中華ファン必見! 福井県にある中華料理の名店まとめ【パート2】

「戦前から変わらない、澄み渡るスープ。」
紅蘭

宮廷料理が由来の北京料理らしい「火鍋子」6,500円~(要予約)

紅蘭の代名詞である火鍋子(ホーコーズ)は、糖醋肉(タンツーロウ)とともに戦前から調理法を変えていません
当時、紅蘭の前身の店で厨房を任されていた中国人厨士が得意としていた北京料理を、現在の店主が受け継いでいます。


火鍋は、中央に炭を入れて加熱する昔ながらの鍋で、かつての長安で作られたものです。
毎朝つくる澄んだスープは、さっぱりとクセがないのに、深く沁みる味わい。キクラゲやエビ、貝柱、肉団子、タケノコなど、端正に並ぶ具材のダシも深まり、底に眠る白菜が一身にうまみをまといます。


食材も調味料も吟味を重ね、皿はすべて中国・景徳鎮のもの

細部にこだわる店主に「なんでも頑固なの」とやさしく笑うマダムの二人三脚にも癒されます。

(手前)北京風の酢豚「糖醋肉」1,260円はうま煮に近い味わい。(奥)「春巻」1,260円

店主夫妻の温かい人柄も、この店の魅力のひとつ

紅蘭

福井県福井市中央3-12-11
☎0776-21-7356
【営】11:30~14:00
   17:00~21:30
【休】不定休
※事前予約がおすすめ

 

「杏酒でつくるさっぱりした杏仁豆腐」
御園飯店

「杏仁プリン」378円

御園飯店で密かな人気の杏仁プリン
杏仁豆腐の独特な風味が苦手な人でも楽しめるようにと、杏の実ではなく杏酒を使用しています。牛乳や寒天を使って、昔懐かしい素朴な味わいと、さっぱりとした口どけに仕上げています。


入れ物に使われている中国の醸造酒「老酒(ラオチュウ)」の瓶は、数が限られるので出会えたらラッキー!


ほかにも人気の餃子をはじめ、メニューは100種類以上。2階には大人数での宴会にも利用できる個室もあります。

大人数での宴会にも利用できる2階の個室

御園飯店

福井県鯖江市水落町8-6
☎0778-51-6539
【営】11:00~14:00LO
   17:00~21:00LO
   (金・土曜~22:00LO)
【休】火曜、第2水曜

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

くま
writer : くま

育休を終えて、仕事復帰したての新米ママ。
ママになっても好奇心と乙女心は捨てられず、新商品とスイーツ、変わりダネへの食いつきは半端ない。福井の子ども連れで楽しめる場所もどんどん開拓していきます。

LINEにおすすめ情報が届くよ

Twitter

こちらもクリック!情報いろいろ

新着の記事

あわせて読みたい

キーワード検索

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる