【応募終了】レアすぎるミニ米俵を作り続けているおじちゃんに会ってきた!【プレゼントあり】

【応募終了】レアすぎるミニ米俵を作り続けているおじちゃんに会ってきた!【プレゼントあり】

こんにちは。白飯大好き、ふーぽ編集部のキノです。

ところで昔、米農家さんがお米の保管や持ち運びに使用していたものといえば・・・

そう、米俵!


稲わら(米を収穫したあとの稲を乾燥させたもの)を編んで作られた、円柱状の袋のようなものですね。

今では見かけることが少なくなりましたが、なんと福井県鯖江市におひとりで作り続けている方がいると聞いて、会いに行ってみました。

ミニ米俵を抽選で8名様にプレゼント!
縁起の良いものなので、お正月飾りにもぴったりです!
ぜひ最後まで読んでくださいねー!

 

 

教えてくれた住所をもとに、住宅街の中にあるお宅に到着。さっそく家の中へ案内してもらうと…

わぁ!

大量のミニ米俵!!!!! 

リビングの半分以上を埋め尽くしています!!!!

これらの米俵を全部作ったのが、こちらの福岡賢二さん
定年退職後、10年間にわたり、趣味で米俵を手作りしています。

福岡さんは農家の生まれ。子どもの頃は、田植えや稲刈り、それから出荷のための米俵作りと、家族総出で年中米作りにかかりっぱなしだったそうです。

大雨や台風など自然を相手にする米作りは本当に大変で。さらに昔は機械もなくてほとんどが手作業でした。でも、そのおかげで農作業の大切さや、お米のありがたみを考えるようになりましたねと福岡さん。

だから、当時の稲作文化を何かひとつでも形として残したいと思って、ミニ米俵作りを思いついたんです!

ちょうど60年前の昭和33年に撮影された写真も見せてくれました。
これは鯖江市の集荷場にて、政府に売り渡すための米が集められた様子。

当時の収穫量は、米俵ごとに、1俵、2俵、、と数えられ、
ひとつの米俵には4斗のお米が詰められたそう。(ちなみに1斗=10升=100合)

約60Kgもの重さのある米俵を、農家は1人でかついで運んでいたのだとか…!!

豊かな実りを象徴する米俵は、今では縁起のよい飾り物として親しまれています。

福岡さんが作る米俵は、主に直径9~20センチの3種類。
農家から譲り受けたコシヒカリの稲わらを使い、形や結び方はこの地域の伝統を守って作っています。

写真にあるように、赤い布やお盆の上に置いて飾るだけで、おめでたい雰囲気に。
いくつか積み重ねれば、おめでたさや華やかさもアップお正月飾りにもピッタリですよ!


ここで、福岡さんの米俵作りの様子をちょこっと紹介。

こちらは福岡さんが考案したオリジナルのわら編み機

当時農家で使われていたわら編み機の構造を、子ども達や初心者でも簡単に使えるように改良したそうです。すごい!

これを使って小学校や地域の公民館で、昔ながらのわら編み方法を教えることもしてるんですって。

 

稲わらをきれいに切りそろえて束ねたら、
わら編み機にセットして…


こんな感じで、1本1本、丁寧に編んですだれ状にしたら…
型を利用して形を整え、紐で縛れば米俵の出来上がりです!

1個作るのに約1日かかり、福岡さんはこれまでに1,000個以上を完成させたそうです。

希望者には1個1,400円~で販売しています。

 

※※イメージ写真です※※(福井新聞2018年8月11日掲載の記事より)

実は福岡さんが作る米俵は、米どころである福井県新ブランド米”いちほまれ”PRするために、県内外のいろんなイベントで使用されたりお米売り場や商業施設などで展示されることも多いのだとか!

米俵を作れる人は今の時代ほとんどおらず、口コミで福岡さんのうわさが広まって、依頼を受けるようになったそうですよ。大きさや重さのオーダーを受けて作ることもあるとか。

なので、皆さんが今まで見たことのあるあの米俵は、きっと福岡さんが作ったものもある!はずなのです!!!!



ここまで米俵にロマンを感じるのは初めての経験でした。
こうして伝統を伝えてくれる人がいることってとっても有難いことだなぁ、としみじみ。

古くから続く米作りと、それに携わってきた農家の方々に感謝して、今日も美味しくご飯をいただきます!


そんなミニ米俵を、8名様にプレゼント!

お正月飾りにもぴったりです。ぜひご応募ください!!(締切:12/26(水))

プレゼントの応募はこちらから

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

お気に入りリストにキープする

キープした読みものはマイページのお気に入りリストでご覧いただけます。
キノ
writer : キノ

どこでも行って、何でも食べる「足も顎も丈夫な女」を目指しています。

インスタ映えしないけど味のあるモノやコトが好き。
社会で日々戦う皆さまと私の心をほっこり癒してくれるような情報を探し出したいと思います。

こちらもクリック!情報いろいろ

編集部おすすめ

新着の記事

キーワード検索

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

キーワード検索

話題のキーワード

メニュー閉じる