【開催済】6/30(火)まで。福井県立美術館の美術館喫茶室 ニホでゆる~く開催中の「ニっ展」がおもしろそうですよ!

【開催済】6/30(火)まで。福井県立美術館の美術館喫茶室 ニホでゆる~く開催中の「ニっ展」がおもしろそうですよ!

こんにちは。ふーぽ編集部のMKです。
すっかり夏。毎日、暑いですね。


アイスカフェラテでも飲みながら、ちょこっとアート鑑賞はいかがでしょう。


6月2日から、福井県立美術館横にある美術館喫茶室 ニホで、「日展」ならぬ「ニっ展」が開催されています。

 

こちらの企画展「ニっ展」。

 

そう、“にってん”と読みます。

ニホの展示だから、ニっ展(笑)。

 


まず、このネーミングに心躍ります。

遊び心あるなぁ~♡



展示アーティストは、
さまざまな素材を操り、命を吹き込む

瀧下昭彦さん

 

《瀧下昭彦 Takishita Akihiko》
1988年11月10日福井市生まれ。
大阪成蹊大学芸術学部修了。
2007年から関西や福井でグループ展や
個展を開催している。

まず最初に迎えてくれるのが、この方

次に、怪獣たち。水色のコは売約済です、あしからず

「アイコン(偶像)」+「コンポジション(複合)」から名付けた《アイコンポ》シリーズ

 

アートに造詣の深い
オーナーのおかもときょうみさんいわく、

「おもちゃのような可愛らしさの中に、
 微量の居心地の悪さが潜んでいる」

という何とも魅惑的な作品たち10点が展示されています。

青の彼(彼女?)にぐぐっと寄ってみましょう

繊細なカッティングの木枠にキャンバスが貼られています

 

一見するとポップ。

でも、よくよく見ると、職人気質あふれる、瀧下さんの仕事ぶりが見え隠れします。

 

やばい、好きかもしれない、

いや、好きです。

連れて帰りたい!と思った人に朗報。



展示作品は購入できます

(お値段は手が届く、片手で足りる程度…♡)

 

 

「ニっ展」は、アートをただ鑑賞するだけでなく、購入して“自分で持つ”という楽しみ方も提案してくれる展示会。


玄関に置こうかな、リビングに飾りたいな、と考えるとアートがより身近に、面白いものになる気がしますよね!


さらに今展ではグッズ販売もあり。
思わずそろえたくなる顔ぶれです。

ステッカーは1人、もとい、1枚250円。絶対買いです!


一度見ると心をつかまれる作品に会いに、ぜひお出かけを。

もちろん、「非3密」を心掛け、感染予防には気を付けながら、ですよ!

期間中、展示作品は入れ替えるので、行く度に新たな楽しみが待っているはずです♡


そして「ニっ展」は今後、シリーズ化して多ジャンルのアーティストを迎えるそう。

次回は、画家の青山円さんを予定。

これからどんなアートに出合えるか、わくわくしますね♪

《瀧下昭彦 作品展「二っ展」》

【会期】2020年6月2日(火)~30日(火)
【時間】9:00~19:00
【会場】美術館喫茶室 ニホ
福井県福井市文京3-16-11福井県立美術館ヨコ
Facebook
 Instagram

↓詳しいお店情報はこちらでもチェック↓

美術館喫茶室 ニホ

※掲載内容に誤りや修正などがありましたら、こちらからご連絡いただけると幸いです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

MK
writer : MK

「おいしいものしか食べたくない」がテーマ。
主に、ふくいの食べもの、飲みもの、うつわ(職人)について書いてます。ときどき、オシャレもしたくなります。
エジプトと古墳時代、ジブリも好きです。県内のアート情報にも目を光らせています。

LINEにおすすめ情報が届くよ

Twitter

こちらもクリック!情報いろいろ

新着の記事

あわせて読みたい

キーワード検索

おもしろコンテンツを発掘しよう!
過去の読みものをシャッフル表示

人気記事ランキング

人気記事ランキング

ページ上部へ
閉じる

サイト内検索

話題のキーワード

メニュー閉じる