んでおくべきラインナップです!!

店内にはオリジナル雑貨もありましたよ。

コーヒーは、年縞をイメージさせるフレンチプレスで。オリジナルの越前焼カップ、柄はもちろん年縞

年縞石鹸、カワイイ~♪

今はドリンクとスイーツのみの提供で、ひと月後からフードメニュー、ランチがスタート。カフェ縞のインスタグラム(@cafe_shima)、チェックしておくと良さそうです。

この日は特別にカレーを試食させてもらいました^^

旬の野菜が鮮やかな梅カレー。梅酢につけてローストしたチキンが抜群♪

そして朗報!

本日9/16(日)は、博物館一帯で「若祭」を開催中です

博物館が終日入館無料で、20時までナイター営業です。これはもう、行くっきゃない!
※縄文ロマンパーク内の駐車場が利用できません。指定の臨時駐車場から、シャトルバスで来館できます。

福井県年縞博物館は、舞鶴若狭自動車道 三方五湖スマートICから車で5分。

「世界一」ぜひその目で確かめてみてくださいね。

福井県年縞博物館

福井県三方上中郡若狭町鳥浜122-12-1
☎0770-45-0456
【開館時間】9:00~17:00(入館は16:30まで)
【休】火曜(祝日の場合は翌日休)、年末年始
【観覧料金】一般500円、小中高校生200円
※小学校就学前の児童および70歳以上は無料
※20名以上で団体料金の設定あり
http://varve-museum.pref.fukui.lg.jp/

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

S
writer : S

「今日を愉快に」がモットー。
福井でご機嫌にお酒が飲めるところ、雰囲気のいいカフェに、ゆるゆると出没しています。最近はクルマにも興味あり。
今年も、なにか楽しいことが起こりそうなネタを探してきます!

LINEにおすすめ情報が届くよ

Twitter

こちらもクリック!情報いろいろ

新着の記事

あわせて読みたい

キーワード検索

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる