ボルガライス×釜めし!? 越前市に誕生したばかりの「ボルガ釜めし」を食べに行ったら、想像を超える美味しさでした♪

ボルガライス×釜めし!? 越前市に誕生したばかりの「ボルガ釜めし」を食べに行ったら、想像を超える美味しさでした♪

こんにちは!

ふーぽ編集部のエマです。

 

先日編集部に、興味深い噂が入ってきました。

なんでも、越前市でボルガライスと釜めしを融合した「ボルガ釜めし」なるものが誕生したらしい!

いったいどんなものなのか。

これは食べに行くしかない! ということで、さっそく越前市にお伺いしてきました。

そもそも、ボルガライスって?

知っている人も多いと思いますが、まずはボルガライスのおさらいから。

ボルガライスは、越前市武生地区の名物料理

オムライスの上にカツが乗り、デミグラスソースがかかっているのが一般的です。

 

1980年以前から存在していたそうなのですが、発祥は諸説あるものの不明なのだとか。

 

今では、武生の色々なお店で提供されています。

 

「ボルガ釜めし」誕生秘話

新メニュー「ボルガ釜めし」を開発したのは、「越前そばと珈琲 HAMA庵」の店主・佐々木貴章さん。

 

越前市観光協会から「ボルガライスを釜めしにして、お店で出しませんか?」と提案があったそう。

 

佐々木さんは、その時のことを振り返って語ってくれました。

「ボルガライスの“洋”と釜めしの“和”を合わせるのは難しいんじゃないか、と最初は思いました。

実際、普段釜めしに使用している白だし風味のごはんと、デミグラスソースの相性は最悪でした(笑)」

 

その後試行錯誤を経て、ごはんにバターを加えるとソースとの相性が良くなることを発見

玉子にも白だしを入れることで、“和”と“洋”が上手くマッチしたのだとか。

ちなみに、この日の試食会を案内してくれたのは、日本ボルガラー協会の「ボルガチョフ」こと、波多野さん

ボルガライスの魅力を広げる活動を、プライベートで行っているのだとか。

 

波多野さんのアドバイスもあって、およそ3週間で「ボルガ釜めし」が完成したそうです。

 

いざ、実食レポ!

おおお…! 美味しそう!

 

デミグラスソースとトマトソースの、2種類のソースを楽しめるようです。

よそって食べる釜めしならではの嬉しさですね♪

 

\それでは、いただきまーす!/

うまい…!!!

バターと白だしのご飯がマイルドな味わいで、とても食べやすい印象です!

和の雰囲気の漂う、優しいボルガライスというイメージです。

 

トマトソースのかかった部分を食べてみると、風味が一変

トマトの酸味にニンニクが効いた、パンチのある味わいに様変わり。

これは新しいぞ…!

 

デミグラスソースをかけても、間違いのない美味しさ!

個人的には、ぜひトマトソースにも挑戦してみてほしいと思いました!

日本ボルガラー協会の波多野さん(左)と、HAMA庵店主・佐々木さん(右)


ボルガ釜めしは、単品で税込1,628円。

おろしそば付きのランチセットは、税込1,980円です。

 

ぜひ皆さんも、召し上がってみてください♪

越前そばと珈琲 HAMA庵

福井県越前市村国2丁目5-52
☎0778-42-8026
【営】11:00~17:00
【休】火曜(祝祭日は営業)
ホームページ

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

エマ
writer : エマ

札幌育ち、福井初心者。
よそ者視点から、ふくいの魅力を発見・ご紹介できたらなあと思います。
音楽とお笑いとキャンプが好き。趣味への愛が大きすぎて引かれます。

LINEにおすすめ情報が届くよ

Twitter

こちらもクリック!情報いろいろ

新着の記事

あわせて読みたい

キーワード検索

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる