【開催済】県内の作家展

県内の作家展

幾種類もの書画用和紙を漉いてきた産地施設の企画展。

本展では、身近に絵画に親しむ機会が増えることを目的に、50歳半ばから野花を描き続けた助田茂蔵(すけだしげぞう:1915~2008)と、教師として子どもたちに絵を教える傍ら、創造美育運動に関わった渡邉昭子(わたなべてるこ:1928~1997)の絵画作品を紹介します。

開催日 2019/7/19(金)2019/9/30(月)
開催時刻 9:30~17:00(入館は16:30まで)
開催地

越前和紙の里 卯立の工芸館

住所 福井県越前市新在家町9-21-2
公式サイト

公式サイト

料金 大人200円、高校生以下無料
※紙の文化博物館と共通入館料
お問い合わせ 越前和紙の里 卯立の工芸館
0778-43-7800

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※天候や主催者様の都合により、内容等が変更または開催が中止となる場合がございます。最新情報は公式サイト等でご確認ください。

イベント掲載(無料)の申込はこちらから

LINEにおすすめ情報が届くよ

Twitter

こちらもクリック!情報いろいろ

お隣さんのやきもの拝見 石川編

お隣さんのやきもの拝見 石川編

近隣県のやきものを紹介する企画展の第一弾。 石川県で生産されていた珠洲焼・加賀焼・九谷焼・正院焼・大樋...

開催日が近いイベント

目玉おやじと不思議な体験

目玉おやじと不思議な体験

人気アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」でおなじみの妖怪と一緒に不思議な現象を体感していただきます。 不思議な現象...

新着のイベント

あわせて読みたい

お好みの条件でイベントをさがす

条件をチェックしたら下の検索ボタンをクリック

日付をえらぶ
エリアをえらぶ
キーワード検索
ジャンル
こだわり条件

イベント掲載(無料)の申込はこちらから

キーワード検索

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる