福井駅近く、秘密基地みたいな古本屋「ホシとドーナッツ」に潜入したよ!

福井駅近く、秘密基地みたいな古本屋「ホシとドーナッツ」に潜入したよ!

こんにちは、3度のメシも本も好き、ふーぽ編集部のばんのです。

JR福井駅から徒歩5分の場所に、“毎週水曜だけ営業してる古本屋さん”があると聞きつけ、探しに行ってきましたよ~。

情報によると、福井県福井市のJR福井駅から徒歩5分、ニシワキビルの1階にあるとのこと。

まずは場所探し。

北の庄通り側、ガレリア元町のアーケード出口を背に、”歴史のみち”を進みます。

道の左手、クマゴローカフェの脇に注目!

本屋 ホシとドーナッツ。なんとも味のある看板見つけました! 入ってみましょう、わくわく。

アングラな雰囲気、いいですねえ。でもほんとにここにあるのかしら?

少し進んでいくと・・・。

クンクン・・・おや? 右手から本のにおいが!

あった!! 第一村人(スタッフさん)も発見~。潜入調査、開始します!

ホシとドーナッツは、普段はイベントへの出店がメインの古本屋さん。

こちらはそのための本を保管している、いわば“書庫”だそう。本のクリーニング作業のかたわら、毎週水曜の12時~17時頃スタッフ在中で開放しているとのことです。

個人から買い取った古本や、スタッフのセレクトによる新刊本、フリーペーパーまでもが仲よくひしめき合う空間。

うーむ、たぎりますねえ・・・。人んちの本棚を覗いているようなワクワク感がたまりません。ざっと400~500冊はあるとか。

ねこ・・・。ねこ・・・。

こちら元々は和風居酒屋だったそうです。本が収まっていると、なにもかも本棚に見えるマジック。ここには食器でも飾っていたのかしら。

この日、店主の佐藤さんは不在だったので、弟子1号の伊藤さんにオススメを紹介してもらいました。

まずは、元美容師が編集する美容文藝誌「髪とアタシ(第5刊)」。あの人気ミュージシャンが髪について熱く語る! 美容関係のオシゴトじゃなくても楽しめる切り口で、読み応えたっぷり。

福井にゆかりの2冊を。

左手に持つのは、台湾の若者に人気の日本カルチャー誌「青花魚(さば)」の福井特集号! 2週間くらいの滞在(=微住)を通して、じんわりと土地の魅力に気づいてもらおうという、新しいスタイルの旅案内。地元民が読んでも、福井の良いところを再発見できる内容です。

右手の「森田人」は、仁愛短期大学の学生が、キャンパスのある福井市森田地区のステキな人々を取材して作り上げたガイドブック。表紙のイラストを手がけているのも、森田在住のアーティスト。オール森田で制作された、地域愛もりもりの1冊です。

こちらは佐賀・長崎の両県が共同で発刊している観光情報誌「SとN」。フリーマガジンとは思えぬハイクオリティ。雑誌「ku:nel」などを手がける有山達也氏がアートディレクターを務めています。

本以外も売ってましたよ。こちらは音楽担当のスタッフがセレクトしたCD。福井では手に入れにくいものが多いそうです。店内で流れてました~♩

昭和の香りただようポストカード。

売りものではないのですが、味のある扇風機だなあ。人間にしたら相当なおじいちゃんでしょう、かっこいい。

ちなみに店名の由来は、「店主が本と同じくらいドーナッツ好きだから」。でもなぜ「ホシ」なのかは、直接店主さんに聞いてみてくださいね。

お客さんからは「ドーナッツないんですか?」と聞かれることもあるそう。食べものは販売しておりませんので、あしからず。じっくりと本に浸れる空間、心はまんぷくでございます。

営業時間やイベント出店情報は、ホシとドーナッツ公式facebookで発信中! 探検気分で、ふらり立ち寄ってみてはいかがでしょう。

ホシとドーナッツ

福井県福井市中央1-22-7 ニシワキビル1F
☎ 090-3291-5319
(営)水曜のみ 12:00~17:00

 

 

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

お気に入りリストにキープする

キープした読みものはマイページのお気に入りリストでご覧いただけます。
ふーぽ編集部
writer : ふーぽ編集部

ふくいのことならお任せあれ! グルメ、イベント、おでかけスポットなどなどふくいのいろんな情報をお届けします。

こちらもクリック!情報いろいろ

キーワード検索

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ

キーワード検索閉じる

メニュー閉じる