琵琶湖の有人島「沖島」は猫だらけの楽園だったよ! 早朝に上陸して駆け足ルポ。

なんだか漁師の街っぽいものが。

トロッコ?? 山から木を伐り出すのに使うのでしょうか。

何の実でしょうか。みかん?


って、わからないものばっかりですが・・・

それが見知らぬ土地を散策する楽しさですよね。よね!

島の西端のほうには、宿泊ができる民宿がありました。

港のほうへ引き返してきました。

漁に使う網を熱心に手入れするお年寄りたち。

そうです。平日の朝なのでみんな仕事してますよねー。

漁に出かけていた人たちが帰ってきて、何か作業をしています。

獲物は、丸々と太ったブラックバスでした。外来魚ですね。

漁でこういう魚が獲れても、駆除に協力しているということで、重さを計って買い取ってくれるそうです。

曜日や時間帯によっては、島の語り部さんたちが話を聞かせてくれるようです。


先ほども書きましたが、沖島は高齢化がかなり進んでいて、島民の半分以上が65歳以上だということです。

だけど70歳を超えて漁師や農業をしている方も多くて、介護率や寝たきりの人の割合は少ないそう。

お年寄りがすごく元気な島なんですね。

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

じん
writer : じん

雑食系フィールドワーカーにしてアームチェアディテクティブ。なんつって。

サブからメインまでカルチャー全般、ノンジャンルあれこれを事務所NGなしで書き散らかしますよ。

こちらもクリック!情報いろいろ

キーワード検索

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる